« 防災訓練 | トップページ | 社員旅行で韓国へ2012/11/09 »

2012年10月28日 (日)

東京国立博物館「特別展 中国王朝の至宝」「古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展 出雲 -聖地の至宝-」

上野の博物館に行って来ました。
今回は特別展2本。ひとつは「特別展 中国王朝の至宝」会場は平成館です。
Img0362
これが普通の時期に開催されていたら会場前に入場1時間待ちぐらいの行列ができてぐったり…って言うぐらいの大規模展覧会だと思うけど、想像の通りガラガラ! もったいないもったいない(´・ω・`)

展示品の年代は、紀元前15世紀あたりの銅器や純金の仮面から、洛陽、長安の仏像、宋の千仏磚など、中国の国宝クラスがめじろ押し。
出品されている文物は文句なしに一級品なんだが、すごすぎてひとつひとつに注目していられない。ほんとにもったい。

すいていたので、ひとつひとつじっくり見ていたおかげで、後半は完全に息切れ…疲れてしまった。こんな経験ってあんまりないでしょ。
この展覧会でもオリジナルガチャガチャが用意されていたので1コ購入。始皇帝陵の兵馬俑だった。うれしい。

京都や奈良の古代中国の専門美術館に、また行きたくなった。

これでまだ終わりじゃない。特別展2つをはしごしようというんだから、いい加減にしてってな具合。

もう一つの特別展は「古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展 出雲 -聖地の至宝-」……長い。
本館1Fロビー奥でやってます。
201211072_2
午後に別の用事がひかえていたために、会場に入ったけれど、ちゃんと展示を見ていません。時間が無かったんです。
出雲で大量に出土した銅剣銅鉾銅鐸が、模造品も含めてどっさり展示されています。奈良時代かな、小さな金銅の釈迦像なども出品されています。
巨大な「古代の出雲大社」の模型がしっかりと目に焼きついています。
こちらは狭い会場にたくさんの人出で、ゆっくりは見ていられませんでした。

|

« 防災訓練 | トップページ | 社員旅行で韓国へ2012/11/09 »

文化・芸術」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館「特別展 中国王朝の至宝」「古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展 出雲 -聖地の至宝-」:

« 防災訓練 | トップページ | 社員旅行で韓国へ2012/11/09 »