趣味

2009年11月 1日 (日)

鉄道博物館

埼玉県 大宮の鉄道博物館に行ってきました。
子どものころ鉄ちゃんだった僕としては、どうしても行かなきゃ行けないところだったんだけど、テレビなどが散々特集を組んだりして、ものすごい人出のようだったので、今まで行きませんでした。

JR大宮駅からニューシャトルという新交通システムで1駅です。
Imgp58612

第一印象は巨大!
Imgp58342

体育館とかって表現じゃまったく収まらない巨大な構造物の中に実物の鉄道車両が置いてあったり、陳列館があったりという状態。中にはミュージアムショップやレストラン、休憩所もいっぱいあります。
無料の休憩所の中は、疲れた若い奥さんがコーヒーを飲んだり机に突っ伏したりしています。
きっと、彼氏、だんなさんたちが展示に舞い上がって、連れ合いをほったらかしているものと思います。怖い怖い(^_^;)

巨大なんだけど、陳列品が大きいし数も多い。それに、各区画が「上野駅」だったり「秋葉原駅」だったりと設定があり、そのための舞台装置もあるので1階の平面は大変混みあっています。

もっとシンプルだったらいいのに……と、私なんかは思うのだが、

展示スペースのど真ん中には実際に機関区などにあった物とはだいぶ様子が違いますが、転車台があり、そこに昔懐かしい蒸気機関車C57が乗っています。
Imgp58642

子どものころ、京都駅を一方の始点とする山陰線を、このC57が客車をひいて走っていました。私が写真を撮るようになったのは、この蒸気機関車を撮りたかったせいでもあります。
何回も嵐山から山奥に入り、保津川の峡谷をぬって走るC57を撮影しました。新緑や紅葉の山の中を走る機関車はとても美しかったです。
ここ鉄道博物館で展示されているC57とはバージョンが違うので、だいぶ雰囲気が違うのが残念です。

2階にはお~っきな鉄道模型のレイアウトがありました。一日何回か展示運転されるそうです。

帰りには、大宮駅に入ってきた電車が平塚行の新宿湘南ラインだったものだから、急に茅ヶ崎経由で帰ることにしました。しかもグリーン車で。15両の長い電車にグリーン車は2両も付いています。2両とも2階建て。駅のホームのsuica専用グリーン料金支払機でお金を引き落とし、乗り込みました。950円、もちろん2階にすわります。1列にお客は一人づつ座っていました。

大宮-赤羽-池袋-新宿-渋谷-大崎-横浜と走って、東海道線を走っていきます。とっても長い距離です。普段乗りなれた山手線を、2階のリクライニングシートにすわり、コーヒーを飲みながら景色を見るのは新鮮です。
在来線で、こんな長いこと電車に乗るのは、最近では珍しいこと。
横浜では京浜急行線と並んで走ったので写真に撮りました。横浜をすぎたあたりから日が暮れてしまい外は見れなくなりました。まだ5時半なのに。(^_^;)
Imgp59062

茅ヶ崎で相模線に乗り換え。橋本でさらに京王相模原線に乗り換えて多摩ニュータウンの自宅まで。
JR相模線は昔々ディーゼルカーに乗ったことがあります。お客さんは車内でタバコを吸い、木の床に吸殻を投げ捨てて靴でもみ消していたのが印象に残っています。火事にならないんだろうかって、そのときは思っていました。車内では、もうもうとしたタバコの煙と、ディーゼルオイルの匂い、そしてエンジンからの排気ガスと、いろいろな強烈な匂いが渦巻いていました。
今は普通の通勤電車になってました。ただしドアはお客がボタンを押して開け閉めするものでしたが。
単線運転なのはそのままで、止まる駅の大半は、すれ違い電車を待ってから出発ということで、停車時間が異様に長いのが都会の電車とは違うところです。

結局大旅行になりました。とってもいい気分転換になりました。鉄道を使った旅行をしたくなりました。新幹線じゃなくって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)