映画・テレビ

2017年4月10日 (月)

映画「GHOST IN THE SHELL」

いまいちだなあ

続編への伏線がきっちり用意されていたようだけど、実現するかなあ?

実写版じゃないほうがよかったな。つまり押井守監督のアニメ映画版と比べて、残念な作品だった。
アメリカ人との感性の違いがはっきり出てしまっているんだろうか。
舞台は登場人物の心の中に押し込めて、内向的になってしまったような気がする。予算の問題か?

スカーレット・ヨハンソンの魅力を前面に押し出そうとしたのかな?だとしたら僕には訴えかけることはなかったな。
Img007


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

映画ローグ・ワン

スターウォーズのデススターが完成する前後の物語。
ジェダイは出てこないので、ちょっと雰囲気が違う。ライトセーバーが出て来ないだけで、違う映画のよう。
映画の中にあまり没入はしなかったけれど、そこそこ面白かった。
でも、いつまでも余韻を引きずるようなこともなかったなあ
Img0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

映画・インフェルノ

ダビンチ・コードシリーズの最新作 「インフェルノ」

期待が大きかったけど、いまいちだなぁ

柱が新味のあるものじゃなくて、想像できる範囲のどんでん返しも……

過去から伝えられた遺物に埋め込まれた人類の秘密……っていう筋を踏んでいないとこが、落胆の原因?

やっぱり 予定調和でなけりゃ駄目よ アハハ(^◇^)
Img003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

映画:シン・ゴジラ

仕事終わりにいってきました。
最初→うそだろ、こんなんでいいのか!

社会風刺なのか?

ですが、面白かった。

エンドロール見てびっくり、こんなビックネームがいっぱい出てたんだっけ!!

ゴジラ映画じゃないけど、おもしろかった。
4D見に行きたいな。どんなことになるのか想像できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

映画「イミテーション・ゲーム」

第二次大戦中、世界最強と言われたドイツの暗号機「エニグマ」を解読し、事実上ドイツを敗戦に追い込んだ数学者アラン・チューリングの物語。また、電子計算機を発明した男の物語。

天才であるだけに、その仕事は上司や組織に理解されず、仕事とは別のところで罪を問われ拘束される、苦しく悲しい英雄のお話。

世の中の進むスピードを一気に加速させた革命家の、報われず短い一生を描いた映画。

いい映画だ。
でも悲しい、救われない映画だ。
Img0592


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

映画「ホビット」

先週の週末に見に行きました。
Img0572
公開1週目の夜の回だったんですけど、劇場はいっぱい。
ほとんどがカップルか女性のグループ。
物語の順番で言うと「ホビット」の最後で「指輪物語」の前、「ホビット」一連の作品の最終作です。
一応みんな見たから、もう新鮮な驚きとかわくわく感とかはありません。

が、人(とか人でないもの)が死ぬわ死ぬわ……大人数の兵隊たちがぶつかり合い、腕が飛び首が飛ぶ大変な修羅場です。

こんなのファンタジーじゃないわい。どう見ても戦争ものだな。
ファンタジー映画のはずなんだけど、

あんまり文句言うと、あっちこっちからにらまれそうだから……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

映画「TRANSCENDENCE」

だいぶ前に見た映画です(^^)v
とても面白かった。

主演はジョニー・デップ
主演のA.I.科学者がテロリストの弾丸に倒れたが、死の直前に自らの知能をスーパーコンピュータにインストールすることに成功する。
ここから始まる生身の人間との軋轢、人間側の抱くA.I.への恐怖と、コンピュータ上でいままでどおり生き続ける学者の思考の変遷が描かれる。

考えられる未来の一つを描いた作品。未来がほんとにこのようになるのか?と疑問に思う場面はいくつもあるけど…………知的好奇心が刺激される映画だ。
Img0562


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

映画「春を背負って」

映画の舞台は立山の大汝山だった。景色がきれい。山行きたい。なんで僕はコンクリートの町の中で暮らしてなきゃいけないんだ。山に行きたいよ。

素晴らしい映画だった。山の厳しさもわかるし、素晴らしさはほんとによくわかる。最近山登ったのは何年前か……あ~山行きたい山行きたい……
上高地でもいこうかな そこから穂高まで足のばして…
Img0552


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

映画「ポンペイ」

ポンペイの町の繁栄と突然の終焉を描いた映画かと思って見に行ったんだけど、だいぶ違った。
主人公の剣闘士と領主の娘の恋を中心に、地震と火山噴火が緊迫感を高めていき、そこにローマから娘を追ってきた元老院議員と剣闘士の命がけの戦いを絡める。
僕の期待したストーリーとは全然違った。
イケメン好きな人におすすめの映画。^^;
Img0542_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

映画「 NOAH」

「ノアの方舟」の物語、ちゃんと読んだことないので、映画のストーリーがオリジナルなのかどうかよくわからないのだけど、有名なこのお話がよくわかった気がした。
主演はラッセル・クロウ、エマ・ワトソンも出てる。
Img0532

神話によくある、自分への使命と家族への愛とのせめぎあいも見るものを引き入れる。
ストーリーの中の重要部分で出てくる堕天使たちのノアを助ける姿がちょっと痛いけれども、わかりやすく、しかも話を単純化しすぎない…という苦しいところをクリアーしているように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧