« 市ヶ谷 外濠公園 | トップページ | 古代オリエント博物館「古代メソポタミア文明展」 »

2012年4月 7日 (土)

東京国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展

素晴らしかった。
0042

0092

0122

今回の展示は、息を呑むような名品ばかりです。
最初は仏画、次に彫刻と、セオリー通りの配列。仏画の前は、二重の観覧者の列ができ、渋滞しています。その大半の人が、行列の流れの遅さに退屈しています。博物館の係員が「整列してご覧いただく必要はありません。どうぞご自由にご覧ください」と繰り返し案内しているのに、並んでる人は列を離れようとはしません。日本の博物館のお客はなんて頑固なんだ。すべての展示品を最前列で見たいんだろう。でも、ガラスに張り付いてる人に限って、素晴らしい展示品の前にいながら次の展示を見ている。見てないなら、そこどいてよって思ってしまう。(-_-メ)
Img0282
最初の部屋でいきなり、橋本雅邦「騎龍弁天」の図があります。ゾクゾクするような絵です。
「一字金輪」の図像は京都国立博物館で見られる「水天」の図像のような精緻な絵柄。
「法相曼荼羅図」は、僕の大好きな東寺「伝真言院曼陀羅」に似た優しさを感じさせる図像です。

そして、快慶作の「弥勒菩薩立像」が展示されています。この像は全身金色、多少腫れぼったい印象。快慶作の仏像は、スッキリとした爽やかなイメージが強いのだけど、それらとは少し異なる。
快慶としては、最も若い時の作例とのことで、後年の作風がまだ定着していないのかもしれない。
修復の方法によっても、かなり印象が変わるかもしれないので、判断は付きませんが。

Img0292_2
そして、そのとなりが平安時代の「菩薩立像」。漠然とした名称だけど、装飾品が全部失われた一木造の木造。そのため像名は特定できない。
僕が大学の2年の時に課題に選んだのが、「大安寺彫刻群」の研究。
奈良の大安寺や唐招提寺には、平安時代初期、貞観時代に属する、他では見られない独特な木彫群が残されています。この「菩薩立像」は、これらのなかの一体。思わず「お〜」と、声が出てしまいました。ボリュームのある体躯。顔。後の時代の彫刻の特徴となる翻波式衣文。日本に残されている同様の彫刻と比較しても、もっとも優れた仏像の一つだと思います。

その先には、「吉備大臣入唐絵巻」が展示されている。面白そうなんだけど、すごい人だかりで、遠巻きに眺めるだけにした。近くで見たい。
狩野派の障壁画や、等伯の龍虎図屏風など、驚きの作品が並んでいます。
曽我蕭白の作品もいっぱい。

今回もあんまり盛りだくさんで、消化しきれない。
0222

展示館を出てから、本館北側の日本庭園でコーヒーを。
庭園の高い木々にはハシブトガラスがいっぱい。ギャーギャー言って騒いでます。まあ、いい景色。f^_^;)
行ったのは1週間前。(-_-メ) 今なら庭園は桜満開で素晴らしいんじゃないかな。

|

« 市ヶ谷 外濠公園 | トップページ | 古代オリエント博物館「古代メソポタミア文明展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展:

« 市ヶ谷 外濠公園 | トップページ | 古代オリエント博物館「古代メソポタミア文明展」 »