« トルコ旅行(3)ベルガモン・エフェソス_2015/09/24 | トップページ | トルコ旅行(5)コンヤ・カッパドキア_2015/09/26 »

2015年10月17日 (土)

トルコ旅行(4)バムッカレ石灰棚・トレーン・クサントス_2015/09/25

9/25(金) 出発は7時
巨大な石灰棚に行きます。テレビのクイズ番組でよく見る不思議な地形です。丘の上から大量に流れ出る温泉水の中の石灰分が、湯温が低くなるとともに沈殿して、棚田のような地形になっています。
とはいえ、観光施設の温泉の使用量が多すぎるとかで、遠からず枯渇するという。この石灰棚も近い将来見ることができなくなるとガイドさんは言っていた。

 

パムッカレ石灰棚 Dsc_12702

 

Dsc_12802

 

Dsc_12892

 

水の中はたまに滑りそうなところもあり、ちょっとびくびくです。
Dsc_13112

 

一緒にいた人たちの中でも、ころんでビショビショになった人や、カメラを水没させてしまった人が続出。気をつけなければ。
Dsc_13052

 

石灰棚に入るときには靴を脱ぐ決まりですが、ガイドさんから「脱いだ靴を盗む人はいません。でも、犬は靴が大好きです。置きっぱなさないで手に持って行ってください」と言われました。たしかに、石灰棚に入るところには犬が何頭も遊んでいます。
Dsc_12972

 

ちょうどその時、中国からの団体さんと一緒になったんですが、彼らは靴や靴下をみんな入り口のところに置きっぱなして棚田に入って行きました。そして、犬たちは大喜びで靴をくわえて駆け回っていました。(^◇^) ビーチサンダルと子ども用靴下が大好きみたい。
頭の上では、ハトがギャーギャー鳴いています。見た目完全にハトなんだけど、鳴き声がとても下品。やっぱりハトだよね。これ
Dsc_12922

 

遺跡温泉は石灰棚の近くにある温泉です。遺跡の一部が温泉になって、建物の石柱や礎石がゴロゴロ転がっています。水着を着てないと入れないけど、おもしろそう。キャーキャーいって遊んでます。温泉に入るなら2500円くらい必要です。でも、まわりを散歩するだけならタダ。楽しそうで、入っている人がうらやましかった。ここもテレビのクイズ番組で見たことある。
Dsc_13242

 

ヒエラポリス遺跡 石灰棚の上のほうに広がる遺跡です。ローマ帝国時代に大地震で一度は破壊されたものの、復興し、また14世紀に大地震で完全に破壊されたという。劇場やローマ風呂が残っています。
ローマ帝国時代、裕福な市民が保養のため多く滞在したが、この地でそのまま亡くなる人が多く、立派な石造の墓所が多く残されています。

 

僕たちは石灰棚で時間を使ってしまったので、そんなに見てる時間はありませんでした。
Dsc_13262 <これがお風呂屋さん?>
Dsc_13372 <劇場>

 

レトーン遺跡 古代ギリシャに占領されるより前、紀元前6世紀からの遺跡です。古代ローマ時代までは活発に活動していたという。キリスト教化も早期に行われ、石材は教会に転用されて放棄された街です。
小規模な遺跡。
Dsc_13462

 

柱列の一部は水中に沈んでいて、子どもたちがその上を楽しそうに走り回っています。
Dsc_13482

 

Dsc_13552

 

円形劇場のところではギリシャリクガメが葉っぱをむしゃむしゃ食べてます。
Dsc_13612

 

クサントス遺跡 なぜか添乗員の女性がぶちきれてガイドのトルコ人男性ともめてます。理由はわからないけど面白くないな。

 

この遺跡はペルシャの支配を受ける前から周辺地域の中で最大の都市だったらしい。
ペルシャに占領されてからも自治が許され、紀元前520年ごろには独自貨幣が鋳造されるほどだった。
しかし紀元前5世紀にローマが占領しようとした際に、自治が許されないことを知った市民みんなが抵抗し、全滅してしまったそう。

 

大規模な発掘で見つかった出土品の多くは大英博物館に持ち去られているとのこと。
Dsc_13672

 

Dsc_13712

 

Dsc_13742 <石組みがすごい>

 

田舎町の細い道を、くねくね曲がりながらようやくたどり着いたのが、小ぶりな遺跡。とはいえ、立派な円形劇場がすぐに目に入った。ここには聖母マリア教会があるということなんだが、改修工事中ということで見せてはもらえなかった

 

ここまでの行程でだいぶ疲れてしまったようで、みんなはバスを降りても、近くにたむろしたまま。もおうおなかいっぱいなんですね。ネコも相手してくれたし。

 

結局、円形劇場のほかはみませんでした。(´・ω・`) ここではヤギさんが雑草の刈り取りのお仕事をしています。
Dsc_13652

 

地中海沿い風光明媚を絵に描いたような道を南下します。この日は天気もよくて、海は紺碧。海岸の砂の色。民家のオレンジ色の屋根と白い壁、みな美しい。期待通りの美しさ。
Dsc_13752

 

この日の放射線量は0,03Sv/hぐらい。沖縄あたりと同じぐらいか。

 

アンタルヤ
ここは今度G20の会場になるところらしい。
ホテルはなんと五つ星 IC AIRPORT HOTEL ANTALYA
歯磨きセット、髭剃り、くしなどみんな有料だった。電熱ポットもなかった。インスタントコーヒー持ってきてるのに飲めなかった。
フロントに頼めば貸してもらえるのかな。有料だったりして。五つ星ってどういうものかよくわからない。

 

 

|

« トルコ旅行(3)ベルガモン・エフェソス_2015/09/24 | トップページ | トルコ旅行(5)コンヤ・カッパドキア_2015/09/26 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ旅行(4)バムッカレ石灰棚・トレーン・クサントス_2015/09/25:

« トルコ旅行(3)ベルガモン・エフェソス_2015/09/24 | トップページ | トルコ旅行(5)コンヤ・カッパドキア_2015/09/26 »