« 八丈島2012/05/11 | トップページ | 金環日食 »

2012年5月20日 (日)

八丈島2012/05/12,13ダイビング

5/12(土)
朝からダイビング。9時前に、底土港前のダイビングショップ「シーダイブ」へ。
昨年の同じ時期にも、このお店にお世話になった。ライセンスを持ってなかったから、体験ダイビングだった。そのとき、アオウミガメを見せてもらったのが忘れられず、また来たんだけれど、今回はどうだろう。

1回目のダイビング
バディーは娘。このバディー、僕がパニクったらブクブク泡吹き出してよろこぶ冷たいやつだ。(⌒-⌒; )
ガイドさんの先導で、しばらく水面下数メートルのところをのんびりゆったり進んでいく。
<チョウチョウウオ>
0142

その間、海底には色鮮やかな生物がいろいろ見えるんだけど、ガイドさんは変わらずのんびり進む。
<ミギマキ>
0152

そうしてしばらく進むと、先の岩の上にウミガメの甲羅が見えます。
0172

これ以降、何回もガイドさんはカメさんを見せてくれました。みんなカメラでパシャパシャ(って音は聞こえないけど)写真を取りまくってます。そこにぼくが写真1枚バシッて撮ったら、カメさんめんどくさそうに腰を上げました。
0182

0192

そうか、外付けのストロボ使ってるの僕だけだからな。いやだったんだな。この亀は、ゆっくりと斜めに水面に向かって浮上しますが、水面近くでこちらを見下ろしています。「あのダイバーたち、早くどっか行ってくれないかな」と言っているよう。逃げるそぶりはありません。
0252

しばらくすると、またゆっくり泳いでいるアオウミガメに遭遇…と言っても、ゆっくり泳いでいる亀さんのお尻に追いついてしまったんですけど……
今回出会うカメたちはみんなのんびりゆったりしている。
0352

一緒に泳いでるうち、岩のくぼみにはまり込んでお休みの体制に入ってしまったカメさんもいる。
あんまり、ダイバーを苦痛に思ってないんだろうな。
0392

結局、潜っている間中、何頭のカメに出会ったのかわからない。あとで教えてもらったら合計で3頭だったとか。7~8頭だと思った。同じカメに何回も鉢合わせしていたんだ。

休憩は、いったん車に乗って、島の反対側のショップに戻り、着替えてお弁当。ガイドさんは、およそ八丈島にはそぐわない浪速ドライバー。速い!…けど、他の車がみんな遅いから、スピードを出す機会は多くない。(^o^)

2回目
またエントリーしてからしばらく、のんびりゆったり水中を進む。
<ハナミノカサゴ>
0472
<クロハタ>かな
0612

数分以上進んだところで、前方に大きな白い物体が乱舞している。
よく見るとイカです。
手前で一旦停止し、ガイドさんから「岩の上に伏せて見ること」「イカの群れに入らないこと」という注意が与えられます。みんなそれを受けて「イカって、近づいたら噛み付くんだろうな、怖いから気をつけよう」と思った。本当は「イカたちはとても臆病なので、近づきすぎるとみんな逃げてしまうから、気をつけてね」という意味でした。
0742

0723

0762

0812

彼らは、頭の先から足の先まで1mもある、アオリイカです。水中では実際より大きく近くに見えるので、巨大イカに見えます。白い半透明のスペースシャトルのような生き物が行き交い、漂う姿は、なにか幻想的な…ファンタジーの一場面のようです。
カメとの遭遇と共にイカの大群との遭遇はドキドキするイベントでした。

この日、娘は誕生日でした。EXITする前に、ガイドさんがいきなりおめでとうのプレートを出してくれて、みんな水中で拍手・水中記念写真。娘は大感激でブクブク泡を吐いていました。
Clipboard01

夕方は「ふれあい温泉」でお湯に浸かった。
地元の人向けの温泉のようだが、半分以上がダイビングなどの観光客のよう。
受付のおじいさんに長い時間をかけて(^o^)入湯料を支払い、更衣室へ。
更衣室の窓は開いているので、駐車場から丸見え(^o^)
浴室は浴槽も建物も木造で良い感じ。窓は開いていて駐車場から丸見え(^o^)
お湯は熱め。気持ちいい。
外の露天風呂に行ってみた。駐車場との間は低い塀があるけど丸見え。(^o^)
いい温泉です。お湯はすごく塩っ辛く、島の他の温泉と同じだ。

ホテルへの帰りは、ガイドさんに聞いたケーキ屋さんでショートケーキなどを買ってホテルに帰りました。

5/13(日)最終日
森の中に「空間舎」というカフェがあるらしいので、そちらへ。気持ちのいい喫茶店です。
016

そのあと土産物屋さんを探したり、地元の店で島寿司食べたりし、余った時間を、八丈富士の鉢巻き道路へ行きました。
0262

帰りの飛行機は窓際席。窓に張り付いて景色を眺めていた。
機上からは御蔵島、三宅島、そのほか伊豆諸島すべてを見ることができました。三宅島は火口から噴煙をたなびかせている様子も見えました。
<翼の下に三宅島が>
0372
<富士山のシルエットです>
0422

羽田で降りて、空港内のマッサージ店でマッサージ。リムジンバスで帰宅。

|

« 八丈島2012/05/11 | トップページ | 金環日食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島2012/05/12,13ダイビング:

« 八丈島2012/05/11 | トップページ | 金環日食 »