« 2019年12月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月23日 (木)

ネオワイズ彗星撮ってきた

ネオワイズ彗星撮りに行ってきました。

石垣島・川平湾が見渡せる道路沿いの展望スペース。

まわりは、たまに車が通過して行く以外は漆黒の闇。星のまたたく(いや、またたかない(‘ω’)空が紺色に輝いています。鳥の声?森の中からさまざまな声が満ちています。ジャングルの中にいる感じ。遠く尖閣諸島方向で照明弾みたいなのが何発も上がってました。

彗星撮ったのはこれが初めて。あと何回か撮りに行って、もう少しうまくなりたい。

※ 石垣島の星々は瞬かないんです。日本列島の上空には激しい気流が(ジェット気流が)流れているので、それを通して星を見ると、気流の乱れのせいで星が瞬くそうです。が、なんと石垣島の上空にはジェット気流が通っていない!そうです。なので、ここで見る星たちは瞬いていないのだそう。知りませんでした。なんでここに国立天文台があるんだろうと、思っていたんですが、このせいですね。空気が汚れていないということもあるでしょうけど。

Dsc_51061

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

[石垣島]富崎観音堂

石垣島移住1年超。やっと車を買いました。初めての軽自動車で、車齢はなんと15年。すごく安い車です。心配でしたが、何の支障もなく走っています。

 軽自動車の車内って広いですね。移住前に乗っていた2000ccクラスのスバル・レガシーと比べても運転席は狭くありません。頭の上は握りこぶし二つ分ほどの余裕。足元も広い。車体高さは今度の軽のほうが高いのかな。日産のモコという車です。錆も浮いてます。次の車検では絶対にタイヤ新品にしなきゃいけないと思います。前席に2人で乗れば狭いかもしれませんけれど、1人でしか乗りませんから大丈夫です。

 島内は高速道路はおろか、有料道路もありません。島外に出るためのフェリーもほとんど使われていません。だから高性能車を持っていても使い道はありません。島内の制限速度は最高でも50km/hだから軽で不足はないでしょう。

  車を持ったら急に行動半径が広がりました。今までは日が沈んでからは家に帰れませんでしたから。

 この日行ったのは、フサキビーチリゾートの近くにある「富崎(ふさき)観音堂」です。海岸近くにこんもりと深い森があり、そのなかに静かに建っています。多くの島民が、お正月、初詣でに訪れるところだそうです。全国共通の初もうでができるお寺です。そして、海上交通安全と無病息災の祈願所だそうです。

Dsc_50722

 入り口は、林の中にぽっかりと開いた空間に、大きな灯篭が両側に並ぶ参道が口を開けています。火袋に鹿のレリーフなどのある神社用の灯篭です。幅5m以上ある昇りの参道が続いています。

Dsc_538922020/08/15

薄暗いのは嫌だなと思っていたところが、実際にはやたらと明るい、にぎやかに生い茂った植物と、ところどころ花が咲くきれいな参道でした。

Dsc_50732

 中に入っていくと、さっそく僕のパワースポット検出器が反応します(^^♪。ポケットに入れていたスマホが、いきなり甲高い笑い声とともに楽しそうに話し始めます。ディスプレイを見ると、勝手に「ABEMA TV」が立ち上がっており、乃木坂46のアイドルの女の子たちがはしゃいでいます。ん~、なるほど、ここはパワースポットなんですね。僕の場合、知らずにパワースポットに入り込んでしまったときには、カメラが反応することが多いです。例えば電源が入らずシャッターが下りなくなったり、何もしないのに勝手にモノクロモードになっていたり… 以前にも、スマホが勝手にアプリを立ち上げてしゃべり始めたこともありました。今回みたいに陽気ではなかったですが。

Dsc_50802

Dsc_50842

 参道を歩き終えて、本堂(?)の前に出ると、広場になっています。そして、本堂正面の賽銭箱の上には大きな鈴がぶら下がっています。よく神社にあるように。本堂には(多分)仏様の姿は見えず、奥にさらに扉があります。ここは本堂じゃなくて神社の拝殿ですね。ということは裏に別棟で本殿がある…と。実際にそうでした。ここはお寺でなくて琉球神道の御嶽なんでしょうね。多分。

Dsc_5087_2

<ヘリコニア>

Dsc_50882

参拝を終えて表の道に出ると、正面は青い海が輝いています。その先には竹富島が大きく見えています。

Dsc_50932

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年8月 »