« 外から帰ったらすぐシャワー | トップページ | アメリカの経済官僚って »

2011年6月30日 (木)

映画「SUPER8」

月曜日、新潟のお医者さんに通院。また、昼の空き時間に映画館に行った。
映画は「SUPER8」。
主人公は、8ミリカメラを使って映画を撮ろうとする子どもたち6人。撮影を開始した途端に、軍事機密を積んだ貨物列車が脱線転覆するという大事故に遭遇する。
軍は、山火事が発生したと偽り、全住民を避難させて軍事機密に対峙する。そのさなか、見てはいけないことを見てしまった子どもたちは軍からも逃れながら、積荷の秘密を知ろうとする。

「スカイライン」を見たあとの口直しにちょうど良かった。面白い映画でした。
E.T.みたいな心温まるストーリーではなくて、素早い画面展開と迫力が売りですね。Img020


|

« 外から帰ったらすぐシャワー | トップページ | アメリカの経済官僚って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/52085662

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「SUPER8」:

« 外から帰ったらすぐシャワー | トップページ | アメリカの経済官僚って »