« 映画「SUPER8」 | トップページ | 市原のコンビナート火災で有害物質が発生していたという件 »

2011年7月 7日 (木)

アメリカの経済官僚って

ガイトナー財務長官が辞意を表明し(たかもしれなくて)、
グールズビー大統領経済顧問議長は8月にやめることが決まっている。
ローレンス・サマーズ前国家経済会議委員長は既に政権から姿を消した。
預金保険機構議長シェイラ・ベアーは今週末辞任する。
通貨監督官事務所と連邦住宅金融庁はトップが空席のまま。
米連銀は7人の理事のうち2人が空席。
ガイトナーが辞任すると、オバマ大統領就任時の経済高官が全員いなくなるのだとか。

IMFの茶番劇に目を奪われてるうちにこんなことになっていた。
アメリカ経済が破綻するのは時間の問題?(^_^;)

|

« 映画「SUPER8」 | トップページ | 市原のコンビナート火災で有害物質が発生していたという件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの経済官僚って:

« 映画「SUPER8」 | トップページ | 市原のコンビナート火災で有害物質が発生していたという件 »