« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

祇園祭山鉾巡行

17日、この年になって、山鉾巡行をちゃんと見たことがないので、突然京都に行くことにしました。
私も娘も、別々にだけど、宵山、宵々山は見たことがあるのに、肝心の山鉾巡行をちゃんと見たことがありません。私は生まれも育ちも京都だけど、お祭りの人出があんまりすごいので、ずっと避けて来ました。ところがテレビなどで、「いよいよ祇園祭の季節が……」のコメントが流れるようになって、行ってしまいました。今年の山鉾巡行は土曜だし。
今回、金はないし、暇もないので、行き帰り夜行ハイウェイバスで、0泊1日の日程としました。

2人は、仕事終わりに新宿のスバルビル横の歩道で待ち合わせ、夜11時50分発のバスを待ちます。
昔よく乗ったような、JRバスや私鉄バスではありません。ネットで、京都まで3000円ぐらいのバスを見つけてきて、あとの申し込みなどは娘に任せました。
そしたら、娘は往復ともに倍ほどの値段の切符を予約してきました。「こっちでないと足は伸ばせないし、横向けないから体がおかしくなるよ」…「でも、トイレがあるか確かめなかったな~」なんていってる。トイレが付いてないハイウェイバスなんて、(昔は)見たことないから、私は結構安心していました。
新宿駅前の歩道は大きな荷物をかかえた若者たちで大混雑。その中で、たくさんのバス会社のそれも女性係員が、それぞれに声を張り上げて客を案内している。学生のアルバイトだろうか。みんな若い。

私たちも、申し込んだバス会社の係員に、予約の確認に行った。「え、予約はありませんね…… でも、あちらの係員のところに行って待っていてください。」と……非常に不安な状況になっていた。
結局、申し込んだサンシャインバスは満杯で、違うバス会社に振り替えられていたらしい。ちゃんと京都まで運んでもらえたからよかったけど、自分たちはなんというバス会社のなんという便に振り替えられたのか知らなかった。どうも東南アジアの香りがぷんぷんとする。地球温暖化のせいか??僕ぐらいの年頃の、うるさいおじさんおばさんがほとんど利用していないらしいことも、この流儀が通用する理由かもしれない。

バスはドイツのネオプラン社製の2階バス。JRの使ってるのと同じだ。中古かな?
途中、東名高速の静岡あたりで事故渋滞30キロ、通過に数時間かかるという情報が流れ、乗っていたバスは急遽、御殿場で東名高速を降り、山中湖を通って中央道へと転進した。JRバスだったら、べつの高速道路に乗り換えるなんて大胆なことはしないはず。驚きの対応だ。おかげで、2時間弱ぐらいは延着したものの、山鉾巡行を見逃すということにはならなかった。バスの運転手さんのおかげです。

6時半到着予定のバスは8時過ぎに京都駅八条口に到着。朝から強烈な日差しにひるみながらも、もう時間の余裕はないので、すぐに地下鉄に乗って御池駅へ向かう。
地上に出てみると、まだそれほど人は出ていない。日を遮るもののない路上に有料観覧席が用意されている。御池あたりだと先頭の長刀鉾の通過が11時近いはずなので、席についている人はいない。
0462
私たちは、細い路地などに入り込んで、出発前の山をひやかすことにした。でも、あんまり暑いので六角堂の茶店に上がってお茶をいただき、一息。へそ餅がおいしかった。
0762

いよいよ、鉾の先頭が四条通をまわって河原町通に入る時間になって、もう一度、御池通に戻る。自分の場所を確保しなきゃいけないから……と思ったら、すでに御池通は人がいっぱい。
0862

御池通から各山鉾が南に折れる新町通りに入る。まだ道の脇に立つ余裕がありそうなので、場所を確保した。ここもカンカン照りで暑い。めちゃくちゃ暑い。だから空いてたんだろう。狭い道だから目の前30センチのところを山鉾の大きな車輪が通過するという。楽しみ。

30分ぐらい暑い中を待ちつくした後、遥か遠くから小さな音で祇園囃子が聞こえるようになってきます。10分待っても、姿は見えません。だんだん音量を増し、まわりの人たちが時折「ウォー」というどよめきをあげるのを聞いたのち、ゆっくりと長刀鉾がみえてきます。
0942

鉾の上で演奏されている祇園囃子が、どんどん音量を増し、とうとう目の前、手で触れるところを通過していきます。
1052

1202

1522

鉾が、目の前を通過していくのは、大迫力…大感激としか言いようがない。シルクロード伝来のタピスリーや、お囃子の前で扇子を差し出して指揮をとるおじさんたちととともに、すばらしいながめ。河原町や御池通だったら20~30m先を通過していく姿を見ることになるのだけど、ここ新町通りなら目の前30センチです。たまりません。
2092

2242

ここにいれば、これを30回ほども見ることができるんです。けれど、頭の中も日差しで燃えてしまいそうなんで、半分ぐらいみたところで満足して退散しました。

結局、夜行バスが延着したおかげで四条通や河原町通での観覧を諦めたんだけど、それが良かった。最高でした!なにが、こんな見事に仕組んでくれたのか。

あとでムービー持ってくればよかったと、思いました。カメラに動画機能がついてるけど、写真とりながら動画も撮るということ、実際には出来ないから……反省。

山鉾巡行ののちは、もう暑くて暑くて、何する気力もなく、喫茶店で時間をつぶしていました。
夕方は、京都駅のリフレクソロジーの店で足つぼマッサージを受けることにしました。
娘は体中の痛いところがみんな消えた。さいこ~。って大感激だったが、僕は、ちょうど「太古の水」点滴以来治まっていた肩こりや頭痛それに腰の痛みが全部蘇ってきて、ほんと最低。
このちがいは何?首と頭はほとんど寝違えた時のような状態。肩のあたりの悪かったものが一挙に噴出してきた感じ。足のツボ押しだけでこんなことになるなんて、逆に驚いた。

帰りのバスは、京都駅八条口から夜11時55分発、ウィラーエクスプレスの東京駅丸の内口行きバス。韓国製のバスだった。はじめて。で、これが、トイレなしでした。苦労しました。(*^_^*)シートは大きくて快適。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月 3日 (土)

新しいパソコン

新しいパソコンを買いました。
すごく小さいパソコン。
今まで使ってきているメール機のSONY VAIO U1の後がまです。
Clipboard01_3
これが、いままでの小さなパソコンVAIO U1

今度のパソコンは、横長のディスプレィが特徴のネットブック SONY VAIO Pです。
ちょっと昔、パンツの後ろポケットに入れる広告で有名なやつ…のマイナーチェンジ版。
Clipboard02

ディスプレイが幅広なために、表示内容が異常に小さくならない。IT眼症で、視力がのべつ変動する僕には、融通が効いてOK!

いろんな部品を選択して組み立て出荷してもらう半オーダーメイドのところもおもしろい。数年来の流れだとは思うけど、通信まわりの自由度が大変高い。

今のところは先週BUFFALOが発売した、ポータブルWi-Fiルータを買ってきて、通信環境を電子書籍リーダーと共有しようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞購読打ち切り

新聞をほとんど読まなくなったんで、販売店に購読打ち切りの電話をしました。

「申し訳ありません、XX1丁目の〇〇です。XX新聞の購読をしているものですが、購読打ち切りをお願いしたくて、お電話しました」
と話すと、電話口に出た中年女性は
「え、あ、あ、わかりました。〇〇さんですね。ちょ、ちょっとお待ちください。」
と、めちゃくちゃ焦りながら店長を探しに行った。

しばらく待って、店長が
店「お客さん…あのねぇ、契約期間が10月まで残ってるんですよ。それまで、講読打ち切ることできないんですよ。あと4ヶ月もあるじゃないですかぁ」
と、かなり傲慢な口調。
2年前、転居してきて新聞配達を頼んだときは、ペコペコしていたのに

「うちは、契約してないですよ」
店「そんなわけ無いです、契約は残ってんですよ」
「お宅の配達の人が、深夜早朝「契約お願いします、お願いします」
って、あんまり煩わしいんで、
「どうしても契約が必要なら、お宅から新聞取るのやめる」って言って契約結ぶのを断わったはずですよ。自由に新聞購読をやめられないのも困るし。」
店「じゃあ、おたくにある契約書見せてください」
「だからぁ、うちには契約書あるわけ無いでしょ。お店に契約書があれば探してくださいよ」
店「じゃあ、あした連絡しますから」
「今日打ち切りにしてもらえないなら、XX新聞の本社に連絡して、処理してもらいます」
店「ちょ、ちょっと待ってくださいよ、あした連絡しますから」
店長はここで動揺を隠しきれない。新聞社の販売担当って怖いんだな。販売店にとっては。

「待つ気はありません。契約書あるなら探してください」
怖いおじさん連れて、家族しかいない家に訪ねてこられても困るもん。

それから30分ぐらい後の電話で、
店「いっぱい景品つけて、簡単にやめられちゃ困るんですよ。」
「うち、お宅から何ももらってないけど…」
店「え、そ そうですか?…… 」

店「ちょっとすれ違いがあったようですけど、またよろしく」とのことばで新聞の打ち切りは完了。
なにが「すれちがい」だよ

店長の言い分は、ほとんど口からでまかせのようだ。新聞社の販売部の名前出したのが勝因だったかも。

多摩ニュータウンでは、1件の販売店が、ひとつの地域の朝日・読売・毎日等、すべての新聞の販売を独占する。たまたま住んだところが、悪質な販売店のテリトリーだったら、住民が弱い立場に立たされてしまう。いやなら新聞を購読できなくなってしまう。うちのあたりだけは、読売新聞だけが別の販売店から供給されているので、そちらに逃げるという手はあるけど。
なんでニュータウンでは、販売店だけに有利な形が出来上がってしまったんだろうか?

おかしいのは折込チラシの申し込みの際にも出てくる。個人的に新聞販売店に申し込むと、この販売店の扱う全新聞紙の公称部数分を足し上げた枚数の申し込みしか受け付けない。朝日新聞だけとか××地域のみといった申し込みは受け付けない。こんなことが通用するのも、多摩ニュータウンでは新聞販売店の立場が異常に強いせいだ。

住民としては、新聞社の販売部に話を持っていくとか、大手の折り込み広告会社経由で交渉するとか以外には手はなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »