« 桂離宮 | トップページ | 第23回 サマーホリデーin原村星まつり2016 »

2016年8月 5日 (金)

神輿の掛け声

地元の氏神のお祭りでは、かなり広い範囲に神輿が出ます。
神社の名前は松尾大社。秦氏の氏神で、京都では相当格式の高い神社です。酒の神様として知る人も多いと思います。

 

神社のお神輿がうちの近所の山陰街道を通るとき、子どものころは、トラックの荷台に積まれたまま通過していました。僕が大人になってから見かけたときには、トラックに紅白の幕がかけられて、付き添いの人が荷台に乗っていました。すこしだけ雰囲気を出していたんだけど、それでもなぁ。
桂川を渡るのも、トラックに乗って桂大橋を通過するだけ。味気ない……。

 

何でこんなこと思い出したかというと、このお祭りの神輿担ぎの掛け声が「わっしょいわっしょい」じゃなかったんです。学校の先生でさえ、こんなこと知らなかった。「ほいと ほいと」なんですね。まあ、大半の行程はトラックに乗って通り過ぎて行くだけなんで、掛け声なんてだれも知らないですけどね。
でも、大社の境内から神輿が出発するときには、たくさんの神輿が勢いよく振られ、回転し、この掛け声が聞けるんです。

 

ネットで調べてみました。掛け声に関することは、どこにも見つからなかったけれど、近そうな言葉を見つけました。「祝人」ホギト・ホイトが近いかな。
お祝いを述べる人?かそれに似た言葉だろうか。

 

神輿の掛け声「ほいと ほいと」は、めでたいめでたいって言ってるかもしれないですね。

 

京都のお神輿って、よそのお祭りでは、しずしずと進んでいく姿しか見たことないんで、どんな掛け声してるのか知らないですが、似たような掛け声が使われてるんでしょうね?

|

« 桂離宮 | トップページ | 第23回 サマーホリデーin原村星まつり2016 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神輿の掛け声:

« 桂離宮 | トップページ | 第23回 サマーホリデーin原村星まつり2016 »