« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月18日 (日)

清里 清泉寮 2011/09/15-16

9/15(木)
沖縄旅行がとんでしまったんで、1泊で八ヶ岳麓の清里に行って来ました。
宿泊は清泉寮。ネットで予約しました。もう10年以上ぶりです。
朝、5時半に家を出発。八王子インターから中央高速にのり小淵沢でおります。朝8時です。この時間じゃ、どこも開いてません。
いつものように身曾岐神社にお参り。
0052

そこから清泉寮に行きました。
0082

9時を過ぎたので、清泉寮の牧草地の中にあるレストランが営業を始めています。
0102

先に席についているお客さんは1組だけ。
暖房中という表示。たしかに、外よりは室内の方が温かい。
窓の外は、光が降り注ぐ牧場。野の花が咲き、遠くの山々が輝いている。ほんとうに綺麗なところ。
0172

ここで朝食を取りました。パンケーキが美味しかった。
しばらくは景色を見ながらのんびり時間を過ごしました。

10時を過ぎて、そろそろ世の中が動きはじめる時間になり、八ヶ岳リゾートアウトレットに行きました。娘がかばんを買いたいと言っていたから。僕も靴を買いたかったし。(^_^)

車をおりると日差しはきついけどとっても涼しい。やっぱり高原はいい。空気もきれいだし。
私は革靴とスニーカーを買いました。すごく安かった。(^^ゞ
娘はかばんを探しながら、関係ないもの買ってるし、……いつかばん買うのかな。(^_^;)
0292

清里駅前のアジアン雑貨屋さんで、娘の買い物に付き合い、そして昼食へ。
ジャガイモ専門店で、僕はコロッケ定食。美味しかった。味付けは控えめ。おっきなコロッケが2個とサラダ。

この店は、前から行ってみたかった清里現代美術館のそば。
0372

この美術館はとってもユニークな美術館です。入り口で大まかな説明を受け、中に入ります。ほかに客はいません。小部屋がいくつもあって、それぞれでテーマがあります。デュシャンの部屋やヨーゼフ・ボイスの部屋・フルクサスの部屋など。
最後に、他館ではほとんど展示されない(オーナーいわく)芸術家の私信、展覧会資料、サインなど、直接的な展示物が山積みになった部屋があります。ここでは、質問があれば何でも答えてもらえます。
この美術館には、もっと前に来ておけばよかったと思いました。清里のようなリゾート地にある美術館は、オーナーの自己満足のための施設が多く、それほど魅力を感じないのですが、ここはそうじゃありません。そして、これほどの美術館が事業家じゃない個人の力で運営されているということにも驚かされました。

駅近くの「萌木の村」に行き、革細工の店をのぞきたかったけどこの日は閉店。ちょっとお茶してバードショップをのぞく。

清里現代美術館と同じく、前から行きたかった清里フォトアートニュージアムへも行きました。
0432

森の中にある大きな建物。歩いてじゃ行けない山の中にあります。
宿泊施設やレストランなどがあり、若い芸術家を支援する活動もしているという、大規模な施設。
…ですが、宿泊とレストランは数年前に休止していました。学会とか講演会、演奏会などといった活動はいまでも続いているようです。
この日は「グレイト・スピリット:カーティス、サルダール=アフカミ、八木清の写真」という展示をしていました。
土地の精霊とともに生きる北アメリカやモンゴルなどの人々の姿をモノクロの写真にとらえた写真展です。出来ればもう一度来て、ゆっくり見てみたいと思います。10月10日まで。来れるかな?

日が暮れてきたので宿泊先の清泉寮
いつもの正面玄関前に車を停めると、宿泊受付は奥の新館に移ったとのこと。この玄関が好きだったのに…
森の中の道を走り、新館の前の駐車場に車を止めてチェックイン。今回は「じゃらん」のポイントがたまっていて、それを投入したので、宿泊料は激安になってしまった。ただでさえここの宿泊料は高くない(今では)のに、嬉しい。

受付は新しい建物だけど、宿泊したのは別館と呼ばれている(昔は新館だった(^_^) 古い方の宿泊棟です。数十年前、初めて泊まったのと同じ建物です。

クーラーはないのだけど、窓を開ければ涼しい風が入ってきます。
部屋の前の木ではセキレイだろうか、もっと小さい鳥かな?飛び回っていてかわいい。
遠くには南アルプスと富士山。近くには牧場の緑。絶景です。

景色の片隅に新館のコンクリートの建物とその配管、砂利の駐車場など見えて、現実に引き戻されるのが残念です。

夕食は外出、狙っていたお店が休みだったので、というか、ほとんどの飲食店は休みで、営業中の店を探すほうが大変なんですが、昔入ったことのあるパスタの店に入った。

夕食後、清泉寮にもどり、温泉に入りました。
清泉寮の温泉は初体験で、どんなところか楽しみでした。私が入ったときは、他に入浴者はなく貸切でした。掛け流しのお湯は薄茶色に濁っていて、温まります。外にも露天風呂があり、とても気持ちが良かった。天にはたくさんの星が見えています。
ここは、宿泊者専用のため、立ち寄り入浴はできません。

前夜が寝不足だったので、風呂からあがるとすぐに寝てしまいました。

9/16(金)
朝は曇天。時々遠くで、雲間から光の帯が見えます。

朝食はバイキング。あんまり美味しいので腹いっぱい。食べ過ぎてしまいました。

朝食後、「やまねミュージアム」に行き、またもや富士山へ行きます。
途中でまたもいちど八ヶ岳リゾートアウトレット立ち寄り。アウトドア用品店をいくつかのぞいてから八ヶ岳高原道路経由で小淵沢、そして中央高速に乗ります。
走っている時、富士山の頂上近辺だけが雲の上に覗いていたので、御坂峠経由に変更します。ひょっとしたら富士山が見れるかもしれないから。
でも、見えませんでした。(^_^;)

山中湖畔のイタリアンの店で昼食をとり、富士吉田の古~い喫茶店に寄り、忍野八海にちょっと寄って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「サンクタム」

映画「サンクタム」を見てきました。
人が死ぬ死ぬどんどん死ぬ 事故に殺人 死体も次々登場 ショックが大きい。
あー見なきゃよかった。

でも、娘はこの映画を「よかったよかった」といってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

奥多摩温泉 残念

日曜日に、温泉に行ってきました。

もう10年以上行ってない「奥多摩温泉 もえぎの湯」
昔は、駐車場に入るのさえ大変で、人気温泉でした。というか、そのころはまだ奥多摩にも日帰り入浴専門の温泉はまだなくて、ここに人気が集中していたのかもしれません。

そんなわけで、その後、奥多摩にいくつも出来た新しい温泉には頻繁に行っていたものの、「もえぎの湯」には行ってません。

今回、なつかしくて青梅街道から行ってみました。
やっぱり駐車場の入口には待ち行列ができています。でも数分の待ちだけで入れました。駐車場に入ってみてびっくり。最近の温泉とは比べものにならないくらい小さな駐車場。20台くらいかな。止められるのは。

受付で入湯料を払ってすぐに脱衣場に…狭い!…こんなに狭かったっけ?
浴室へ…中も狭かった。カランは8つ位だっけ。待ってる人が5人ぐらいいる。浴槽もやっぱりその程度。
からだを流して露天風呂の方に行くと、数人が浸かっている。気持よさそうな風呂。鬱蒼とした木々の隅っこからは渓谷がのぞける。そこはいい景色。

Ph9.9 強いアルカリ泉。入ると肌がヌルヌルする。温度は高め。わかしてるのかな。
でもなあ、お湯には抜け毛がいっぱい漂っている。汚れかお湯の成分なんだかわからないものがいっぱい浮いてる。ひょっとしたら内湯はきれいかもと思って内湯に行くともっといっぱい浮いてる。

気分が削がれたなぁ。

湯上がりのマッサージを楽しみにしていたんだけど、それもなくなっていた。

あ~残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

あぁ~沖縄旅行がぁ

月曜12日から4泊で沖縄に行くつもりだったんです。休暇も取って…
飛行機も宿もレンタカーも、ダイビングショップもみんな予約して

例によって、すごく安いんだけど、高級ホテルに泊まれるはずだった

金曜日、自分の人事異動の発表があって、水曜日の会議に出席しなければなくなって、……予約を全部キャンセルしました。(;_;)

ん万円もキャンセル料とられた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »