« '10.サマーホリデーin原村星まつり-2 | トップページ | 京都 8/19(木)南禅寺,晴明神社,御香宮,伏見桃山城 »

2010年8月24日 (火)

京都 8/18(水) 天の橋立 熊にも会った

17日(水)の夜 正確には18日の午前1時に家を出発。

八王子インターから中央高速にのり、京都にむかいました。

今回は京都と言っても、まずは「天の橋立」に行きます。
僕は、京都生まれなのに、天橋立には行ったことがありません。

中央高速から名神高速に乗り、米原ジャンクションで北陸道に乗り換え。敦賀で一般道におります。途中、舞鶴若狭自動車道と綾部宮津道路を経由して宮津へ。
中央高速は、東名高速よりましとはいえ、乗用車の走行ルールは悪い。
ハイビームのまま走り通す車や、追い越し車線から降りようとしない車がいっぱい。追い越しをかけられると一生懸命加速して、抜かされないように頑張る車も多い。

18日朝の9時に橋立に到着。

舞鶴若狭自動車道で、熊の親子が道路を横断しているところに出くわした。('_') 親と2頭の子供たち。さっさと渡らない子供たちに「ほら、車が来たじゃないの、早く渡りなさい」と、こちらを見ながら言っている。かなりあせっているよう。(*_*; 距離は結構遠かったんだけどな。
あとで娘に聞いたら、舞鶴市の山の中は熊の密度がとても高いそう。だから熊が人の前に姿を出すことも多いらしい。

それから30分ぐらいで天橋立に到着。
駅近くには、土産物屋さんが集中しています。その中の駐車場に車を預け、喫茶店へ。
モーニングセットをお願いして、腹ごしらえをする。

お店は、大きなガラス窓から天の橋立と回転橋が真横に見える絶好のロケーション。時々、貨物船や観光船を通すために橋が真ん中の橋脚を支点にして回転する。
この景色は、テレビで見たことがある‥と思ったら、やっぱりそうだった。対談番組などで、お店が何回も使われたそう。センスのいい店だった。
0062

最初は、日本三文殊で有名な「智恩寺」の文殊堂におまいり。
堂内は暗く、ご本尊は厨子の中に安置され、姿は見えない。縁側で昼寝中の年寄り猫と食事中の若い猫にあいさつして次の展望台に向かう。
ここの狛犬はおしりを上げてます。(^-^)
0102

途中の土産物屋さんでレンタサイクルを借り、展望台へのリフト乗り場へ。
0112

股のぞきで有名な展望台です。天の橋立の全体像を把握するには、これが最適。天の橋立まで来ても、橋立のそばにいては状況を理解できません。

橋立を隔てて対岸の「籠神社」へ。
天橋立の全長は2.5キロ。往復歩いたら1時間もかかります。
0272

天橋立に来た理由は、ここにお参りするためです。
伊勢神宮が、今の地に移る前の社地で、今は元伊勢宮と呼ばれています。さすがにきれいに整備されています。というか、駐車場や参道がとても新しかったので、ごく最近整備された感じです。
綺麗な石板を敷き詰められた境内は、遮るもののない強力な照り返しを私たちに浴びせかけています。

こののち福知山市の豊受大神宮へ行こうと思っていたのですが、疲れたのでパス。後日のこととしました。

と、その後すぐに車が故障しました。京都市内に入ってブレーキがガラガラいい始めました。ネットで修理工場を見つけて持ち込むと、ブレーキパッドが限界まで摩耗しているということで即交換とのこと。
数万円の出費ですが、当日夕方までに修理してもらえました。翌日に持ち越さなかったのはラッキー。
でも、豊受大神宮をパスしてはいけなかったのかも。

宿は昔の「都ホテル」。
0042

今の名前は「ウェスティン都ホテル京都」。110年の歴史を誇る京都を代表するホテルです。(^-^)全館改装済みだけど、今も高級感は十分。何でこんなとこに泊まれたかというと、ネットで掘り出しものを見つけたから。
通された部屋の窓は、ホテルの中庭しか見えません。この部屋が安かった理由はこれだと思います。京都の南禅寺や疎水、金戒光明寺など、美しい景色は見えません。
それでも、部屋は素晴らしく、とても満足でした。
0332

|

« '10.サマーホリデーin原村星まつり-2 | トップページ | 京都 8/19(木)南禅寺,晴明神社,御香宮,伏見桃山城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 8/18(水) 天の橋立 熊にも会った:

« '10.サマーホリデーin原村星まつり-2 | トップページ | 京都 8/19(木)南禅寺,晴明神社,御香宮,伏見桃山城 »