« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

映画「永遠の0」

そこそこ席が埋まっていました。
原作読んでないんですが、もっと軽い映画かと思ってました。
重い映画です。
上映終わって場内が明るくなっても立ち上がらない人がいっぱい。
原作も、読み始めたら止められないような本じゃないか…と想像するような映画でした。
Img0482
以前よくあった戦争映画では、家族、恋人との別れを絡めつつ、戦争遂行にまなじり決して突き進む、という若者が描かれることが多いが、これはちょっと違う。
実際、兵士のナマの心情は、芯から洗脳されていたとは限らない。そのような気持ちを話してくれた人を何人も知っている。
最近は、当時のたてまえから外れた映画が作られるようになってきたが、ぞれは時代の移り変わりというものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「利休にたずねよ」

顔面が故障したりなんかして(-_-;)、実に3か月ぶりの映画です。
茶道映画でもなく、人間ドラマでもなく、利休の独特の世界を描いた映画。
利休が茶道に入ろうとしたときのストーリーが、実はこの映画の山場になるのだけど、あらかじめ抱いていた利休のイメージをそのまま実写化した感じ。やっぱりそうだよな~ と思えるようなお話。
重かった。
僕が見た回の観客は5人だけ。
Img0472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »