« 映画「キャピタリズム」 | トップページ | コンサート »

2009年12月11日 (金)

多摩動物公園

この日の朝11時のガイドウォークのテーマが「アフリカ園のネコ科動物」だというので、間に合うように動物園に向かいました。
動物園の正門前には駐車場がいくつもあり、料金もまちまち。門前の動物園協会の駐車場と京王電鉄の駐車場は1日1200円。その隣は800円。次600円。僕の止めたのは500円の駐車場。動物園からもっと離れればさらに安くなる。でも、気候がよければ午前中早いうちに駐車場は満杯になり、駐車場の空き待ちの車のために、周辺の交通は麻痺してしまう。

この日は透きとおるような青空。
動物園到着は10時30分。あまり時間が無いけど、さきにトラのところへ行って、写真を押さえとかないといけない。午後になって、トラがやる気なくしたら気の抜けた姿しか撮れなくなる…
トラ舎の前に着いてみたら、「シズカちゃんこっち向いて!」「そうそういい子だねぇ、もうちょっとこっち向こうか」って、アイドル撮影会みたい。機材もプロ並みの人が何人も。
トラは若いからか、毛皮がとても美しい。
だるい雰囲気ながらも、カメラ目線の写真も少しは撮れました。
Imgp63022

ガイドウォーク集合まで時間がないので、すぐにアフリカ園のほうに向かう。園内が広いから早足で。
キリンたちの横を通りペリカン池の横へ向かう。そこが集合場所。
今回は、高級一眼レフにドでかい望遠レンズという取り合わせの中年・高年のおじさんおばさんが何人も混じっている。いつもは子ども主体なのに、最近はカメラおじさん、おばさんに中心が移ったよう。
Imgp61752

ライオンバスが走り回るライオン園の横を移動してチーター舎へむかう。なんと赤ん坊が3頭、ぬいぐるみのようなカワイイ姿で檻の中をぱたぱた駆け回っている。檻の前は大渋滞。赤ん坊たちは11時30分に、奥に入ってしまうそうで、今しか見れない。女性たちはキャーキャー言って、大変な騒ぎ。
Imgp61152

Imgp60632

となりのサーバルはケージの中でも、かなり遠くの方にいて、サービス悪し。

次にライオン園のなか、大半のライオンが寝転んでいる姿を橋の上から観察。外に出ているのは16頭。そのうち13頭はただ怠惰に寝転がっている。かと思ったら、メスライオンがオスを誘惑したり、子作りしたりと、なかなかにぎやか。面白くて飽きない。

もう一度チーター舎の前に戻ると、赤ん坊たちがもういない。代わりに3頭の元気いっぱいの青年たちが、運動場の中を飛んだり跳ねたり、縦横無尽に走り回っている。あまりに動きが早くてついていけない。赤ん坊にしても、この青年たちにしても、見ていて楽しくなる。
Imgp62392

次はアフリカ園を出てユキヒョウを見に行った。ここにもかわいい子が1頭いた。母さんと子どもの2頭が小さな運動場の中で転げまわっている。チーターと違って手も足も尻尾も毛がびっしりと生えて、モコモコとした姿がかわいい。
Imgp63902

|

« 映画「キャピタリズム」 | トップページ | コンサート »

動物園」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩動物公園:

« 映画「キャピタリズム」 | トップページ | コンサート »