« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月12日 (日)

新潟県立万代島美術館「ねこ」岩合光昭写真展

11日、初日、朝から新潟県立万代島美術館に行ってきました。
東京でも開催された展覧会ですが、見逃していました。
Img0172

もうたまりません。かわいくて、おおらかな彼らの姿に癒されます。

岩合さんは、猫を愛してるんですね。

ほとんどの写真は、猫の目線より下から撮ってます。
つまり、岩合さんは地面に付きそうなぐらい低いところから猫を撮ってるんです。

ラッキーなことに、11時から岩合さんのギャラリートークがあり、面白いお話がいろいろ聞けました。
質問者から「普通、猫をねらっても彼らは目線をくれないですよね。岩合さんの猫の撮り方にはなにか秘密があるのですか?」「う~、猫が撮ってほしくないときはわかりますよね。警戒感を取り除いてもらうため、カメラを向けている間、ずっと話しかけてますね。『おはよー』から始まって……」
そうなのかぁ。気持ちが通じなきゃ街ですれ違っただけの猫が、こんなに写真撮らしてくれないですよね。モデルさんの撮影と同じだな。
しかし、会話するだけで猫は写真を撮らしてくれるんだろうか?それだけじゃないでしょ…きっと。

ミュージアムショップで写真集買って、岩合さんのサインもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月10日 (金)

多摩動物公園と小平市平櫛田中彫刻美術館

朝の9時半、多摩動物公園に開園時間ちょうどに到着。入り口すぐのウォッチングセンターで朝食にした。頼んだのはコーヒーとホットドックだけなんですけど、売店の用意ができてなかったようで20分ぐらい待つ。ほんとはさっさと食べて、朝一で猫たちを訪ねたかったんだけど、しかたない。

10時。まずはユキヒョウから。2頭の大人が歩き回っています。
見ていたお嬢さん2人が、「あのしっぽ 首に巻いてみたい。ふわふわで気持ちよさそう。」「ほおずりしたい」なんていいながらうっとりしている。
0582

動物園入口のところに、今年生まれたアカンボたちのリストがあり、虎の子が3頭見れるらしいとわかったのでトラ舎へ。いましたいました。かわいい虎の子が。
1頭は天井から下がった綱を相手にじゃれており、他の2頭は棚の上でウトウトしてます。
どちらもかわいい!子どもたちをパシャパシャ写真にとっていると母さんトラに睨まれました。こわい(^_^;)
1382

アジア園からアフリカ園へ向かう途中の切り通しの斜面で地面からバシャバシャと枯葉が跳ね上がっていました。なにかがいるみたい。鶯色…だからきっと野鳥だな。その何ものかに向かってカメラを向け、シャッタースピードを高速にして何回かシャッターを切った。
見たことのある鳥が写ってますね。なんだっけ。
2002

家に帰って日本野鳥の会発行の図鑑を調べてものってません。「なんなんだこいつは」などと騒いでいたら、娘が、娘の図鑑から見つけてくれました。「ガビチョウ」でした。中国産で、日本では「かごぬけどり」だそう。野鳥じゃないんです。特定外来生物でかつ、日本の侵略的外来種ワースト100選定種。悪いやつだ。本人が悪いわけじゃないけどね。多摩川流域や高尾山で多く観察されると。

なんだ、珍しい鳥を見つけたかと思って喜んでたのに。
2662

このあと、ライオンやらチーターやらサーバルの御機嫌伺いをして終了。
園を出て、門前のレストランで昼食。

午後は小平市平櫛田中彫刻美術館へ。
動物園からは30分足らず。案外近い。
3042

だいぶ前から、一度覗いてみたかったんですが、足の便が悪くてこれませんでした。
最寄り駅は西武拝島線の一橋学園駅。普通に生活していたらまったく接点のないところ。(*^_^*)
駅を降りてからもかなり歩きます。美術館は玉川上水に面しています。
3062

住宅街の中にひっそりとたたずむ美術館は、実はかなり大きい建物です。平櫛田中の最後の邸宅が保存され、その敷地内に美術館も建てられています。
Img016

大作から小品までかなり多くの作品が展示されていますが、これらは季節ごとに展示替えされるよう。素晴らしいです。有名な作家ですから、どこかで見たことがあるという作品ばかりです。
落ち着ける美術館です。
これからはときどき訪ねてみたいと思います。喫茶室とかあるともっといいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

印刷博物館

飯田橋の駅から北 江戸川橋方向に歩くと、大きな「TOPPAN」のビル。
このビルの1階と地階に印刷博物館があります。企業内博物館です。
0012

杉田玄白の『解体新書』とその原書、オランダ語訳の『ターヘルアナトミア』が並べて展示されていたり、アメリカ軍の募集ポスターやプジョーの自転車の宣伝ポスターなども展示されている。プジョーって自転車も売ってるんだと思ってたけど、ホントは自転車メーカーとしての歴史のほうが古いんですね。
Img0152

印刷に興味のない人でも十分楽しめる内容です。
なにしろ、見せる工夫が半端じゃありません。
見学者は、明らかにマスコミ関係という感じの人が多いのですが、展示されているモノそれぞれが多岐にわたっているため、いろんな興味範囲の人を捕まえてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

三峯神社と恵林寺

秩父の三峯神社に行った。
多摩を朝の8時に出発。中央高速は遅い車が追越車線を塞ぐなど、いつもどおりではあるものの、渋滞はなく勝沼I.C.到着。秩父方面に北上する。この道は10年ほど前にできた新しい道だそう。どうりでこんな道があること知らなかった。てっきり国分寺から所沢・飯能経由で秩父に行き、そこから西に入っていくという、気が遠くなるような道筋を考えていたので、大助かり。秩父方面の渋滞とも関係なく到着してしまった。道には彩甲斐街道という、変な名前が付いています。いかにもお役所や議員さんが好きそうな名前。
通過した山梨の盆地では、紅葉の盛りが過ぎた頃。武田信玄の菩提寺「恵林寺」の横を通り、長い長い雁坂トンネルを通って埼玉県に入る。神社のあるところは標高1000mぐらい。紅葉は完璧に終わっている。ちょっと期待してたんだけどアウト。先週は紅葉が見れたらしい。
到着は11時。休日でも1日4便しかない西武バスとすれ違い、駐車場に到着。広い駐車場は全然余裕。
駐車場から神社の鳥居はそれほど距離はありません。

この鳥居は三ツ鳥居。大神神社とおなじ…っていってもそちらは見たことないですけど。
0022

次の門は極彩色。両脇に狼が鋭い目で控えています。
0092

0342

有名なパワースポットだから相当の人出を覚悟したけど、混雑はなし。すがすがしい空気が体にしみとおるよう。
快晴だけど遠くの山々は霞んでいます。黄砂かな?
0362

境内に入ると太鼓の連打が始まりました。やった!
太鼓に合わせて、キツツキが樹上で鳴いている。
0152

拝殿も極彩色のにぎやかな建物。日光の東照宮のよう。
手を合わせると、温かい気が流れてきます。
0172

境内には売店と酒屋!!、喫茶店が店を開いています。どれも落ち着いたいい感じのお店。
そして宿坊もあります。中は見なかったけど相当大きな建物です。この日は極真空手の団体さんが合宿をしていたよう。世界中から参加者が集まるということで、売店のおばちゃんも楽しみにしているようす。

最後に「秩父宮記念三峯山博物館」によりました。神社付属の博物館で、幻のニホンオオカミの毛皮や剥製を展示していることで有名です。この日は、他にも各地で保存されてきた毛皮が展示されていたほか、数年前に撮影された、ニホンオオカミではないかと言われている写真も展示されていました。
明治の廃仏毀釈以前の寺院だったころの曼荼羅や仏像などの展示もあります。

参拝の後は門前のお店で山菜そばを食べました。おいしかった。空気がおいしいから、何を食べてもおいしいんだと思う。


帰路は、国道に並行する旧道を通ったりしながら甲州盆地に戻り、往路で通りかかった恵林寺にも参拝しました。
恵林寺は、学生時代以降2・3回来たことがあります。その時は風水を設計の中心にすえた典型的な作例ということで見に来ました。軍事的な側面もあるお寺です。
0742

0682

ここは、まるで京都の禅寺のような佇まいです。瓦葺きではなく、急角度に切り立った屋根は京都にはないものだが、なにか見慣れた姿に見えます。それは内部を拝観させていただいてその理由がわかりました。庭園が天竜寺ととても感じが似ているんです。ここを創建したのは、夢窓疎石。彼はこの10年後に天龍寺を創建しています。天龍寺も、有事には多くの兵を収容した要塞になった寺です。大規模な池泉回遊式庭園からもいくつもの共通点が見て取れます。
で、この日は燃えるような紅葉が庭園のそこここに配されており、非常に派手な姿を見せていました。
0743

門の脇の額に、「心頭滅却すれば火もまた涼し」の文字がかかっています。この言葉は、おやじがにこにこしながらいつも言っていた言葉。なんと、恵林寺が信長に焼き討ちされた際、焼死した快川紹喜の辞世の句だそう。中国の古典から出た言葉だとばかり思ってた。
0552

快川紹喜は、明智光秀と同じ美濃の土岐氏の出身です。後の本能寺の変で、光秀が信長父子を焼き討ちにした背景には、この事件があったと見る人もいるそうです。

帰り際、受付にお線香があったので購入します。
ちょうどお香(線香)を切らしたところだったのでよかった。

お寺を辞してからは大菩薩峠方面経由で甲州街道から多摩周遊道路・五日市街道とたどって帰ります。この日は日曜ですから中央高速が大渋滞になっているに決まってます。そんな中に飛び込んでいくのはやですから。

甲州盆地から大菩薩峠へ上がる道は、以前にも通ったことがあるのですが、全く様子が変わり、きれいな道になっています。山間を縫って走る旧道は舗装を剥がして植樹されています。新しい道は谷と谷の間を高架で右に左に曲がりながら、時にはループになったり、途中の山の稜線を突き抜けたりしながら登っていきます。こんな好き勝手している道、初めて見た。
で、途中から見る富士山が大きくてきれいだった。
0852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »