« 東京国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展 | トップページ | 映画「バトルシップ」 »

2012年4月 8日 (日)

古代オリエント博物館「古代メソポタミア文明展」

池袋サンシャインシティにある「古代オリエント博物館」で今、「古代メソポタミア文明展」-平山郁夫シルクロード美術館・知の宝-を行なっています。
Img0302
「平山郁夫シルクロード美術館」は山梨県北杜市にあります。何回か門前まで行きながら、いつも休館中で、館内に入れたことがありません。(;´∀`) この地域の他の美術館と同じく、雪の深い冬季は長い休館に入ります。いつも、その冬季休館中に訪ねて行くので、入れてもらうことがかないません。

今回は、その美術館の所蔵品に、東京で出会うことが出来ました。

メソポタミアといえば、現在のイラン・イラク・シリアあたりでしょうか。どこも他の超大国に武器援助をされ、軍事訓練を授けられ、そして謀略を仕掛けられと、いいように弄ばれて長い間平和を知りません。確か、僕が大学生になった頃は、これらの国は平和だったはず。ほかに、パキスタンやアフガニスタンなどもみんな平和だった。これらの国々には、大学の先輩たちが、埋蔵文化財の調査に出かけていた。いまも活躍しておられる吉村作治さんはその中のお一人。エジプトは、それらに比べれば恵まれていたのか、研究を続けることが出来たようだ。その他の国々はみな埋蔵文化財の研究などする環境は失われたままだ。

そして、そうなる以前に、日本に運ばれた美術品は守られた。

かつて、このように高度の文明が咲き誇った地域が、なぜ今、無残なことになっているのか…と、悲しく思うが、その紀元前の時代に、シュメールやバビロニアなど、多くの文明に侵略を受けたのも古代メソポタミアだ。
今とは状況が違う…とは言い切れないようだ。

展示される小さな彫刻たちは、4000年前のものでありながら、素晴らしい造形を見せている。

この美術館は、いいことかどうか、いつ来てもとても静かに、ゆっくり観覧することができます。
池袋のサンシャインシティにおいでになる機会があれば、ぜひ訪ねてください。

|

« 東京国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展 | トップページ | 映画「バトルシップ」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代オリエント博物館「古代メソポタミア文明展」:

« 東京国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展 | トップページ | 映画「バトルシップ」 »