« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

太地の鯨博物館所属(^。^)のシャチ ナミちゃんが名古屋へ

三重県の太地からお輿入れしたシャチのクーちゃんが名古屋の水族館で死に、空席になっていたその名古屋に、また同じ太地からナミちゃんがでかけるそう。

天然の入り江でのどかに泳いでいたシャチが、コンクリート水槽の中に引越し、サラリーマンのように毎日ショーに出演することになるのがかわいそうでならない。

大海で生活するのが幸せに決まっているとは思うものの、人に囚われているのならば、せめて自然に近い環境で生活させてあげたい。

ナミちゃんは、娘が小学生の時にも、そして大学生になってからも太地で元気に泳ぎ回っていた。娘よりはナミちゃんが年上のはず。

ナミちゃんの名古屋行きが発表された、同じ25日に報じられたアメリカのシャチ殺人事件も、コンクリート水槽に閉じ込められたシャチが、精神的健康を蝕まれて起こしたことではないだろうか。
シャチの幸せな生活を観客も分けてもらうという、そんなことはできないだろうか?太地の博物館はそれができていたと思うのだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

危うく交通事故になるところだった。

青信号のT字路を普通に通過しようとしたとき、目の前にいきなり対向車がUターンして突っ込んできた。
相手の車が目の前に入った時には車間距離数メートル。
前の車は急ターンしたばかりでスピードがのってないが、こちらは50キロのスピード。
次の瞬間には追突するタイミングだった。
そこでブレーキを思いっきり踏んづけたら、減速どころか、車が急停止してしまった。
アクセルを踏んでも発車しない。
急停止しただけで、車が壊れたのかと思ってびっくりした。

後ろの座席においてあったカメラが、シフトレバーのところまで飛んできて、ギヤをニュートラルに叩き込んだためだった。

後続車がいなくて幸運だった。

こちらはキィーーーーと大音響をあげて停止し、発車できずにいるのを見て、突っ込んできたBMWのセダンは再びスピードを上げて走り去る。
あと少し前方に交番があることがわかっているので、警笛を鳴らし続けながら追跡すると、その車はしぶしぶ道の左端に停車した。
交番の手前だった。
私はその車の右側に寄せて停車。
せめて「悪かった」の一言がほしかったところだが、中年手前の太りかけお兄さんが照れ笑いというか微妙な顔をして待っていた。
僕は見ていないが、娘が「頭下げてたよ」というので、何も言わずに車を発車させた。

危なかった。

ABSとシートベルトの恩恵にあずかったのはこれが初めて。
これがなければ事故になっていたかも。
緩いカーブの道だったので、あんなブレーキングじゃタイヤがロックしていたにちがいない。
スピンして歩道に乗りあげるぐらいのことにはなっていただろう。
車の安全装置のありがたさが身にしみた。

ところで、急制動している最中にギヤが抜けて駆動力がなくなったら、ABSはどういう動きをするんだろう?正常に作動するのかな。
エンストしていなきゃ大丈夫だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

府中市郷土の森博物館「調査速報展」・武蔵府中熊野神社古墳

府中市郷土の森博物館では「特別展 発掘!府中の遺跡 国府はいつできたか&調査速報」を実施中です。
Imgp04292

Img0052_2

展示室に入ったら、ちょうど列品解説が始まったところ。ラッキー。博物館に行くといつもこんな具合に、解説が始まる(^。^)。
国府のあった府中市は、埋蔵文化財がいっぱいで、発掘しても発掘しても追いつかない印象。
以前にも列品解説で説明していただいた、府中市内の上円下方墳の発掘が終わり、その後をきれいに整備されて、外から見ることができるとのお話を聞き、あとでそちらの現場を見てみることにする。
この博物館には広大な林が付属している。今は梅祭りが開催中。だけど、寒い!そして、まだ梅はほとんど咲いてません。少しだけ咲いている花の写真を載せておきます。
Imgp04452

Imgp04642

「ヤバイ」なんて名の梅がありました。(^_^;)
Imgp04552

博物館の後、その上円下方墳を見に行きました。
武蔵府中熊野神社古墳といい、名前のとおり、市内の熊野神社の境内にあります。
Imgp04672

近くの東京天文台の構内にも同じ上円下方墳があります。
この神社は甲州街道(国道20号)に面して鳥居があります。
そして、神社の拝殿の背後に巨大な積石の墳丘が見えています。美しい古墳です。飛鳥時代と考えられているそうですが、きれいに整備されすぎてあまり味わいがありません。(^_^;)
Imgp04752

ここから東隣の調布市には白鳳時代の銅造釈迦如来像のある深大寺があり、特別に文化の進んだ地域であるらしいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »