« ふっか~つ (^_^;) | トップページ | 2010年元旦 富士山麓 »

2010年1月26日 (火)

2009年年末 富士山麓

年末は31日から富士山の麓、紅葉台の近くに行っていました。

いつもの道志街道で山中湖に入り、そのまま浅間神社の北口本宮にお参り。境内は静かで、参道では露天商が仕込み中。ゆっくりお参りをしました。
Imgp03382

Imgp03642

その後、鳴沢の道の駅で軽く食事をしました。
年末は高速道路が1000円均一にならなかったせいで、少々混んでいます。車の流れるスピードがかなり遅いです。山中湖から先も渋滞一歩手前という感じで流れています。
高速が1000円でない日は、一般道路も普通に混みますね。

以前、馬に乗りに行った木曽馬牧場の近くの、「パディーフィールド」という牧場に行きました。
Imgp03792
併設のペンションに2泊して、乗馬三昧という計画です。
初日は午後の2時にスタート。馬場で練習30分ののち外乗の予定。
僕は、このブログに書いているように、乗馬経験は1度だけ。近くの紅葉台木曽馬牧場で練習と外乗あわせて40分だけ。
だけど、この日はいきなり速歩の練習をさせられました。いきなり馬のお腹を蹴って、ムチも入れて……は、速い……あぁぁぁ~ 落ちるぅぅ~ 馬場の外周を柵に沿って走らせるんだけど、曲がるたびにもう次のコーナーが迫ってくる。
馬の背中ってものすごくはねるんですね。馬の動きに合わせて、体を上下する方法も指導されるんですが、これがなかなか……
で、30分後には牧場の外に出ました。

馬上からは、梢を飛びかう小鳥たちがよく見えます。ほんとにたくさんの鳥が飛んでます。
そして、道路を渡る時、道を行き交う車の中で、馬を見上げて大騒動している様子が見えます。できれば、馬の横を通りすぎるとき、徐行しすぎないで欲しいな。馬の前に止まってしまわないでほしいな。こちらは進退窮まってしまうから。道を歩く馬を見ると半分ぐらいの車は徐行するし、カメラを向けられたりもする。サービスして手をふったりして……。こちとら乗馬を初めて1時間足らずの新米だぁ……っていっても、先方は知ったこっちゃない。

昔、娘を助手席に乗せて恐怖におとしいれながら車で登った、紅葉台の悪路に入っていく。でも、馬にとっては悪路ではないようで、力強くぐんぐん登っていく。そしてあっさり上の展望台に到着。頂上に雲をかぶった富士山が大迫力で迫っている。素晴らしい景色。
Imgp03402

下りは、馬もかなり慎重に降りていきます。上りの半分くらいのスピード。
前を行く娘の馬に迫りすぎるので、何回も手綱をひいて歩みを止める。すると今度はなかなか歩いてくれない。「くたびれたし、それにこのおじさん下手すぎ~」って思ってるんだろう。ま、しょうがない、ほんとに下手だし、お馬さんには申し訳ないと思ってる。

1時間半の外乗から帰ってきたときは、喉がからから。馬から降りたら足元もふらつく。ずいぶんな運動だった。特に腿の内側と腹筋を相当に酷使したよう。

この日、夕方から体調を壊し、夕食はまともに食べられず、翌日(元日!)も寝たきり。2日には絶不調のまま帰途につくことになった。風邪ひきだぁ。3日間、娘はおもいっきり馬に乗れたことで大満足。エライ違いだ。


|

« ふっか~つ (^_^;) | トップページ | 2010年元旦 富士山麓 »

旅行・地域」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年年末 富士山麓:

« ふっか~つ (^_^;) | トップページ | 2010年元旦 富士山麓 »