« 宙博2009 | トップページ | 多摩動物公園 »

2009年12月 9日 (水)

映画「キャピタリズム」

今までのマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」「シッコ」と、最近の映画はみんな見てます。
どれも、難しい社会の状況をとてもわかりやすく(単純すぎるぐらいに?)映像化して見せてくれました。
Img0032

今回の映画も、それなりに期待していました。「えっ、知らなかった」っていうようなことはあまりなかったのですが、期待通りの映画です。

モラルの無い資本主義、強欲な資本主義が、社会のエリートによって運営され、彼らは天文学的な報酬を得る。社会から絞れるだけ搾り取ったものが勝者となるのが今の社会だ。
経済学を志す学生は、みなこの映画を見て学ばなければいけない。(^_^;)

共産主義社会は官僚の腐敗により事実上消えうせた。そして、残った資本主義社会は決して民主主義社会と同義でないことも明らかになってきた。
最初からわかっていたかもしれないが、資本主義と共産主義がせめぎあっていた時代には、どちらが本当の民主主義の社会であるかを競っていたし、ともに露骨なカネ本位社会は作れなかった。今、敵対者がなくなった資本主義社会では、富裕層と政治家達はやりたい放題。モラル無き資本主義の始まりだ。
資本主義の終わりの始まりかもしれない。

そんな現代を鋭く抉り出したのが、この映画だ。面白いです。
今は東京の日比谷と大阪・梅田の2館だけでしかやってません。来年には拡大ロードショウになるとおもうんだけど。

|

« 宙博2009 | トップページ | 多摩動物公園 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/46980044

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キャピタリズム」:

« 宙博2009 | トップページ | 多摩動物公園 »