« アンコール・ワット 2011/09/28 | トップページ | 伊豆半島・大瀬崎でダイビング »

2011年10月13日 (木)

アンコール・ワット 2011/09/29

9/29(木)
朝は、バイヨンの前でゾウに乗れるらしく、娘が乗りたい乗りたいっていうものだから乗せてもらいました。
000

 

一人$15。バイヨンを一周します。象使いのおじさんは草笛が上手。「さくらさくら」なども演奏してくれます。なんと背中にチップ入れがあります。
0142

 

ゾウに乗れるのは朝の10時まで。ゾウが疲労しないためでしょうか。
見た目気持ちよさそうだけど、すごく揺れる揺れる。娘は平気だけど、僕は椅子につかまってました。
視線が高くて景色がすごく面白いんだけど、とても写真が撮れません。むしろ、観光客から写真を撮られまくってました。

 

プリアカン寺院 0242

 

塀の外壁に大きなガルーダが立っています。
0282

 

0372

 

0492

 

0552

 

建物の外壁には大量に仏像とヒンドゥー教の神々のレリーフが彫られているが仏像の方はほとんどが破壊されている。
0592

 

これは王妃の像
0712

 

ギリシャ風の列柱に支えられた2階建ての建築物もある。
0752

 

ウプサラ(女神)の踊り。上段は仏像が削られています。
0812

 

タソム寺院 0902

 

200年頃の仏教寺院。
大きな顔が4つついた門がいくつもある。
0932

 

1012

 

東メーボン 1112

 

巨大な貯水池・東バライの中、953年に建てられたピラミッド型のヒンドゥー教寺院。
もともとは船を使って訪れるところだった。今は水位が下がって陸続きになってます。
1362

 

1階の4隅にはゾウの石像、4方の階段のところには獅子が立つ。
1232

 

祠堂はそれぞれ煉瓦製。漆喰でレリーフが彫られていたもよう。レンガのレリーフの芯?が見て取れる。
1472

 

火葬と洗骨の施設も残っており、埋葬用の塔もある。ここはある時期葬送施設だった。
1372

 

バンテアイ・クディ バイヨンとほぼ同時代。ヒンドゥー教寺院から仏教寺院に改宗された?
1522

 

このお寺も水中遺跡になってます。(^^)
1642

 

中に16世紀の仏像が祀られている部屋があり、そこでは尼さん?が線香をすすめていた。ぼくは、いまがカンボジアではお盆だということなので仏様に線香をあげて拝んだら、尼さんは私の手首に赤い紐を結んでくれた。ついでに娘にも結んでくれた。
1702

 

1772

 

スラ・スラン バンテアイ・クディの向かい、いくつかの土産物店をはさんで大きな池があります。
1912

 

王の沐浴する池だそう。池っていうには大きすぎる。なんかの水利施設じゃないんだろうか。この大きさに、宗教的な理由があるのだろうか。

 

2022

 

2日ほど前から台風がトンキン湾に近づいているというニュースが流れていて、ベトナムの飛行機が欠航しているといううわさ。正確なところを知りたくて、航空チケットを購入したH.X.Xの現地事務所を訪ねた。
事務所は薄暗くて入り口からは衝立のせいで中が見えない。声をかけてもしばらく返事もない。なんなんだここは?と思っていたところに、ゆっくりと日本人男性が現れた。
「御社で飛行機のチケットを購入したものですが、今日の飛行機の状況を知りたいんです。 今日、ハノイ経由で成田に飛ぶんですが、正常に運行するでしょうか?」と聞いた。返事は
「シェムリアップを立つ便はみな正常に運行しています。ハノイからの便は知りません。」
頭の中で「プチッ」という音が聞こえたけど我慢して
「カンボジアから日本に直行する便は無いから、必ずベトナムとかを経由しますよね。乗り換え便は把握してないということですか?」「ええ」プチプチッ
「調べてもらえないんですか?」「ネットであれば調べてもいいですけど」
なんてところだここわ。日本の企業なのに、この程度のサービスができないなんて。
ガイドさんが後ろでコソコソと
「ここはサポートする気がないみたいだから、XXさんのサポートは私がします。だいじょうぶ。」って言ってる。
「ハノイからの飛行機が欠航してしまったら電話ください」だって。

 

Blue Pumpkin 余った時間をオールドタウンの喫茶店に行こうということになって、ガイドさんに連れていってもらいました。店の2階に上がると全体がメンソールの香りに包まれています。
最初に持ってきてくれたおしぼり?がメンソールの香りで、これで顔を拭くと(^^)も~気持ちいい。
ここのシートの奥行きは1メートル以上あります。当然御行儀よく座ることなんか出来ず、背中のクッションにもたれかかって、ズルッと足を投げ出すことになります。
僕達以外のお客はみんな白人だったけれど、老若男女みんなだらしなく転がっています。でもこれが気持ちよかった。写真がないのは残念。

 

ハノイ行きに搭乗 8時半発ハノイ行きの飛行機に乗るので7時過ぎ空港に到着。…してみると出発時刻が1時間DELAYになってる。これに乗るとハノイ発の成田行きに間に合わない。
ガイドさんが「急いでカウンターに行って!」と言ってる。
「急げば一つ前の便に変えてもらえるから!」
1本前のハノイ行きは30分DELAYでまだ出発していない。
ということで、ガイドさんの言うとおりの展開となり、私たちは1本前のハノイ行きに振り替えることが出来ました。これを報告しようとゲートのところに行こうとすると、ガイドさんの友だちの別の日本語ガイドさんから「早く行って!」ってせき立てられてしまいました。みんなにお世話になっちゃって……
ハノイでの乗り継ぎ便はやっぱり1時間DELAYで、焦らなくても大丈夫だったんだけど、頼りになるガイドさんはありがたい。安心感が違う。
0042

 

このあと現地時間の夜1時過ぎに成田行きベトナム航空機に乗って帰って来ました。

|

« アンコール・ワット 2011/09/28 | トップページ | 伊豆半島・大瀬崎でダイビング »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンコール・ワット 2011/09/29:

« アンコール・ワット 2011/09/28 | トップページ | 伊豆半島・大瀬崎でダイビング »