« 映画ローグ・ワン | トップページ | カナダでオーロラ見物2016/12/31- »

2016年12月27日 (火)

オルガンコンサート

急にパイプオルガンを聞きたくなり、12月の頭、ネットで切符を買いました。
クラシックコンサートは、たぶん10年ぶり。長いことご無沙汰してました。前回はサントリーホールかな。
会場の東京芸術会館てのは初めて。
池袋の駅からすぐだから(なんとなく場所はわかってるつもりだったから)地図も持たずに出かけました。しかし、普段まったくご縁のなかった池袋に、改札出たとたんに迷ってしまいました。昔の記憶とまったく景色が違います。とりあえず、勘に従って歩き出したものの、不安になってGoogleMapを立ち上げました。なんと90度方角を間違えてます。便利になったもんだ。スマホがなければ見当はずれのところに行ってるところでした。
ほんとは駅からは2分ぐらいで到着します。巨大で特徴ある建物なので、すぐわかります。

Img004

バッハ チェンバロ協奏曲5番2楽章 3分
バッハ トッカータとフーガ ニ短調 9分
ベートーベンの第九「合唱付」 75分

日本フィルハーモニー。東京での本年最終のコンサートだそう。
最初の2曲が、オルガンの独奏です。前回オルガンの演奏会に行ったのは、いつだったか… 多分何十年も前のこと。

こどものころ、父親の「同志社のチャペルのオルガンは、低音を鳴らすと、建物の釘が抜けてしまうんだ」って言ってたのを急に思い出し、そんなすさまじい音圧の中に身を置いてみたくなりました。
ま、今回のコンサートでは、そんなものすごい音に包まれるということはありませんでした。音質もマイルドで包み込むような音です。期待したよりも遅いスピードで演奏されました。
怒涛の音の中に身を置いてみたかったら、もっと小さな演奏会場でのコンサートを探せばいいのかな。

席は3階席正面奥で、オペラグラスがないと、楽器が見えません。(*^_^*) オルガン奏者だって豆粒のよう。
次からはオペラグラス忘れないようにしよう。
第九の75分は長い!演奏家は大変だ。

|

« 映画ローグ・ワン | トップページ | カナダでオーロラ見物2016/12/31- »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/64684129

この記事へのトラックバック一覧です: オルガンコンサート:

« 映画ローグ・ワン | トップページ | カナダでオーロラ見物2016/12/31- »