« お~ 40001ビューだ(*^_^*) | トップページ | 銚子でイルカウォッチング(:_;) 2010-05-01 »

2010年4月29日 (木)

青梅鉄道公園・つるつる温泉

奥多摩に行ってきた。
肩と背中と腰と…が痛くて、温泉に入りたかった。そして、ぎゃっと叫びそうになるマッサージをしてもらおうと思った。

最初、青梅鉄道公園へ。娘が行きたがるわけがないので、わざと近くを通りかかって(^v^)立ち寄る。
0072

小さな公園なので、寄り道してもそんな時間かかるわけじゃない。アイスとジュースでごまかして、その間に写真なんかとって終わり。
公園は親子連れがほとんどで、その子どもたちは男の子ばっかり。家族で来ているはずなのに、奥さんと子どもはほっておかれて、旦那さんだけが公園に並ぶ機関車の姿を見つめ続ける。
0302
さすがに、機関車たちはきれいに保存されている。JR直営だから手のかけ方が違う。
ここのエントランスにも番猫がいた。ずーっと箱の中にいたのだけど、一度だけ箱から出て、僕の前に来てから何ポーズか写真をとらせてくれ、また箱の中に戻っていった。その後は、子どもたちがどんなに呼びかけても眠そうな顔で無反応。
だけど、なんで鉄道公園が山の上にあったんだっけ?徒歩で来たら、すごい山登りになる。

次に、娘が「すいとん」を食べたいと言っていたので数馬の方にある「山小屋」という店に行く。いつも店の前を通りかかるものの、営業時間内に通りかかることがなく、いつも娘が「すいとんのみせだ~」と見つめるだけだった。
この店で、僕はカレーを頼んだ。美味しかったけど、辛いのが苦手な僕にはちょっと辛すぎ。娘は、すいとんをたのみ、とても美味しかったと言っている。

奥多摩周遊道路の上のほうは、桜の花なんて遠い先の話。蕾が固いどころか、落葉樹はすべての葉はなく花もない、まだ冬の景色です。山を下るにつれて3分咲きから満開、そして花吹雪まで味わえます。ただし、車窓から見るだけ。
0352
奥多摩湖の水は透き通ってきれい。いつもは濁った、あまりきれいでない水なのに、なぜだろうか?

温泉は、「生涯青春の湯 つるつる温泉」。名前は、おじいさんおばあさんばかりがいっぱい入っているようでちょっと抵抗ある。('_') 露天風呂は小さくて不満。お湯は内湯も露天風呂も塩素臭のする循環式。でも肌がつるつるというかぬるぬるになるアルカリ泉。いかにも温泉に入っているという気になる。
若い父さんと2 歳ぐらいの子が元気いっぱいお湯を掛け合っているのが微笑ましいけど、えらい迷惑。混んでるのに、親子の周りだけはすいていた。
マッサージは混んでいて予約時間が2時間ほど先になった。湯上りに早い夕食を食べ、時間をつぶす。

案の定、マッサージは、ぎゃ~と叫びたくなるようなパンチの効いたモノだったが、終わってから、さすがだね~と言い合い、ふう~とため息をついた。


|

« お~ 40001ビューだ(*^_^*) | トップページ | 銚子でイルカウォッチング(:_;) 2010-05-01 »

博物館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

奥多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅鉄道公園・つるつる温泉:

« お~ 40001ビューだ(*^_^*) | トップページ | 銚子でイルカウォッチング(:_;) 2010-05-01 »