« スパムメール | トップページ | 「ブルーリッジ」と護衛艦「いせ」 »

2012年6月12日 (火)

日本科学未来館「世界の終わりのものがたり」もはや逃れられない73の問い

会期は6月11日まで。もう終わってしまいました。
僕も、週末にネットで見つけ、なんだこの標題は…って気になり、あわてて行ってきました。
0092

0962

0182

会場は、お台場の 今は休館中の「船の科学館」斜め向かい。「日本科学未来館」
館長は、元宇宙飛行士の毛利衛さんです。

「世界の終わりのものがたり」もはや逃れられない73の問い…という標題と、チラシの画像がネット上の話題になっています。
Img0322_2
Img0332_2

左下隅の子どもの持つ本に書かれている「TEOTW 73」
The End Of The World の頭文字をとって「T E O T W」らしい。
「世界の終わり」 か 「人生の終わり」って訳する言葉。
「73」は、アマチュア無線の世界では「さようなら」の意味だとか。

天文台は東京三鷹の東京天文台の中央に保存されている大望遠鏡ドームですね。
パラボラアンテナは、長野・野辺山宇宙太陽電波観測所のアンテナ。両方、国立天文台。
毛利さんも宇宙に行ってきた人だし、なにか特別なメッセージがあるのだろうな。
無責任な感想ならいくらでも書けるけど、ちょっとはばかられるような…

望遠鏡をとりまく道が「9」?隣の道は「11」? 
そんな読み方している人いないから、違うかもしれないけど。
0452

0502_2

0652

0712

0872

0902

すべての展示、言葉、アルファベット、数字……が「終わり」という言葉に集約されていく。

淡々と 「終わりへの心の準備は十分か?」と問いかけてくる。

|

« スパムメール | トップページ | 「ブルーリッジ」と護衛艦「いせ」 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/54938872

この記事へのトラックバック一覧です: 日本科学未来館「世界の終わりのものがたり」もはや逃れられない73の問い:

« スパムメール | トップページ | 「ブルーリッジ」と護衛艦「いせ」 »