« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

東京国立博物館コレクションの 保存と修理

東京国立博物館で「石造彫刻の修理現場へ行こう」という催しがあったので応募しました。抽選で30名。当選しました!
今、本館2階で「東京国立博物館コレクションの 保存と修理」という展示が行われており、それに関連する催しです。この日、医者に行く用事があったのでそのついでで行きました。

僕は、子どもの頃、阪急の特急電車の運転手になることの他、国宝修理所とか京都の美術院とかで、美術品の保存修理を行うことも夢の一つでした。

今、東京国立博物館の東洋館が耐震改造中で休館していますが、その間に館蔵の菩薩立像の臨時修理所が敷地内に設けられ、半年がかりで修理中でした。

像高は等身大ぐらい?だけど顔も手も胴体も大きくてとても等身大には見えない、ごつい石仏です。台座やら光背まで入れれば3メートル近い大きさ。石灰岩だけど一部は熱変性を受け大理石化している部分もあるという、あまり強くない石質。

最近は展示館内に安置されていたものの、屋外に立てられていた期間が長いようで、風化が著しく、材の内部には多くの空洞ができてしまって強度が落ちてもいるらしい。
大変な重量物でもあり、鋼鉄の支持具がなければ自立することさえできない状態です。
過去の地震により像のあらゆるところにヒビが入っており、重心が偏ってきており、この先の地震で転倒しないという保証はもはやない…という判断で、修理にとりかかる決定がなされたそう。

名称が「菩薩立像」……それだけ。 日本国内の所有者から寄託されたものだけど、いつのころか中国から持ってこられたもの。

電磁的な探査を行ない、レーダーで透視し、像の現状を把握した上で、空洞には樹脂を注入し、ステンレス鋼と新素材で強化した上で像の再生を行ったとのこと。
むかしから、美術品の維持管理にはその時代時代の最先端の技術が使われており、それらのお話を聞くために作業所に通った子供時代の気持ちを思い出し、ワクワクしました。

写真撮影は禁止ということで、画像はありません。
東京国立博物館 情報アーカイブで「菩薩立像」を検索しその中の「C0001753」が上記の仏さまです。
以前の東洋館では1Fホールに展示されていた作品だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

江戸東京たてもの園

久しぶりに、「江戸東京たてもの園」に行きました。
0062

今「特別展 武蔵御嶽神社と高尾山薬王院」を開催中。
Scanimage0012

このあいだ、高尾山に登ってきたばっかりなんで行きたくなりました。ホントは、また高尾山に登ろうかと思ったんですが、雪が降ったあとだし、寒いしで日和ってしまいました。

江戸東京たてもの園のある小金井公園に着くと駐車場が満杯。ちょうど公園では「うめまつり」が行われていて、食べ物屋台や陶器市など、いろいろな催しが行われていました。肝心の梅も、盛りにはまだまだですが、きれいに咲きほこっている木もあり、華やかでした。
0012

展示は、いままでに何回か見たものが多く、今ひとつ興味を持てなかったです。

園内の復元建築の家並みが、僕の子どもの頃の景色とだぶって、落ち着きます。なんて、俺も年だな……
0212

以前、ここに来たときは、寒くて雨が降っていて、ずいぶん寂しい印象だったが、今回は、寒いのは同じだけど、子どもたちが元気に走りまわって、楽しそうな明るい街でした。

やっぱり、入園者がいっぱいいなきゃ、こういう野外博物館は寂しくていけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

會津八一記念館

月に一度の新潟です。今回の空いた時間は會津八一記念館へ行きました。
0032

僕の出た大学の美術史学研究室の創設者。
大学時代は、研究室にも、たまり場の喫茶店の床の間にも、奈良の宿にも、至る所に会津八一先生の書が掛けられていました。実際に先生と対面したことはないものの、親近感を持ち続けていました。おまけに所属したサークルの部長(他の大学であれば顧問)は会津先生から直接指導を受けた先生だった。

だからここで、会津先生のたくさんの書を見て、懐かしく感じました。
この日は、「題字の美 八一のブックワールド」という企画展が行われていました。書籍や雑誌の題字を集めた展覧です。
Scanimage0012

私は、実は長いこと書道を習ったんですが、今、書道にはそれほど興味がありません。
でも、会津先生の書は暖かく、なんとも味がありました。

記念館から100mも歩けば日本海。この季節であれば普通の景色がこれ。
Imgp36982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

高尾山

途中、八王子の街を通過するとき、対向車線でマラソン大会をやっていたようだけど、ダウンジャケットを着たモコモコの姿のおじさんおばさんたちが走っているのを見てびっくりした。多分、大会役員が用事で走っていたんだろう。^^;

12時前、京王線の高尾山口駅前駐車場はやっぱり満車だったけど、お寺の駐車場の方はまだ余裕あり。山靴に履き替えいつものようにケーブルカー駅の横から稲荷山コースに。
0042

日曜なのに人出は少ない。そして、山登りの格好をしている人の割合が多い。年配者が多い。外国人は少ない。ミシュランガイドに載る前、山ガールブームやパワースポット騒動の前の雰囲気。寒いからかな?
0082

昔と違うのは山道が格段に整備され、すごく登りやすくなったこと。危ないところやキツイところがなくなっていた。
足元が凍結していたときのためにアイゼンを持っていったけど出番なし。ここ1ヶ月以上雨も雪も降ってないから、凍結はしてないですよね、そりゃ。
0102

まわりの景色は霞んでいて、遠くは見えません。富士山も見えない。

今回は体を壊して以来、初めての高尾山。だけど、山道はマイルドになっていて、きつくはなかったです。筋肉痛にもならなかったし。
0132

山頂では、お店で甘酒いただきながら休憩。ビジターセンターのぞいたら展示替中ということでパス。お寺に向かいます。
以前工事中だった配水用の大きなタンクが完成していました。
0192

高尾山を貫く圏央道を掘っていたときに、この配水設備を着工したようです。さては、地下水脈を断ち切ってしまったんだな?山頂のお寺などの水が枯渇してしまったんじゃないか?もしそうだったら聖地としての命は長くないと思うんだが…

途中の蛸杉にはフェンスが張られて触れなくなっていた。張り紙によると、木が弱ってしまって療養中らしい。触られすぎたんだ。
0382

0262

奥の院・本社・本殿とお参りし、ケーブルの山頂駅近くの展望レストランに寄りました。ここによるのはほぼ20年ぶり。

メニューはラーメンにホットドッグ、コーヒーなど、いくつもない中からラーメンを頼みました。高尾山だったらそば食べたいところだけど、仕方ないです。
0402

0412

景色はとてもいいです。そして、お店はガラガラ のんびり景色を見て過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »