« 新潟県立万代島美術館「ねこ」岩合光昭写真展 | トップページ | 宮古島_2010/12/30 »

2011年1月 4日 (火)

宮古島_2010/12/29

年末年始は沖縄の宮古島に行きました。

 

12月29日 朝6時、多摩センター発のバスに乗り込み、羽田空港へ向かいます。
8時半発の全日空那覇行きに乗り、那覇で宮古島行きに乗り換え。

 

途中、富士山が綺麗でした。が、そのあとはほぼ雲の上で下界は見えませんでした。
0072

 

宮古島着は12時40分。
天候は、雲は多いけど晴れ。
家から着て出た薄いジャケットでは暑くて汗をかきます。気温は20度。

 

空港からはレンタカーで、島の北端の長い橋をわたり池間島へ。
あちこちに花が咲き、空は真っ青。海岸は真っ白。海の美しさにも感激です。
0522

 

1362

 

島を一周し売店で宮古そばを食べました。

 

次に砂山ビーチに。
駐車場から浜に抜ける砂山にはイソヒヨドリがいっぱい。彼らはほとんど飛びません、人が近寄り過ぎると走って逃げます。中には崖をよじ登って茂みに逃げこむものもいます。
イソヒヨドリだけじゃなく、セグロセキレイやキジバトなどもよく見ますが、みんな飛ぶより地面を走って逃げます。なんでだろ。
1122

 

1582

 

彼らはよく道路上で歩いていますが、車を見つけても寸前までは逃げません。ぎりぎりになってから路上を走って逃げます!?
当然というか、路上には交通事故死した野鳥が多く見られます。どうしてだろ。
宮古島の自動車のスピードは著しく遅く、それにもかかわらず、野鳥はひかれてしまいます。

 

ツバメも多く見かけました。彼らは車を見かけるとイルカの波乗りのように、車の前を飛びます。
だけどそのスピードが40キロ/hから50キロ/h。往々にして車のスピードより遅く、危うくツバメに追突しそうになります。
彼らは冬鳥?それとも留鳥?どっちかな。

 

犬やネコでさえ、道の真中で寝転んでいたり、毛づくろいをしています。それも幹線道路で!

 

ひょっとして宮古島の自動車は、これらの事故を避けるためにゆっくり走っているのかも?
この島で見ることは不思議なことばかり。

 

ほかに猛禽類も見ました。サシバでしょうか?

 

夕方には砂山ビーチ近くの「アマルタ」というお店のテラスでお茶にしました。海と、低くなった夕日が見え、海が輝いていました。素晴らしい景色です。
0832

|

« 新潟県立万代島美術館「ねこ」岩合光昭写真展 | トップページ | 宮古島_2010/12/30 »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島_2010/12/29:

« 新潟県立万代島美術館「ねこ」岩合光昭写真展 | トップページ | 宮古島_2010/12/30 »