« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月21日 (木)

「ブルーリッジ」と護衛艦「いせ」

日曜日は朝から昼過ぎまで、仕事で「東京ビッグサイト」へ。
「おもちゃショー」の最終日。土曜と日曜はファミリーデイ。
会場は大混雑。僕は子どもたちのお相手係。
いやぁ、大変大変。半日しか働いてないけど一日仕事した気分。
いつもならよそのメーカーのブースをのぞいて歩くんだけど、そんな余裕はない。

この日、ビッグサイトのある「お台場」から(直線距離は)近い「晴海ふ頭」に海上自衛隊の護衛艦「いせ」と米軍第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」が接岸しているというので行ってみた。実際は電車を2本乗り継ぎバスに乗り換えてと、ちっとも近くない。昔は海上バスが結んでいたので、お台場と晴海はほんとにすぐそばだったのに。
071

着いてみたら、「ブルーリッジ」も大きいけど、護衛艦「いせ」は大きい大きい。航空母艦だ。(ヘリコプターのね)
やっぱり、集まった見物人は多くて、乗船の順番待ち行列が広場の中でとぐろを巻いている。
行列するのがいやな僕は、埠頭の船客ターミナルの上から見物することにした。
_1

「ブルーリッジ」は大きい。グレーの塗色のせいで軍艦には見えるけど、砲などの装備はすこしだけ。第7艦隊旗艦だっていうから、相当おどろおどろしいものを想像していたけど拍子抜け。中身はコンピュータとか電子機器なんだろうか。
「いせ」だって、小さな自動砲が艦首に一つ見えるきり。広い甲板に大型ヘリやクレーン車などが載っている。最近の軍艦は見た目がシンプルになってるんだな。ステルス化を意識してるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

日本科学未来館「世界の終わりのものがたり」もはや逃れられない73の問い

会期は6月11日まで。もう終わってしまいました。
僕も、週末にネットで見つけ、なんだこの標題は…って気になり、あわてて行ってきました。
0092

0962

0182

会場は、お台場の 今は休館中の「船の科学館」斜め向かい。「日本科学未来館」
館長は、元宇宙飛行士の毛利衛さんです。

「世界の終わりのものがたり」もはや逃れられない73の問い…という標題と、チラシの画像がネット上の話題になっています。
Img0322_2
Img0332_2

左下隅の子どもの持つ本に書かれている「TEOTW 73」
The End Of The World の頭文字をとって「T E O T W」らしい。
「世界の終わり」 か 「人生の終わり」って訳する言葉。
「73」は、アマチュア無線の世界では「さようなら」の意味だとか。

天文台は東京三鷹の東京天文台の中央に保存されている大望遠鏡ドームですね。
パラボラアンテナは、長野・野辺山宇宙太陽電波観測所のアンテナ。両方、国立天文台。
毛利さんも宇宙に行ってきた人だし、なにか特別なメッセージがあるのだろうな。
無責任な感想ならいくらでも書けるけど、ちょっとはばかられるような…

望遠鏡をとりまく道が「9」?隣の道は「11」? 
そんな読み方している人いないから、違うかもしれないけど。
0452

0502_2

0652

0712

0872

0902

すべての展示、言葉、アルファベット、数字……が「終わり」という言葉に集約されていく。

淡々と 「終わりへの心の準備は十分か?」と問いかけてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

スパムメール

ある日突然ケータイメールが1日数十通も届くようになった。
それまでは一日十通ぐらい(それでも多いと思っていたのに)だったのだが、今では数分毎に携帯がブーブー言うようになった。知り合いからのメールだって、まぎれて見おとしてしまいかねない。おかげで電話のバッテリーが1日持たないようになってしまった。

理由は 多分こうだ。
最近無料電話サービスの”LINE”が、利用者を伸ばしていると聞いた。
どんなものだか気になって僕も加入してみた。
加入する際、ケータイ番号と、ケータイメールのアドレスを登録させられた。
そして、そのあと数日で、爆弾のようにメールが到着するようになった。
”LINE”は韓国のNAVERが運営するサービスだ。とりあえず今のところは、すべて無料。

だけど、顧客データを売っているんだな。質の悪い顧客に。
業務としてだか、従業員のないしょの小遣い稼ぎなのかわからないが。
いまさら後悔しても遅い。つまらないことしてしまった。

googleなんかおんなじ商売してるけど、商売相手がどっかの政府とか大企業とかだから、こうやってみっともないことにならない。(そのかわり、もっと怖いかもしれないけど)

いままででも、ケータイにスパムメールが届き続けていた。1日10通を越えるぐらいだが。
これも原因ははっきりしている。楽天のサイトでアドレスを登録してしまって以降に始まったことだ。

ケータイメールアドレスはwebに書き込まないように気をつけていたんだが、この2回の失敗だけでひどく不愉快なことになってしまった。チクショゥ

LINEなんかアンインストールしちまったぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eye-Fiカード

Eye-Fiカードというものを買ってきました。ネット通販でしか入手できないのかと思っていたら、町のパソコンショップで売っていました。
無線LAN内蔵デジカメ用SDカード。
Img034_2
このSDカードをデジカメに挿して写真を撮ると、すぐに画像データが無線LAN経由でパソコンの”マイ ピクチャ”と、いくつかのWEBサービス(たとえばPicasa、Facebook,mixiなど)に自動で送信されます。

なので、写真を撮った直後に、ネットにつながったパソコンで写真をチェックすることができます。便利なカードです。

無線LANの環境のないところで撮った写真も、無線環境のあるところに行くと送信されます。
僕はいつもwifiルータとパソコンを持ち歩いているので、今撮った写真をすぐWebに送信することができるってわけです。

こんど、水中カメラで試してみなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

ビジネス書

いやんなっちゃった。

今読んでる本の一節。

「暗黙知はいわば 腹 や 胸 で感じるもので、これを表現するのは容易なことではありません。そこで、メタファーやアナロジーで一度表し、その上で、看護婦のイメージとはどういうことなのかを考え、この段階に到達してはじめて論理分析的な言語を使ってスペックに転換し、形にしていく。」

単語の意味が違うじゃないか!しかも悪文の極致だ。
一見、意味が通じるようだけれど、使われている単語の本来の意味と、ここで表現されていることばの意味は関係ない。
普通の文章に慣れた人ならみんな誤読するはず。

著者は大学の先生でビジネス書業界の大御所。産業界には信奉者がいっぱいいるよう。
学者でも、昔から存在する単語の意味を勝手に変えて、一部の人たちの中でのみ通用する言葉にすりかえる…なんてことをするんだな。犯罪行為だと思うよ。

昔、学生時代に見慣れたアジビラを思い出すなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »