« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月

2016年8月14日 (日)

映画:シン・ゴジラ

仕事終わりにいってきました。
最初→うそだろ、こんなんでいいのか!

社会風刺なのか?

ですが、面白かった。

エンドロール見てびっくり、こんなビックネームがいっぱい出てたんだっけ!!

ゴジラ映画じゃないけど、おもしろかった。
4D見に行きたいな。どんなことになるのか想像できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

第23回 サマーホリデーin原村星まつり2016

サマーホリデーin原村星まつり」に行ってきました。今回は第23回 前回参加したのは第20回なので、2回PASSしてしまいました。
Img_02131

八ヶ岳の西麓に広がる別荘地の一角、八ヶ岳自然文化園で、毎年8月上旬の金土日3日間行われます。
だんだん、愛する爺さん猫との旅行のほうが主目的になってきつつあります。この猫の参加回数は、もう10回を越えています。
Img_02141

Img_02222

8月5日(金)
会期は、普通の会社の夏休みよりまる1週早いのが目安。金曜1日だけ休暇をとって参加します。
行事は夕方4時ごろから始まりますけど、僕が多摩を出たのが午後3時ぐらい。小淵沢までは中央高速を使い、そこから会場までは、八ヶ岳の鉢巻道路です。昔は快適な高原の道路だったんだけど、いまじゃデコボコ道になってしまって猫がかわいそう。
到着したのは、だいたい5時半。園内の駐車場はもう満車だったので、臨時第2駐車場というところに車を止めました。園内の芝生広場が、この会期だけ臨時の駐車場になっています。ところどころシラカバや針葉樹が生えていて、とても雰囲気のいいところです。木々のおかげで、直射日光を避けることができます。猫を車中においても出かけられます。
空気がたいへんきれいなので、景色はとてもクリア。そのかわり直射日光が激しくて、日なたはたいへん暑いです。日陰はすっきりさわやかです。

猫を連れて会場内を歩いていたら、いきなりおじさんが「おー猫がおる」といいながら、うちのにゃんこをつかまえて、頭やらおなかやらわしゃわしゃかきまわし、ねこがギャンといいながら反転したときには、おじさんの手のひらが出血していました。おじさん、僕をにらみながら、去っていきました。どうも彼はあまり機嫌がよくないようだ。いつもはじっと耐える猫なのに。
みんなに、触っちゃだめって言い続けなければいけないようだ。「猛猫注意!」って札作ればよかった。
でも、「さわらないで」って言うと、いきなり不機嫌になる人、結構いるんだよ。おばさんとかに多いんだ。
Dsc_22922

日が暮れてから、木内鶴彦さんの講演を聞いて、その前後の天体観測初級講座や日食観測報告、新機材の発表などを聞き、10時ぐらいに車に戻りました。買ってきた弁当食べて、本でも読んで寝ます。

夜は雲がいっぱいで星が見えず、駐車場周辺で望遠鏡を出しているのは2~3台ぐらい。広い芝生で飲んだくれている人の姿も見えず、たいへん静かでした。(飲んだくれるのは本会場のあたりですね)夜露が激しく、芝生で酒飲みはまあ無理だったでしょう。 この駐車場は、テント不可、焚き火・バーナーも不可だから、車中泊です。
駐車場はあんまり静かで寝るのが大変だったくらいです。近くのトイレの場所を知らなくて、暗闇の中、遠くまでトイレに行くのは大変でした。

8月6日(土)
朝の5時ぐらいから起きだして、歯磨きなどした後、猫を首に巻いて園内散歩。鋭く差し込む朝日と、金色にかがやく山と森。信じられないぐらい美しい景色です。
Dsc_22882

散歩からかえって、芝生にイスを出し、猫といっしょにのんびりタイム。 さわやか~。
会場にはデッカくて白くてふわふわの犬が来ていて、みんなの人気を集めていました。この犬、うちの猫にも「アソボ?」って何回も誘ってくれたけど、うちのニャンコはあんまり犬が好きじゃないんです。犬に怪我させたらいけないと思ったので遠まきにして、ばいばいしてきました。

猫を連れてると、いろんな人が話しかけてこられるので、いろいろお話ができます。特に、天文業界の有名人も来てくれます。ニャンコってえらい。

臨時駐車場(ほんとは芝生広場)の一角に、昔の軽便鉄道の線路が残されてました。昭和22年まで走っていた八ヶ岳森林軌道だそうです。軌間は約76cm。
Img_02172

会場にはPENTAX,NIKON,KOWAといった光学機器メーカーや出版社、星見グッズやアウトドアグッズの販売店などいろんなお店のテントが出ていて、試作品やアウトレットの商品があっと驚くような値段で売っていたりします。ん十年前の一眼レフカメラが売っていたりもします。
今回ぼくは、Kowaのフィールドスコープを買ってしまいました。お店で使っていたという本体と、新品の接眼レンズあわせて20,000円でした。
いつもは、毎年のように山用のリュックを買ってしまうので、うちでは在庫過剰になってます、だからリュックは買いませんでした。

この日、午後になって、うちの車の隣にワンボックスワゴンが停まりました。車からはわらわらと大人や子供が降りて来て、大声でぎゃんぎゃん話し出します。頭が痛くなるほどうるさいです。
メンバーの中で一番ちいさい女の子は、ボーとしている僕に、「誰と誰と誰と……いっしょにここに来たのぉ。誰と誰と誰と××して遊ぶんだよ。テントたてるんだよ。……えー、おじさんテント無いのぉ」と話は延々と終わりません。頭の中からはSOS信号が発信されてますが、一行の皆さんは、「ほらこっち来て遊びなさい」なんて声をかけてくれるひともおらず、ほったらかしです。
「ねこさんさわっていい?」 っていうから、「この猫は気が荒いから触らないでね」って言ったら、無言でじっーと僕の顔を見ます。(えっ、この子はなんなんだ)とあせりながら、猫を講演会が続く本会場に連れ出しました。(会社にも、こんな反応の仕方する男性社員が一人いるな)

この人たち、後々芝生広場で料理なんか始め、さらに、星空の観望広場で懐中電灯もって走り回り、鼻つまみのお邪魔虫と化してしまいます。
さらに、近くのキャンプ禁止の芝生にテントを立てて遊び始めたんだけど、夜の10時ごろ、追い出されて車に戻ってきました。しょうがないよね。やっちゃいけないっていうことを、総なめにしてるからね。これだけやっちゃ、警備員もほってはおけないでしょ。

ちょうど、車中で寝ていた僕は、ゴンゴン窓をたたく音で、例の女の子にたたき起こされました。
「猫タンにあわせて」っていうんです。「もう遅いからごめんね」と言って即ドアを閉めたらまた無言の無表情になっています。
相手しきれないからあとは寝たふり。ほんとは目がさえてしまって眠れなくなったんですけどね。
※ 夜遅く、寝てるおじさんをたたき起こしたらいかんって、ちゃんと教えようよ。

そんなわけで、ちょっと前に運び出したばかりのテント資材一式を駐車場に持って帰ったおじさんの一人が、懐中電灯を振り回して、2時間ぐらいかけて車に収納をしていました。うしろでぎゃんぎゃんわめき続ける奥さんに、小さな声で「ウルサイ、ダマレ」とつぶやきながら仕事を続けます。子供たちも懐中電灯を振り回してさわぎまくっています。うるさいうるさい。
その間、大人の一人は、うちの車との間の地面に寝てしまいました。トイレ行くとき踏んづけそうだな。ドア開けただけで、ドアが殴り倒してしまいそう。

暗闇の中では、懐中電灯を振り回されると大迷惑。暗い天体を見ているときに、懐中電灯の光が目に入ったら、しばらくは復活できないし、天体写真を撮ってる最中だったら、そのカットはオシャカになります。連続写真だったら目も当てられない。天体観測する人はみんな赤い光の電灯を持ってきてます。

おばさんの叱る声や、子どものぎゃん泣きや奇声。もーたまりません。まったく眠れなくなった。
この人たちは自由すぎる。いい加減にしてくんないかな。

おかげで11時過ぎまではうるさくて何にもできませんでした、隣との間の窓を全部布でふさいで現実逃避です。これならいきなりドアをどんどんたたかれても知らん振りができます。光の乱舞も目に入りません。

夜中の2時ごろに園内を歩き回ったときには、星々の光量の強さにびっくり。頭上でぎらぎら輝いてます。天の川もしっかり見えます。無数の星々が輝いています。
※ 年取って乱視がきつくなった分、星の見え方がこんな風になってしまいました。
暗闇の中には、あちこちにライトをつけずに歩く人の気配があります。望遠鏡の赤道儀の赤いLEDも、あちこちに見えています。すばらしい景色でした。暗闇の景色って、ほんとすばらしい。ぼーっと上を見ながらたたずんでしまいました。
星景の写真撮りたかったけど、三脚が車に乗ってなかったから、できませんでした。残念。

この催しは、あんまり変な人が混じっていたら成立しない催しですね。暗闇と変な人は相性悪いから。

8月7日(日)
また、朝5時ぐらいにおきて、歯磨き+猫と1時間の散歩。戻ってきたら、隣のワゴンはいませんでした。ホッ
今回の、臨時第2駐車場はきれいな芝生と、きれいな樹木で、とっても雰囲気が良かったんだけど、朝は消耗しきっていました。は~疲れた。
やっぱり、いつもの駐車場に入れてもらうために、早く家を出発するべきだったと反省。

閉会式
朝8時から閉会式です。主催者の挨拶の中で、
「SNS普及の影響で、催しへの参加者が毎年増加を続けており、施設的にはもう限界に到達しています。知り合いの皆さんへの紹介とか呼び寄せは、それを意識していただきたい」
という言葉があった。

それから
「ペットをお連れの方。絶対にペットフードを撒き散らして帰らないでください。周囲のサルやら鹿やら狸やらが集まってきて、いろんなうんこが集まって大変ですから」
「夜道で鹿に出会ったら止まってください。彼らとぶつかったら車は全損ですよ。真っ暗闇で鹿の大群に囲まれるのは、大変恐ろしいですから」
という注意もありました。

私の車の前に、やたら若者が集まり、なんでこんな人気なんだろと思ったら、車のところがポケスポットだった。ポケモンGOは、習得する前に飽きてしまったから、僕にはメリットなし。

帰りは、鉢巻道路を先まで走って清里に行きます。高原道路には、以前にはしゃれたレストランが何件もあったんだけど、今はほとんどありません。レストランだったところが、お土産やさんになってたり廃墟になってたりします。

このぶんだと、清泉寮はすいてるかなと思ったら、長い行列ができていて、あきらめました。
猫を首に巻いて、暑い日向にレストラン入り口で並ぶなんて無理だから。

清里の”道の駅”で、猫は車に残して、一人でカツカレーを食べました。鬼 猫は「つれてってぇ」ってなくんですけど、意味なく手を振ってからおいていきました。

こんどはちゃんとテントを持ってこよう。そして、星景写真撮れる程度の機材も持ってこよう。と思います。インスタント食品ももってきたらいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

神輿の掛け声

地元の氏神のお祭りでは、かなり広い範囲に神輿が出ます。
神社の名前は松尾大社。秦氏の氏神で、京都では相当格式の高い神社です。酒の神様として知る人も多いと思います。

神社のお神輿がうちの近所の山陰街道を通るとき、子どものころは、トラックの荷台に積まれたまま通過していました。僕が大人になってから見かけたときには、トラックに紅白の幕がかけられて、付き添いの人が荷台に乗っていました。すこしだけ雰囲気を出していたんだけど、それでもなぁ。
桂川を渡るのも、トラックに乗って桂大橋を通過するだけ。味気ない……。

何でこんなこと思い出したかというと、このお祭りの神輿担ぎの掛け声が「わっしょいわっしょい」じゃなかったんです。学校の先生でさえ、こんなこと知らなかった。「ほいと ほいと」なんですね。まあ、大半の行程はトラックに乗って通り過ぎて行くだけなんで、掛け声なんてだれも知らないですけどね。
でも、大社の境内から神輿が出発するときには、たくさんの神輿が勢いよく振られ、回転し、この掛け声が聞けるんです。

ネットで調べてみました。掛け声に関することは、どこにも見つからなかったけれど、近そうな言葉を見つけました。「祝人」ホギト・ホイトが近いかな。
お祝いを述べる人?かそれに似た言葉だろうか。

神輿の掛け声「ほいと ほいと」は、めでたいめでたいって言ってるかもしれないですね。

京都のお神輿って、よそのお祭りでは、しずしずと進んでいく姿しか見たことないんで、どんな掛け声してるのか知らないですが、似たような掛け声が使われてるんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »