« 2018年5月 | トップページ

2019年12月

2019年12月21日 (土)

沖縄転居

体調不調で退職することになり、同時に沖縄に転居することに決めました。

東京に勤務するのでなければ、高い家賃を払い続ける意味がありません。

大災害の際には、自宅へ帰ることが禁じられるような地域に住むことはいやだ。ってことです。

 

京都に帰るか、奈良県・岡山県・滋賀県がいいか、……

一生懸命考えたのは京都市近くのどこかです。生まれた土地には愛着があります。生家には今、兄が一人で暮らしているので、同居(間借り)させてくれるように頼んだのですが、ネコはダメとの返事。僕はネコと別れることは考えられないので、実家に暮らすことはあきらめました。(=^・^=)

 

そんな時、沖縄の西表島にいる娘が、西表島に来ない?って言ってくれたので、一気に気持ちが動きました。調べてみると、不動産屋さんがないこの島では、住居を探すのがかなり大変なようです。さらに、この島ではネコには避妊手術とマイクロチップを植えることが義務付けられているということです。うちの高齢ネコにはこれらの手術はちょっと厳しすぎるということで、あきらめました。隣の石垣島で住処を探しました。西表島ほどでなくても、自然がいっぱいあります。石垣島には街があります。アパートもあり、不動産屋さんもあります。ネコ同居可のアパートも見つけました。

 

現住所のアパートの大家さんに4月の退去について話すと、なんと大家さんは突然火病って大騒動になってしまいました。

「4月に入って空き家ができるともう1年間空き家のままになってしまう。そんなことになったら大変だ。出るならもっと早く出てくれ」

と。大家さんは何回も何回も喚き叫び始めました。けど、こちらとしてはそうはいきません。それよりも、突然見せられた大家さんの本性に泡を食いました。大家さんがこんな人だとは知らなかった。

(人を見る目がなかったというか、普段まったく付き合いはなかったんだけれど……。)
結局、4月になる前に追い出されました。4月前に空き部屋の更新工事を終えなきゃならないからということだった。部屋を出た後は20日ぐらい自家用車の中で車中泊をしながらトランクルームに荷物を移して引っ越し作業をしました。

体調最悪の中、ひどい目にあいました。

 

で、引っ越しだが、大手業者さんに見積もりをお願いしたところ、鉄道のコンテナ1個で100万円!だと。別の業者さんにあたってもほぼ同じ金額でした。

自宅から最寄りのJR貨物駅までトラックで運び、鉄道に積み替えてから鹿児島の港までJR貨物で運びます。そして貨物船に乗せ換え最寄りの港まで。そして再びトラックに乗せ換えて引っ越し先へ……。たしかに大変な手間ですね

「うちは沖縄までは扱ってないけど多分100万円するよ。オフシーズンだったら60万円だね。」

という業者さんの言葉もあり、ぼられているのではなさそうだった。その頃、引越し料金の水増し事件などでヤマト運輸が引越し業務を禁じられていたこともあり、業界は繁忙期にさらに輪をかけて大変なことになっていました。

見積もりに目を回している私に、日通の窓口嬢が、「宅配便を利用すれば、かなり安くなると思いますよ」って言ってくれました。

で、結局、毎日荷造りしながら、毎日郵便局に荷物を持っていくことで費用は数万円で収まりました。同時に、大量に荷物を処分したので、そちらでなんと数十万円もかかっています。過半はお役所の清掃局に支払った金額です。用意周到に準備すれば、もっとなんとかなったはずなんですが、金を稼ぎたい人もたくさんいて、こんなことになりました。

 

結局100万円に近い金を使うことになりました。

 

苦い思いを背負いながら石垣島に到着し、生活を始めます。引っ越し当座は、作業の疲れで体調は最悪でしたが、その後は、転地したからか、退職したせいかわかりませんが、急に体調が上向き始め、半年で、なんとか普通に生活ができるようになりました。青い空と コバルトの海を眺め、理想的な環境です。

 

相変わらず、ガイガーカウンター持ち歩いてます。石垣島での放射線量は、私がいままで経験した中で一番低い数値です。大体0.02~0.06μ㏜/hぐらいです。尖閣諸島はすぐ近くですが、放射能からは無縁なのかもしれません。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

体調不良

1年半ぶりのブログです。実は1918年前半から体調不良に悩んでいました。

一番困ったのは、体の表面が痛痒く、布団で眠ることも苦しく、1時間半おきぐらいに目が覚めることでした。一度目が覚めるとすぐには眠れないんで、毎日睡眠不足です。

もう一つ困ったこと。食欲がなくなってしまったこと。

食べるものにまったく味がなく、ゴムを噛んでいるようで、なにひとつ食べたくなくなったことです。毎日の食事は、義務として食べてるんで、お腹がすいたからとか、食べたいから食べるっていうことはありません。当時はどんどん痩せていき、80kgあった体重が45kgまで落ちました。体中の贅肉が落ちたばかりか、筋肉も落ちてしまい、立っているだけでも大変になりました。

見かけは、韓国の徴用工像そっくり。そして、浦島太郎の玉手箱を開けたように、いきなり年寄りになってしまいました。ある日から、電車に乗るたびに席を譲られるようになり、電車に立ったまま乗ることはなくなりました。

杖がなければ、いきなり膝から力が抜けて、くずおれるなんていうこともあり、階段を降りることは怖いことでした。

すごいでしょ。

そのほか、水を飲むたびに気管に入るけど、むせて水を追い出すことができないとか、重症の便秘だとか……年寄りのなりそうなことはみんな取り揃えてました。

時々貧血で倒れるとか

体温が大体38~40°C超であること。夏の暑い石垣島を涼しく感じていました。

こんな症状ですけど、大病院で検査漬けになりながら、いつまでたっても原因不明のまま。毎月数万円の治療費??を払っていても、何も治療してもらっていません。入院しても様子を見るだけ。湯水のようにお金は飛んでいくし……

原因わからないから診断書出してもらえないし、診断書がないから職場はずっと欠勤扱いで、救済策は何もなく……2019年1月末で退社しました。

高い家賃を払って東京に居続ける理由もなくなったので、2019年4月 沖縄 石垣島に転居しました。

こんなわけのわからないことってあるんですかね。体調が悪くて仕事に耐えられないなんて、見てればわかることなのに、だれもそれを証明できないなんて、なんの冗談なんだ。

一応アレルギーの検査、各種がんの検査等々、は済ませています。血圧正常、コレステロール正常、肝臓・腎臓等問題なし などなど

おかげで、悪いところは何もないと言っていただいてます。じゃ、なんでこんな状態なんだ。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ