« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

WiFiルーター買い換え

ちょうど2年前の6月、発売1ヶ月たたないwifiルーターを買って以来、ずっと使っている。毎日必ず持ち歩き、こいつを忘れたりしたら、何をして時間を潰せばいいのかと狼狽するまでになった。
wifiルーター依存症だ。(^o^)

ところが、昨日、どこに置き忘れたのか、身のまわりにルーターが見当たらず、そのため、外出中はネットと切り離されることになった。その時も、紙の本を読むなどすればいいんだけど、紙の本は、その時の思いつきで読む本を選択できない。自由度が制限されてしまう。

そんなわけで、外出のついでに(というか、時間をもてあましたので)近くのDocomoショップに行ってみた。もし、ルーターが紛失したまま出てこなかったら、どのくらいの出費を覚悟しなければいけないのか、聞きたくて。f^_^;)

いまは、3G回線の次の規格Xi(クロッシー)が出ている。Xiの伝送速度は、今私が使っている3Gルーターの10倍であるという。ここまでは知っていたこと。新規格だからまだ高いだろなと思っていた。

しかし、それに乗り換えたとしたら、月々の料金が、今より2000円/月 安くなるという。
ただし、そのためには最新の機械を購入しなければいけない。
現在の契約を破棄するために1万円弱の違約金も払わなくてはいけない。
機械の方は、頭金5000円と月々105円で2年間払えばいいと…

あらら… こんなことになっていたとは。乗り換えなきゃ損じゃないかと。(^◇^;)
機械の選択肢は、日本のBUFFALOか、韓国のLG電子製の二者択一。
Ethernetケーブルに接続可能な日本製を選びました。
日本製の方は、今まで使ってきているWiFiルーターの上位機なので、使い慣れているということもある。

ただし、家のあたりはまだ、Xi規格の電波は来ていないらしい。東京の区部ならほとんど網羅しているらしいんだが。だから、家の近辺で使う限りは、今までのルーターと同じ伝送速度だ。

あと、おまけでSONYのゲーム機「PSVita」をもらいました。(^o^) これ、買ったら ん万円すると思うけど、その分安くして欲しかったな。そしたらまるっきり無料になってしまうけど、どういう計算で成り立ってるんでしょ。

左は3G機 右が新しいXi機
0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

金環日食

多摩川の河原に、子ども二人と日食見物に行って来ました。二人とも大人だけど(^o^)

7時前、多摩市の交通公園の近く、土手の上に座り込みます。
0653減光フィルターを通して見ると、日食が始まっていることがわかります。でも金環食まではあと1時間弱。
0725何人もの人が土手の上で太陽観察をしています。なかには赤道儀の望遠鏡や、超望遠レンズを付けたカメラを空に向けている人がいます。
0734でも、東の空はずっと曇ったまんま。

0735ランナーやおじさんおばさんが横を通り過ぎていきます。

0740数百メートル向こうの小学校では子どもたちが歓声をあげて走り回っています。

空は雲に覆われているのに日差しが強く、顔が焼けてしまいそう。
金環になる間際、さーっと風が吹き、気温が下がって来ました。少し空が暗くなってきます。

しかし、鳥たちが急に鳴きかわすとか、一斉に飛び立つなどということはありませんでした。

0741とうとう太陽が輪になったときは、そこらじゅうからワーっと歓声が上がりました。

0743撮れた写真はみんな雲を通して撮ったもの。日食が終わってから、雲がさぁ~っと消えていきました。

0749カメラはPENTAXの一眼レフデジカメに、ズームレンズの望遠端で300mm、1.7倍のコンバージョンレンズ。APS-Cなので
300mm×1.7×1.5で、35mm判 765mm相当。これにND400フィルター。もし、雲がなかったら、このフィルターでは力不足でした。もう一枚重ねたらいいかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

八丈島2012/05/12,13ダイビング

5/12(土)
朝からダイビング。9時前に、底土港前のダイビングショップ「シーダイブ」へ。
昨年の同じ時期にも、このお店にお世話になった。ライセンスを持ってなかったから、体験ダイビングだった。そのとき、アオウミガメを見せてもらったのが忘れられず、また来たんだけれど、今回はどうだろう。

1回目のダイビング
バディーは娘。このバディー、僕がパニクったらブクブク泡吹き出してよろこぶ冷たいやつだ。(⌒-⌒; )
ガイドさんの先導で、しばらく水面下数メートルのところをのんびりゆったり進んでいく。
<チョウチョウウオ>
0142

その間、海底には色鮮やかな生物がいろいろ見えるんだけど、ガイドさんは変わらずのんびり進む。
<ミギマキ>
0152

そうしてしばらく進むと、先の岩の上にウミガメの甲羅が見えます。
0172

これ以降、何回もガイドさんはカメさんを見せてくれました。みんなカメラでパシャパシャ(って音は聞こえないけど)写真を取りまくってます。そこにぼくが写真1枚バシッて撮ったら、カメさんめんどくさそうに腰を上げました。
0182

0192

そうか、外付けのストロボ使ってるの僕だけだからな。いやだったんだな。この亀は、ゆっくりと斜めに水面に向かって浮上しますが、水面近くでこちらを見下ろしています。「あのダイバーたち、早くどっか行ってくれないかな」と言っているよう。逃げるそぶりはありません。
0252

しばらくすると、またゆっくり泳いでいるアオウミガメに遭遇…と言っても、ゆっくり泳いでいる亀さんのお尻に追いついてしまったんですけど……
今回出会うカメたちはみんなのんびりゆったりしている。
0352

一緒に泳いでるうち、岩のくぼみにはまり込んでお休みの体制に入ってしまったカメさんもいる。
あんまり、ダイバーを苦痛に思ってないんだろうな。
0392

結局、潜っている間中、何頭のカメに出会ったのかわからない。あとで教えてもらったら合計で3頭だったとか。7~8頭だと思った。同じカメに何回も鉢合わせしていたんだ。

休憩は、いったん車に乗って、島の反対側のショップに戻り、着替えてお弁当。ガイドさんは、およそ八丈島にはそぐわない浪速ドライバー。速い!…けど、他の車がみんな遅いから、スピードを出す機会は多くない。(^o^)

2回目
またエントリーしてからしばらく、のんびりゆったり水中を進む。
<ハナミノカサゴ>
0472
<クロハタ>かな
0612

数分以上進んだところで、前方に大きな白い物体が乱舞している。
よく見るとイカです。
手前で一旦停止し、ガイドさんから「岩の上に伏せて見ること」「イカの群れに入らないこと」という注意が与えられます。みんなそれを受けて「イカって、近づいたら噛み付くんだろうな、怖いから気をつけよう」と思った。本当は「イカたちはとても臆病なので、近づきすぎるとみんな逃げてしまうから、気をつけてね」という意味でした。
0742

0723

0762

0812

彼らは、頭の先から足の先まで1mもある、アオリイカです。水中では実際より大きく近くに見えるので、巨大イカに見えます。白い半透明のスペースシャトルのような生き物が行き交い、漂う姿は、なにか幻想的な…ファンタジーの一場面のようです。
カメとの遭遇と共にイカの大群との遭遇はドキドキするイベントでした。

この日、娘は誕生日でした。EXITする前に、ガイドさんがいきなりおめでとうのプレートを出してくれて、みんな水中で拍手・水中記念写真。娘は大感激でブクブク泡を吐いていました。
Clipboard01

夕方は「ふれあい温泉」でお湯に浸かった。
地元の人向けの温泉のようだが、半分以上がダイビングなどの観光客のよう。
受付のおじいさんに長い時間をかけて(^o^)入湯料を支払い、更衣室へ。
更衣室の窓は開いているので、駐車場から丸見え(^o^)
浴室は浴槽も建物も木造で良い感じ。窓は開いていて駐車場から丸見え(^o^)
お湯は熱め。気持ちいい。
外の露天風呂に行ってみた。駐車場との間は低い塀があるけど丸見え。(^o^)
いい温泉です。お湯はすごく塩っ辛く、島の他の温泉と同じだ。

ホテルへの帰りは、ガイドさんに聞いたケーキ屋さんでショートケーキなどを買ってホテルに帰りました。

5/13(日)最終日
森の中に「空間舎」というカフェがあるらしいので、そちらへ。気持ちのいい喫茶店です。
016

そのあと土産物屋さんを探したり、地元の店で島寿司食べたりし、余った時間を、八丈富士の鉢巻き道路へ行きました。
0262

帰りの飛行機は窓際席。窓に張り付いて景色を眺めていた。
機上からは御蔵島、三宅島、そのほか伊豆諸島すべてを見ることができました。三宅島は火口から噴煙をたなびかせている様子も見えました。
<翼の下に三宅島が>
0372
<富士山のシルエットです>
0422

羽田で降りて、空港内のマッサージ店でマッサージ。リムジンバスで帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島2012/05/11

5/11(金)
いつものように前日の夜、寝ずに旅の準備して、早朝の羽田空港行きリムジンバスにて空港へ。朝6時半ごろ着。
チェックインなどしていたら、空き時間はほとんどなし。わずかな時間、娘と二人でマッサージ機に座る。疲れた~

飛行機はエアバスA320。よかった。 前回のボーイング737は、現代の乗り物とは思えないような狭くて苦しい座席だった。

離陸の時、面白い景色を見ることが出来た。もう一つの滑走路でも同時に離陸している飛行機がいました。周りの景色がだんだん下に沈んでいく中で、その飛行機だけが同じ位置にとどまり続けるという変わった様子。面白かった。コリジョン・コースの逆ね。
飛行機は、離陸したら30分と少々で八丈島に着陸。ベルト着装のサインが消えてるのはたった10分間。

前日寝てないから眠くてしょうがないけど、最初に島の守り神の優婆夷宝明神社にお参り。
0032

そのあと、いきなり娘の行きたかったアクセサリー屋さんに。店がお休みだったけど、窓の内側にいたネコが物憂げに外を眺めている。外から声をかける都度 返事してくれた。可愛い。

ビジターセンターで八丈島の自然について知識を仕入れる。ついでにキョンにもごあいさつ。
0202

0362

前回、とても気持ちの良かった民家カフェへ。いやされる~ キジバトやヒヨドリが庭で遊んでる。
0402

0452

藍ヶ江港の足湯きらめきへ。
そして、スーパーで買い物のあとホテルへ。

ホテルは海辺のすばらしい景色の中に建っている。ホテル リード・アズーロ
0512

部屋のドアを開けたところで思わず声が出た。海側はすべてガラスで、青い海の輝きが目に飛び込む。
0502

ウミネコが飛び、遠くを東京行きの旅客船が走る。言葉を失う美しさ。
0492

夕食は、ホテルのレストランで。といっても、レストランは昨年焼失したとかで、和風の宴会場のようなところがレストラン代用になっている。なんだか興ざめ。
でも、出された食事は大変おいしい。アンバランスだなぁ。
0032_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

5/4(金)山梨・清里へ

ゴールデンウィーク真っ最中に清里へ行くことを思い立ちました。
朝6時出発。朝9時頃、開店したばかりの清泉寮のレストランで朝食をとりたい。天気は悪いけど、まあいいか。
まずは、渋滞必至の高速道路は使わず、五日市街道からJR五日市駅で北行きの峠道に入り青梅街道へ。大菩薩峠経由で山梨に入り、甲府市街を抜けて八ヶ岳山麓へという道筋を考えます。

青梅街道を走り、奥多摩湖畔までは、たくさんの大型バイクに囲まれながら走りました。湖が終わり、丹波山村を抜けようとしたところでいきなりの「通行止め」看板。
0252予想していなかったのでびっくり。誘導する人もいないので、標識の横をすり抜けて突っ込んでいく車がいっぱい。たぶん「時間雨量がXXXmmを超えたら通行止め」というやつだと思うんだが、説明も書かれていない。このときは、大粒の雨がパラパラという感じで降っていた。
こういう場所に普通ある、鉄製のゲートもない。となりに娘を乗せてることもあるし、冒険はしないで転進する。

ひとまず、「道の駅 たばやま」まで戻って、丹波山村の観光地図を見、南の「小菅村」を通過して甲州街道の大月に出ることにします。
つるんで走っていた大型バイクたちも、同じ道を選択する。たが、小菅村を通過後、強烈な豪雨の中で、彼らはだんだん遅れていき、私は単独走行になりました。峠を超えるころには、まわりの山々の稜線に雲がからみ、その合間に青い空がのぞきます。素晴らしい景色です。

快調に下り坂をクリアして大月の市街に降り、血迷って中央高速に乗ってしまいました。大きくロスした時間を取り戻したいと思ってしまったんですね。
大月あたりでは、高速道路上の渋滞も終わり、おっそいスピードで順調に流れています。車列の先頭は、たいてい80km/hぐらいの車が2台で道を塞ぎ、その前方は車が1台もいないという状況が繰り返されます。
気になるのは「小淵沢ICから先 事故発生 不通」という表示が出るようになったこと。
自分は小淵沢ICで降りるからセーフ…と、短絡的に考えたのがケチのつき始め。小淵沢手前の「須玉IC」「長坂IC」での、長い出口渋滞を横目に見ながら通過。最後のSA「八ヶ岳SA」の横で、いきなり流れが止まった。
0392
車はピクリとも動かず。さいわいSAの横なので、まわりの車の人達は、トイレに行ったり買い物に行ったり、犬をつれて散歩したりと、いつ動き始めるかわからぬ状況を、様々に過ごします。
私も、車が動かなくなって1時間以上たった頃、運転席に娘を置いて、SAのトイレに行きました。戻りながら、ふと本線をのぞくと、びっくり!
車がいきなり流れ始めています。
うちの車がどこにいるか見えず。あわてて本線上を進行方向に走ります。でも、自分の車はさっぱり見えず。
くたびれて、もと来た方向を見ると、さっきは見えなかった自分の車が路肩に止まっているのがわかりました。ホッとしました。同乗者が散歩などに出かけていて発車できない車がいっぱい路肩に止まっています。
その後もあとを引く小淵沢ICの出口渋滞に巻き込まれながら、ゆっくり料金所を通過します。この時すでに13時半。家を出て7時間以上。疲れた。

清里で、前に食事をしたジャガイモの店で朝食兼昼食を食べました。おいしかった……けど疲れた。(;´∀`)
0012
次に、娘が行きたいと言っていた、ヤギのいる喫茶店に向かう。その前に、ちょっとだまくらかして「平山郁夫シルクロード美術館」に立ち寄る。
周辺の雰囲気からは浮いた、大きな現代建築です。これほど周辺の環境に溶け込まない建築も珍しいな。ふつうは、建築の周辺の環境を意識して、きれいにはめ込むということをすると思うんだけど…。後ろに八ヶ岳、正面に南アルプスと富士が望める高原に建つ建物とは思えない。都会に建築する感覚で建ててるようだ。
場所は、JR小海線の甲斐小泉駅そばです。
「きっと喫茶室があるはずだから」といって連れてきたけど、喫茶室は休業中(^_^;)
展示室には、大きなサイズのシルクロードを主題にした絵がズラリと展示されています。
今は戦乱の只中にある、各地の風景が静かに展示されています。平山さんが10回以上訪れたという北朝鮮の景色も数多く展示されています。
Scanimage001
この美術館。建物を何とかして欲しかったな。

engawa cafe
長坂のI.C.近く。農園地帯のなかに、普通の農家のように建っています。娘に教えられたからたどり着いたけど、知らなきゃ確実にPASSしてしまいます。
0082
大きな庭にはヤギが歩きまわり、アヒルも遊んでます。
0162

お店の中は農家の室内をそのまま生かしたアンティークな趣。のんびりした気分になります。癒しのカフェですね。
0192

最後に、小淵沢のアウトレットに行きました。だいぶ前に目論んでいた靴の購入のため。さすがゴールデンウィーク。かなり混んでました。ねらった商品も売切れてたりしましたし。

今回は、清泉寮に全く寄りませんでした。帰り、もう日没後ですが、清泉寮の敷地の中を通ろうとすると、真っ暗な道路上を、ノウサギがピョンピョン渡って行くところでした。車の直前横断です。車を止めて、ウサギに話しかけている間は顔だけこちらを向いてじっとしています。バイバイって言うとピョンピョン森の中に入って行きました。今回の唯一の野生生物でした。かわいかった。

このあと、中央高速から御坂峠越えで河口湖・山中湖と来て、道志街道を使い、家に帰りました。
疲れた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »