« 河口湖が水位低下 | トップページ | サンシャイン水族館 »

2013年4月 4日 (木)

特別展「飛騨の円空 ー千光寺とその周辺の足跡」

2013/03/30
この日、都心に出たので、また東京国立博物館に行って来ました。
ちょうどお花見真っ盛りの上野の山…ですけれど、寒いのなんの。お花見なんかする人の気がしれない。ってくらいの陽気です。ものすごい人出でしたけど。
0722

面白いのは、上野のお山一帯は、いつもどおりアジア各地からの観光客がいっぱい。でも、博物館に入ると様子は変わり外人は白人ばかり。
多分、来場者の3分の1ぐらいは白人です。(大げさか?) しかもフランス語を話す人が多い。だいたいは同国人らしきガイドに連れられてのグループ行動だ。
※ 何年か前にも同じような感想を書いているから、状況は変わらないみたい。

0682

今回の狙いは特別展「飛騨の円空 ー千光寺とその周辺の足跡」
Img0412円空の仏像は好きで、年賀状のネタなどに、さんざん使わせてもらってるんだけど、じつは見たことはあんまりないんです。

それを、ドーンと100体も並べられたんだから、見ないわけにいきません。

会場は、本館階段裏。時々特別展に使う、ちょっと狭い会場。ゆったりしたところを使って欲しかったな。

見たかった仏像がずらずら並んで、もう大変。
鉈で荒々しく切り込んだ、あたたかい仏たち。
単純化されたフォルムは、ストレートに響いてきます。

そんな仏像が、愛知、岐阜と東北、北海道のごく限られた地域に大量に残されています。

今回はそのごく一部が展示されました。広くない会場には、これでも圧倒的な物量です。

「円空」を全然知らないという人も、一度見てみてください。

会場を出て、ふと東洋館を見ると、今日は入り口にバリケードがありません。
あれ? 建物に入っていく人もいます。
0152

東洋館はいつのまにかリニューアル工事がすんで、開館していたのでした。
前に閉館したのは2009年だから3年と少しの間、閉館していたことになります。

1階ホール正面には、昔もあった大きな石造の「菩薩立像」が安置されています。
0462

東日本大震災の2週間ほど前に、この石仏を特設の修復作業所で見せていただきました
石材の劣化のため、「次、大きな地震があったら、もう持ちこたえられない」という判断で、耐震補強処理が行われていた石像です。ほぼ作業は終わりという時でした。タッチの差で、崩壊の危機を逃れたようです。

以前は特別展スペースであった地下が東南アジア・インド美術の展示室とミュージアムシアターになっています。

同じく大震災の年、カンボジアで見てきたアンコールワットの石造美術が、ここにも収蔵されているはずと、寄ってみました。
ありました。遺跡の中心近くにあったバイヨン寺院の石仏と建材の一部が。
0272

こうやって博物館の中に展示されると、まったく受ける感じが異なります.
石造遺物でなくて、素晴らしい美術品です。
0252
東南アジアの展示スペースの横には、以前東博の事務棟にあった「ミュージアムシアター」が引っ越してきています。
この時は『新・ミュージアムシアター オープン記念作品「アンコール遺跡バイヨン寺院 尊顔の記憶」』というバーチャル映像を公開していました。今回から有料公開になったようです。
Img042_2

これは上の仏像の安置されていた巨大な寺院のCG再現映像です。極めて分かりやすい映像でした。

今年も、庭園ではお花見企画が行われていました。
0512

風がビュービュー吹く中で屋台の「カフェラテ」を飲みながら花見をして来ました。寒いので長居する人はいません。
Img0432_2
僕もさっさと歩きまわって出て来ました。

|

« 河口湖が水位低下 | トップページ | サンシャイン水族館 »

博物館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/57106333

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「飛騨の円空 ー千光寺とその周辺の足跡」:

« 河口湖が水位低下 | トップページ | サンシャイン水族館 »