建築

2016年7月23日 (土)

桂離宮

2016/7/2(土) 京都へ
この日夕方新幹線のぞみで京都へ。ほんとは夜行バスを予約してあったんだけど、急に新幹線の切符に切り替えた。その日のホテルも新たに手配した。
高くついたけど、一晩夜行バスに閉じ込められるのと比べれば天国だ。3列シートの真ん中で、9時間ぐらいカーテンに閉じ込められて、景色も見えないなんて……僕には苦しすぎる。窓際で、カーテン開けても文句言われないならまだいいんだけど。

京都の宿は近鉄京都駅の上。こんなとこにホテルがあるなんて知らなかった。
名前通り、駅構内にホテルのエントリーがある。チェックインして宿泊階でエレベータを降りると、長い長い廊下を歩いて部屋に入る。
Dsc_20362

部屋は、思わず「せまっ!」と声に出してしまったものの、とりあえず清潔で居心地はいい。
トランクを持っていたらどこで開けるんだろうと思うような部屋ではあるけど。

近鉄の駅の上なので、近鉄の電車と新幹線は見えないが、それ以外、JR京都駅の列車はみんな見える。なかなかいい(^◇^) 鉄道ファンならニコニコする部屋でしょ。
Dsc_20522

Dsc_20542

7/3(日)
朝、ホテルの朝食は品数が少なくて、ちょっと寂しかった。

朝9時半過ぎまで部屋でゴロゴロしてから、東山のお寺に出かけます。
目的地は、東山 御寺「泉涌寺」の塔頭 雲龍院です。
Dsc_20612

東山通南端から泉涌寺道を歩き、一番奥にあります。お寺の周辺にはたくさんの天皇御陵が並んでいます。
Dsc_20572

御陵を眺めていると、犬を連れたおじさんが、ずっと僕の様子を見ている。やだな。ま、京都とか奈良の皇族関連の施設ではよくあることではあるんだけど。
長髪で白髪交じりのおじさんが、御陵群の中で立ちつくしているのは不審か?
Dsc_20662

雲龍院を訪ねるのは、これが初めて。
訪れている人は、僕のほかには見当たらない。
静かなお堂の中を歩き、お庭お堂をめぐる。
このお寺にうかがった理由はこれ
Dsc_20712

窓の前に座ると、ふっと気持ちがほぐれる。
心が澄んでいきます。
素晴らしい。
Dsc_20692

次が御寺泉涌寺
Dsc_20782

門をくぐると、いきなり空気の流れを感じることができる。とても気持ちいいお寺です。たぶんパワースポットですね。
天皇家の菩提寺です。お寺の名前に「御寺」がついています。
Dsc_20862

子どものころお参りしたときは、代々天皇家の位牌を見せていただいたけれど、今回は見れませんでした。
Dsc_20872

泉涌寺戒光寺
Dsc_20902

お線香とろうそくをお供えして、阿弥陀様にお参りしました。運慶と湛慶の合作との説明がありましたが、見たところ宋風の仏さまです。運慶・湛慶の仏さまって本当かな?

泉涌寺即成院
Dsc_20922

阿弥陀如来を中心に周りを二十五菩薩が取り囲む、浄土信仰を仏像で表現したお堂です。学生時代には、違う建物で拝観しました。木造の背の低い建物に多くの菩薩像が密集する大迫力のお寺でした。今回はお堂の裏に増築された、背の高い防火建築の中に並んでおられ、だいぶイメージが違っていました。一体一体の仏さまはとても個性が強く素晴らしいんだけど、これだけたくさんおられるとイメージが拡散してしまいます。
長い時間、仏様たちの前にたたずめば、より素晴らしいでしょうが。

東福寺
泉涌寺からはごく近く。だけど、以前、いつお参りしただろうと考えながら参道をたどります。昔は京阪電車やJR奈良線じゃなくて、東山通りを通る市電の「東福寺前」電停で降りて、北から入ったでしょう。今回もその道をたどります。見たような橋にたどり着きました。

Dsc_20932

Dsc_21032

最近、少なくとも10年以上はお参りした記憶がありません。が、中学生ぐらいのときに写真に撮った禅堂がそこにあったことで、四十年ぐらい前に訪れたときのことを思い出しました。

このときには、有名な通天橋を渡っただろうか?小学生ぐらいのときに渡ったかも……だって、橋を渡った先の開山堂には訪れた記憶があるし、写真もあるから、通天橋は渡ったはず。
Dsc_20942

<開山堂>
Dsc_21182

このお寺には長いことご無沙汰していたようです。
子どものときに撮った写真の構図のなかに、このお寺の姿がいくつも記憶に残っていますが、すべてが東福寺の景色だということをすっかり忘れています。なんでだろ。

方丈の庭園にも行きました。たくさんの若者が縁に並んで座っています。
紅葉の季節には信じられないほどの大混雑になるところですが、人影がまだらで、とても気持ちがいいところです。
Dsc_21092

Dsc_21122

梅小路公園
嵐山に墓参りに行く途中、梅小路によりました。
大変な人出で、レストランでも探してゆっくり休憩をと思ったんですが、大混雑のレストランの前を通り過ぎただけ。
公園の中には、かつての京都市電が何両も保存展示されていて懐かしかった。でも、保存された市電の多くは、バーゲン会場みたいな使われ方しているのが寂しかった。
Dsc_21282

嵐山 お墓参り
京都に来たときはきまりで、嵐山 天龍寺にお墓参りをします。天龍寺は人出が多く、それも大半が外国からの観光客でした。大声の中国語・韓国語が飛び交っています。いたるところに溶けたソフトクリームが散乱しています。

嵐電で四条大宮へ
Dsc_21392

大宮からは市バスで京都駅へ
市バスには10人ぐらいの中国人さんが乗ってきて、それも全員が大きなトランクを持っていたものだから、突然殺人的な大混雑になってびっくり。ふつう大きなトランク持ってたら乗りあいバスには乗らないよねぇ?そんなことないかな?

7/4(月)
桂離宮

Dsc_21452

Dsc_21472

朝9時に受付前集合ということで、京都駅からTAXIで行きました。今回の京都行のメインイベントです。
Dsc_21502

子どものころ、ここの前庭では自転車の練習をしたし、水路で魚を採ったりしていたところ。たいへんなじみのあるところですが、中には入れてもらったことがありません。水路の奥に入り込んだ(^-^)時は皇宮警察のおじさんにつまみ出されました。

私服の皇宮警察官の受付をすませ、きれいな待合室で時間になるまで待ちます。大型ディスプレイを使った説明をうけ、時間ちょうどに女性の案内人に引き連れられて庭園に参ります。今後観覧を希望する方にはご注意。観覧開始時間には、事前の説明が終わります。案内時間ぎりぎりに滑り込みすると、説明は受けられません。(^-^)注意事項も聞けませんから、ちょっとまずいかも。
Dsc_21522

きれいに手入れされた飛び石を踏んで進むうち、周囲の景色はどんどん移り変わります。
いろいろな国からの観光客もいるけれど、やっぱりお隣の国の方は、しつこい注意にかかわらず大切な苔の庭を踏みにじって自撮りしてました。勘弁してよ、苔を育てるの大変なんだから。
Dsc_21552

Dsc_21822

庭園の中で立ち止まると、別世界にいるような気持ちになれます。今では建築物の中に入ることができなくなってますが、建物に上がれる時代に参観したかった。
Dsc_22062

京都鉄道博物館
次に鉄道博物館に行きました。梅小路公園の一角にある施設です。前から来ようと思っていたところですが、ゲート入ったとたんに目標を達成してしまって、あとは何を見なければという思いはなくなりました。(~.~; 昔からの蒸気機関車庫だけは押さえました。
Dsc_22222

Dsc_22352

おなかすいてたからレストランに行きました。まだほとんど空席だったので、東海道線に面した席を確保。眺望を楽しみました。食事はマニア納得のネーミング……変な名前の丼物を注文しました。(^-^) 
Dsc_22392

窓の向こうは、いろいろな特急電車や新幹線が駆け抜けていき、さらに向こうには東寺の五重塔が見えています。混んできてからは、私の背中のところに子どもたちがいっぱい並んで大歓声を上げるので、居心地が悪くなって退散しました。「ママァ、ここ座りたーい」って背中のところで絶叫されるのは、たまったもんじゃありません。(´・ω・`)
Dsc_22282

京都御所
Dsc_22452

集合時刻は13時半。清所門に参集。
門前にはたくさんの皇宮警察官が待ち構えています。
こちらは、一度の案内に100人を超える人数が集まります。 白人も多く集まっています。
やっぱり紫宸殿の造形は素晴らしい。こちらも、子どものときの思い出の建物です。
Dsc_22552

観覧コースにはたくさんの建物があり、それぞれかなりの幅の時代にわたって増築改築を続けてきた建築群なのだけど、すっきりとしています。
Dsc_22622

統一感っていうのかな。それぞれの時代に、建築や庭園を担当してきた建築家・造園技術者の才能がこうして形になってきたんだろうな。

空は、ところどころ真っ黒で、ときどき閃光がはしり、雷鳴がとどろいています。カラスも飛び交っています。突然ここで豪雨に襲われたら、殿舎に(緊急避難で)上げてもらえるかと期待したのだけど、それはかないませんでした。
Dsc_22792

観覧が終わり、御苑の休憩所でジュースを飲んで、ボーっと景色を眺めたのち、バスで京都駅へ行き、イノダのコーヒーを飲んでから新幹線で帰りました。京都って近いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

清里 清泉寮 2011/09/15-16

9/15(木)
沖縄旅行がとんでしまったんで、1泊で八ヶ岳麓の清里に行って来ました。
宿泊は清泉寮。ネットで予約しました。もう10年以上ぶりです。
朝、5時半に家を出発。八王子インターから中央高速にのり小淵沢でおります。朝8時です。この時間じゃ、どこも開いてません。
いつものように身曾岐神社にお参り。
0052

そこから清泉寮に行きました。
0082

9時を過ぎたので、清泉寮の牧草地の中にあるレストランが営業を始めています。
0102

先に席についているお客さんは1組だけ。
暖房中という表示。たしかに、外よりは室内の方が温かい。
窓の外は、光が降り注ぐ牧場。野の花が咲き、遠くの山々が輝いている。ほんとうに綺麗なところ。
0172

ここで朝食を取りました。パンケーキが美味しかった。
しばらくは景色を見ながらのんびり時間を過ごしました。

10時を過ぎて、そろそろ世の中が動きはじめる時間になり、八ヶ岳リゾートアウトレットに行きました。娘がかばんを買いたいと言っていたから。僕も靴を買いたかったし。(^_^)

車をおりると日差しはきついけどとっても涼しい。やっぱり高原はいい。空気もきれいだし。
私は革靴とスニーカーを買いました。すごく安かった。(^^ゞ
娘はかばんを探しながら、関係ないもの買ってるし、……いつかばん買うのかな。(^_^;)
0292

清里駅前のアジアン雑貨屋さんで、娘の買い物に付き合い、そして昼食へ。
ジャガイモ専門店で、僕はコロッケ定食。美味しかった。味付けは控えめ。おっきなコロッケが2個とサラダ。

この店は、前から行ってみたかった清里現代美術館のそば。
0372

この美術館はとってもユニークな美術館です。入り口で大まかな説明を受け、中に入ります。ほかに客はいません。小部屋がいくつもあって、それぞれでテーマがあります。デュシャンの部屋やヨーゼフ・ボイスの部屋・フルクサスの部屋など。
最後に、他館ではほとんど展示されない(オーナーいわく)芸術家の私信、展覧会資料、サインなど、直接的な展示物が山積みになった部屋があります。ここでは、質問があれば何でも答えてもらえます。
この美術館には、もっと前に来ておけばよかったと思いました。清里のようなリゾート地にある美術館は、オーナーの自己満足のための施設が多く、それほど魅力を感じないのですが、ここはそうじゃありません。そして、これほどの美術館が事業家じゃない個人の力で運営されているということにも驚かされました。

駅近くの「萌木の村」に行き、革細工の店をのぞきたかったけどこの日は閉店。ちょっとお茶してバードショップをのぞく。

清里現代美術館と同じく、前から行きたかった清里フォトアートニュージアムへも行きました。
0432

森の中にある大きな建物。歩いてじゃ行けない山の中にあります。
宿泊施設やレストランなどがあり、若い芸術家を支援する活動もしているという、大規模な施設。
…ですが、宿泊とレストランは数年前に休止していました。学会とか講演会、演奏会などといった活動はいまでも続いているようです。
この日は「グレイト・スピリット:カーティス、サルダール=アフカミ、八木清の写真」という展示をしていました。
土地の精霊とともに生きる北アメリカやモンゴルなどの人々の姿をモノクロの写真にとらえた写真展です。出来ればもう一度来て、ゆっくり見てみたいと思います。10月10日まで。来れるかな?

日が暮れてきたので宿泊先の清泉寮
いつもの正面玄関前に車を停めると、宿泊受付は奥の新館に移ったとのこと。この玄関が好きだったのに…
森の中の道を走り、新館の前の駐車場に車を止めてチェックイン。今回は「じゃらん」のポイントがたまっていて、それを投入したので、宿泊料は激安になってしまった。ただでさえここの宿泊料は高くない(今では)のに、嬉しい。

受付は新しい建物だけど、宿泊したのは別館と呼ばれている(昔は新館だった(^_^) 古い方の宿泊棟です。数十年前、初めて泊まったのと同じ建物です。

クーラーはないのだけど、窓を開ければ涼しい風が入ってきます。
部屋の前の木ではセキレイだろうか、もっと小さい鳥かな?飛び回っていてかわいい。
遠くには南アルプスと富士山。近くには牧場の緑。絶景です。

景色の片隅に新館のコンクリートの建物とその配管、砂利の駐車場など見えて、現実に引き戻されるのが残念です。

夕食は外出、狙っていたお店が休みだったので、というか、ほとんどの飲食店は休みで、営業中の店を探すほうが大変なんですが、昔入ったことのあるパスタの店に入った。

夕食後、清泉寮にもどり、温泉に入りました。
清泉寮の温泉は初体験で、どんなところか楽しみでした。私が入ったときは、他に入浴者はなく貸切でした。掛け流しのお湯は薄茶色に濁っていて、温まります。外にも露天風呂があり、とても気持ちが良かった。天にはたくさんの星が見えています。
ここは、宿泊者専用のため、立ち寄り入浴はできません。

前夜が寝不足だったので、風呂からあがるとすぐに寝てしまいました。

9/16(金)
朝は曇天。時々遠くで、雲間から光の帯が見えます。

朝食はバイキング。あんまり美味しいので腹いっぱい。食べ過ぎてしまいました。

朝食後、「やまねミュージアム」に行き、またもや富士山へ行きます。
途中でまたもいちど八ヶ岳リゾートアウトレット立ち寄り。アウトドア用品店をいくつかのぞいてから八ヶ岳高原道路経由で小淵沢、そして中央高速に乗ります。
走っている時、富士山の頂上近辺だけが雲の上に覗いていたので、御坂峠経由に変更します。ひょっとしたら富士山が見れるかもしれないから。
でも、見えませんでした。(^_^;)

山中湖畔のイタリアンの店で昼食をとり、富士吉田の古~い喫茶店に寄り、忍野八海にちょっと寄って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

東京スカイツリー

仕事で押上まで行ってきました。地下鉄を出て上を見上げるといきなり巨大な鉄柱の束がのしかかってきてびっくり!
近所の人、平気なのかな。自分ちの窓から、こんな巨大なものが見えてたらたまらんな。この圧迫感にやられてしまいそう。
002
004
008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

国立西洋美術館 50周年

木曜日、私用で日比谷に来た。朝10時に到着。でも、用事は10時20分には終わってしまった。
1日休暇をとって来たのに。これなら充分午後出社できた。でもまあ、この時間は有効に使おうと思って、また上野に行くことにした。(^_^;)

日比谷から銀座通りに出て地下鉄銀座線に乗り、上野駅下車。
子どものころの、地下鉄の上野駅といえば改札から地上までのスロープの両側に、何十人もの傷痍軍人が並んで立ち。片足のない人、手のない人、そしてアコーディオンで物悲しい軍歌?を演奏する人がいた。みなそろいの白い衣装を着ていた。空き缶を手に持ち、通る人からお金を受け取っていた。それに混じって家のないたくさんの人たちも床に寝転んでいた。
あの強烈な光景はいまだに忘れることができない。このころは第二次大戦が終わって十数年。大人たちには戦争の記憶は生々しいものだっただろう。でも僕にとっては生まれる前の出来事。理解などできていなかった。当時は、映画も戦争ものがあふれていたが、これが現実の出来事だという意識はまるでなかった。

私が高校生になって東京に下宿するようになり、博物館に通うようになったときには、今で言うホームレスの人たちが、地下道の両側壁際に寝ていた。私の中ではこのときの強いアンモニアのにおいが、上野のイメージとして焼きついている。
この糞尿のにおいと、駅前の数々の文化施設とのギャップが、僕には東京の理解できない部分だった。

この日は、サラリーマンが行きかう地下道を、大声で東北の言葉を交わす制服の高校生たちが駆けりおりてくる。地下道の両側に寝転んだり、座り込む人はいない。

地下道のスロープを上がりきったところは西郷さんの立つ丘の下。以前は映画館が何軒も並んでいた。松竹、東宝……これらの映画館は最近なくなってしまったようだ。松竹のビルは半分壊れかかったような様子で、ほかの商売を続けている。

目的地は「国立西洋美術館」JR上野駅の公園口から出れば目の前は東京文化会館。そして、その右側 歩道をへだてたところが西洋美術館。
僕が子どものころ見たものとほぼ同じ景色だ。かのル・コルビュジエ設計の本館は今年50周年。
今、その記念展が開催されている。「ル・コルビュジエと国立西洋美術館」
P1680072

開館時から現在に至るいくつかの建築模型や設計図面。建築のコンセプトが展示されている。本館に関しては、外観はほとんど変わっていない。印象がすこしも陳腐化していない。
コルビュジエの建物に対する考え方が、未来に対して充分通用するものであったということが、ここで証明されている。
だけど、設計図面にはトイレがなかったそうな(^_^;)。
世界に残るコルビュジエの建築群のひとつとして、フランスから世界遺産に推薦されたことがニュースになっている。僕が現代建築に興味を持ったきっかけの建物。これからも生かしながら残していってもらいたい。

新館には有名なモネの「睡蓮」ルノワールの作品群、ブリューゲルの「鳥罠のある冬景色」など、そうそうたる名画が展示されている。これらは以前、本館に飾られていた。僕が見たのは10年か20年前ぐらいのことだろうか?。
ロセッティの「愛の杯」やモローの「牢獄のサロメ」も展示されている。学生時代には世紀末芸術にはまっていた。大好きな作品だった。

今回は、本館に展示されていた一連のキリスト教美術に興味をひかれた。すこし勉強してみようという気になって、ミュージアムショップで参考書を買ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

江戸東京たてもの園

月曜日、小金井公園にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。午前中は晴れたいい天気だったのに、僕が小金井方面に出発したころからぽつぽつ雨滴が落ち始めていました。
小金井公園に着いたときは土砂降り。駐車場はガラガラ。公園を散歩している人もいません。(^_^;)

博物館入り口は宇和島藩伊達家の屋敷門。雨の中を年配の警備員が、来訪者一人一人に「いらっしゃいませ」と頭を下げています。門を写真に撮ろうとすると警備員はすっと姿を消してしまいます。なんと細やかな心遣い……ほんとは、警備員さんを撮りたかったのに、撮ることができませんでした。(*^_^*)
Fuyucamera_044

入場券を買い、門を入るとすぐ、場内の案内地図があり、ボランティアのおじさんが場内全域の簡単なレクチャーをしてくださいます。

まずは「子宝の湯」
Fuyucamera_059

『千と千尋の神隠し』のモデルになったというお風呂屋さん。豪華ですよ。天井はごつい木を使った折り上げ格天井(っていうのかな)京都の禅寺のようなつくりです。
並びの建物には駄菓子屋や、昔の商店のなかを利用したミュージアムショップがあります。
都電や都バスもあります。たしか、子どものころこの都電に乗ったんだ。バスは月に2回ぐらいは園内を運行しているらしい。
Fuyucamera_051

この日、「ビジターセンター」では「特別展 日本の建物 第3部 日本の建築博物館」をやってました。「特別展 日本の建物」は今年の3月から1年間にわたって続く展覧会で、第1部から第4部までに分かれており、いまはその3つ目です。
Photo

日本中の33の建築博物館のいろいろな建築物保存手法などが紹介されています。
実家の近く、京都・嵯峨野 鳥居本の家並みが急にレトロになったなと思っていたのも、歴史的建造物の保存の結果だったらしい。最近できた精進料理の店や土産物屋さんも歴史的家並みの一部になったようだ。(*^_^*)

3時になって、まだ昼食を食べてなかったので、特別展の後「高橋是清邸」でカレーライスをいただきました。(^_^;)
実際に二・二六事件の際、青年将校が突入して高橋是清を殺害したというのがこの建物。移築してきたんですね。(~_~)
Fuyucamera_0602

建物の中から見た庭園内の紅葉がきれいでした。
Fuyucamera_0852

もう周囲が暗くなってきたので、桜の巨木が生い茂る公園を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

モード学園コクーンタワー

新宿の西口に変な建物が出来てきた。
まるで、北京のオリンピックスタジアムを縦にして地面に突き刺したような建物。
包帯ぐるぐる巻きのビル。
怪獣のたまごのようにも見えるし……

Fuyucamera_001

朝日生命本社の跡地に建設中。学校法人のモード学園の建物だそうです。
1F,B1,B2がブックファーストが入居予定だとか。楽しみ。
2008年10月完成予定です。もうほとんど出来ているように見えるんだが。

設計は丹下都市建築設計。

やっぱり!って?

フジテレビ本社とか都庁舎を設計したとこだものね。

Fuyucamera_036

| | コメント (1) | トラックバック (0)