« 幣立神宮 | トップページ | セドナ旅行2017-05-26 »

2017年5月10日 (水)

武蔵御嶽神社

ケーブルカー駅の駐車場に車を止め御岳山ケーブルカーに乗車、
Dsc_36182

御岳山駅から歩き始めました。
昼1時ぐらいなのでもう参道はガラガラです。
Dsc_36092_2

Dsc_362325

Dsc_36242

神社へ向かう歩道は、明るい木漏れ日の中、ウグイスの声が聞こえています。向かいからは甲冑を身に着けた武人がいっぱい!?下山してきます。なんなんだ!!! 重たいのか甲冑だけを手に提げてぶらぶら降りてくる人もいます。

この日は12年に一度の式年大祭だったそうで、ケーブルカー駅から出発した武者行列と神輿が、午前中に神社に到着したところだったそうな。それで、たくさんの武者がお山から降りてきたらしい。びっくりした。
ゆるいアップダウンの御師集落を通り過ぎ、随身門からの、真新しい階段をへーへー言いながら登ります。実際にはそんなに大変ではないかもしれないですが、なまった体にはきついです。こんな坂を神輿が上がったということが想像できません。
Dsc_36262

神社は標高ほぼ1000mです。玉置山も1000mだったな。
パワースポットと言われるところは標高1000mが不思議に多い。
途中のお店でお茶したいところですが、一生懸命がんばって神社にたどり着きました。
参拝するときは、あったかくていい気持ちでした。
Dsc_36352

そして、なんとこの日は12年に一度の蔵王権現の神像の御開帳ということ。拝観することができました。
30人ぐらいの参拝客が拝殿に上げていただき、お祓いののち神殿の前まで進んで拝観させていただきます。神殿の扉を開けた中の立像ですから、大きくはないのですが、神仏混交の時代の様子を見せていただきました。
※蔵王権現神像の公開は今年5月いっぱいだそうです。
Dsc_36452

神殿の裏に行くと、いくつも摂社がある中に、奥宮遥拝所というのがあって、その先にはピラミッドのような山が見えています。あとで地図を確認すると、そのピラミッドは甲籠山といい、きれいな四角錘に見えます。登ってみたいな。登っても良いんだろうか?ちょっと気になる。この山の中腹にはロックガーデンっていうのがあって登りやすいように整備されているとか。って磐座?すごく気になる。
Dsc_36442

常磐堅磐社は、旧本殿とのこと。きれいです。
Dsc_36392

ここには武器武具の国宝・重文がいっぱいあるはずなんだけど、この日は宝物館のドアが閉じています。きっとご祭礼で手が足りなかったんでしょうね。

昔から厄除けとかお祓いに使われる火打石を買って帰りました。
Dsc_36542

随身門の先のお店で山菜そばをいただき、お店からの景色を前にまったりとお休みしました。絶景です。なんと、目の前1メートルのところにヤマガラが来て遊んでいます。でもカメラを持ち出すと、やめて頂戴と飛んでしまいました。キジバトは、カメラが出てきても動じません。
Dsc_36602

帰りは少し混んだケーブルカーで帰りました。

|

« 幣立神宮 | トップページ | セドナ旅行2017-05-26 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/65260137

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵御嶽神社:

« 幣立神宮 | トップページ | セドナ旅行2017-05-26 »