« トルコ旅行(7)ブルーモスク・アヤソフィア_2015/09/28 | トップページ | カワセミきれい »

2015年10月20日 (火)

トルコ旅行(8)グランドバザール_2015/09/29-30

9/29(火) 今朝もネコの接待サービスはなし。トルコの旅はこの日で終わり。
朝からグランドバザールに行きます。アヤソフィアのすぐ近所。
宿から近くまでは専用のバスですが、後10分程は徒歩です。
Dsc_17772

 

グランドバザール Dsc_17752

 

もともと1時間の予定だったはずのグランドバザール散策は30分に変更になっています。30分では広大なバザールをゆっくり見て回ることなんてできるわけありません。
Dsc_17692_2

 

Dsc_17722

 

このあと、革のジャケットのお店によるために時間を削ったのだが……ぶつぶつ。(一一")

 

バザールは、いかにもトルコに来たんだなと思わせてくれる、とっても雰囲気のいい場所。午前中だったからか、そんなに混んでもいない。店のおじさんたちも一生懸命日本語で話しかけてくる。愛嬌たっぷり。東南アジアと違って「ニイハオ」って声かける人もいるし、アジア人をいまいち見分けはできていない様子。
たぶん一声かけてその反応でどこから来た客かを見極めているんだろうな。

 

この日、娘は、機中泊だからとすっぴんで外出したのだが、やたらとお兄さんやおじさんに声をかけられてご機嫌だった。お菓子屋さんではうちの息子の嫁に来てくれなんていわれていた。
化粧しないほうがもてるんじゃない?

 

このあと駆け足で空港に戻り、免税店や売店による暇もなく飛行機に乗せられてしまった。お土産とかも買えなかったし、通貨の両替もできなかった。ブツブツ

 

空港に向かう道中で、イスタンブールの空に大きな虹が出ていました。

 

成田に向けて飛び立つ。飛行機は来たときと同じ機種。席も同じ、景色も何にも見えない。機中泊です。
Dsc_17922

 

9/30(水) 機中。お隣さんは大股開いて、ひじがぼかぼか僕のわき腹にあたるので、寝ることもできず、地獄のよう。そのおじさんは、酒をどんどんおかわりしてご機嫌さん。
足を怪我していたこともあって、12時間の狭い椅子はつらすぎた。

 

成田着は朝7時半過ぎなんだけど、到着時には疲労困憊。空港でうどんを食べて、返すものは返して。マッサージしようと思ったらお店がえらく混んでたのであきらめて、……(´・ω・`)、さっさとリムジンバスにのって帰りました。
家に帰ってから整形外科に行って足の怪我を見てもらいました。傷口がはれていたんで消毒して、抗生物質を塗ってもらいました。

 

飛行機はつらかった。

 

子どものころ、食べ物なんて腹がふくれればいいと思ってたけど、最近はおいしいものも食べたいなと思うようになってきた。でも、今回のツアーは食べ物がとても貧弱でした。いわゆるパック旅行はこれで2回目。前回は韓国プサン。このときも食べ物は最低。今回よりもひどかった。そのときと今回は同じ旅行会社の主催。まあ…… しょうがないよね。安いから。(´・ω・`)
町には、食事がおいしそうなところがいっぱいあって、自由に食事したかった。残念

 

トルコの観光地をめぐる中で、頭が重くなることが何回もあったけれど、イスラムのモスクではそのようなことがなく、どちらかというとキリスト教系の施設がきつかった。どう解釈したらいいのだろう。王宮にもキリスト教の施設が併設されていたようで、何らかの強力な宗教拠点だったのかもしれない。ここのキリスト教は現在ではギリシャ正教なわけだけれど、何年か前に訪れた同じギリシャ正教の函館のハリストス正教会ではすばらしく幸せな気持ちになることができたのだった……。ヨーロッパのカトリックやプロテスタントの教会ではどうなんだろうか?

 

トルコはイケメンがいっぱいって言うけど、女性も美人さんがいっぱい。ただし、男性はめちゃくちゃ愛想がいいけど、女性はそうでもない。イスラム教の影響なんだろうか。それより何より、子どもたちのかわいさはもうなんとも言いがたい。中年のおじさんだって愛嬌があるから、とても親しみやすい。とっても気持ちのいい国だった。

 

イスタンブールの町はいたるところが遺跡で、どこを切り取っても美しい。ヨーロッパのようで、中東のようで…きれいな街です。

 

今回の旅行で、おおまかに、ギリシャ美術とイスラム芸術、そしてキリスト教美術それぞれを見ることができた。それぞれがかなり異なる形式をもっていてお互いにあまり影響し合っていないのが実に不思議でした。たとえば写実的でかつ人間の美しさの極致を表現したギリシャ芸術が栄えた後で、写実を徹底的に排除した、洗練された抽象芸術を中心としたイスラム世界となり、次に芸術の形式に数々の制限を加えたキリスト教美術が繁栄する。なにか順番が違うんじゃないかというか……しっくりこない印象が残った。それぞれの芸術、宗教は、お互いに異なる人種、宗教によって支えられたのであろうことは想像できるのだが。

 

町のトルコ語表示は、ほとんどローマ字読みで通用してしまうので楽です。

 

成田空港に店を出している銀行の交換レートはひどかった!暴利だよ。イスタンブールで交換して来ればよかった。レートが倍近く違うんじゃないか。今後トルコに行く方は、両替はトルコの空港がお勧めです。

|

« トルコ旅行(7)ブルーモスク・アヤソフィア_2015/09/28 | トップページ | カワセミきれい »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ旅行(8)グランドバザール_2015/09/29-30:

« トルコ旅行(7)ブルーモスク・アヤソフィア_2015/09/28 | トップページ | カワセミきれい »