« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

スウェーデンに自動車メーカーが無くなった?

今月、スウェーデンの自動車メーカー、サーブが中国の北京汽車に売却された。
そして、同じスウェーデンの自動車メーカー、ボルボは同じく中国の吉利汽車に売却された。
スウェーデンはどうなっちゃたんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

片山右京さん 富士山で遭難

18日の片山右京さんほか2名の遭難した事件について、マスコミが数々の映像・記事を流している。
見ていて、悲しくなる。マスコミはなぜ、こんなに類型的なコメントしか流さないのか?

実際には、新聞社等マスコミには登山を愛好する人は多く、登山に対してこんなに無知ではない。

おそらく、読者のもっとも受け入れやすい最大公約数的な、あるいは、報道機関が「読者の教育のために必要」とするコメントを載せようとするのだろう。
「自ら発行する媒体の読者が、あらゆることに対して無知である」と仮定し、発行者が記者に対して、無知な読者に対してふさわしいコメントをすることを要求しているのだろう。

その結果として
「遭難者二人を現地に残し、あなたはひとりで降りてきたが、それについてどう思いますか?」
「無謀にも荒天の富士山に登られたが、それの結果についてどう考えますか?」
などの質問が生まれるのだろう。

登山家は、荒天であったことや、事故が起こったあとの行動については、十分に承知しており、あるいは事前に想定している。命を奪いかねない事態に陥ることも想定の一部である。……言い換えれば命がけの行動なのだ。
そのような場面での、マスコミのデリカシーのない質問攻めは、見ていて無残というほかなく、大変悲しい情景だ。

報道機関が、情報の価値を、あたかも卑小なものであるかのように加工して流布させることは、場合によっては、国の行く末さえも危うくする。しかも、報道に関わる人は、このことを知っている。知っていながら、意図的に利用しようとすることさえある。
日本はあらゆる情報が、政府などの統制を受けずに自由に流せる国だなど、おめでたいことは思わない。
だが、報道機関自ら、情報を歪めようとすることを、腹立たしく思う。

登山家の野口健さんのブログがあります。野口さんのこの問題へのコメントが載っています。ぜひ御覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

「聖地チベット展」と東博「土偶展」

上野の森美術館 2回目(*^_^*) 聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝
Imgp65542

2回目です(*^_^*)
展示はテーマ別になされており、それぞれのテーマごとに年代の古いものや新しいものが混在して展示されています。どうも、長い年代の間に様式がかなり移り変わっているようだけれども、基礎知識のない僕にはよくわからない。私は混乱しました。個人的には、制作年代ごとの、あるいは様式ごとの、あるいは時代背景ごとの展示をしていただきたかったところ。
テーマはチベットの年代ごとに設定されています。そのテーマに合わせて展示物が選ばれています。ただし同じテーマの中での展示物の制作年代は1000年近く幅があり、表現も大きく異なってました。
Tibet001

チラシのデザインが、男女神が抱き合っているものから十一面千手千眼菩薩立像に変わっていました。なんか問題あったのカナ?(^_^)

東京国立博物館 特別展 国宝 土偶展
いつものように博物館のはしご。
Imgp65692

東京国立博物館では、今特別展をやってます。イギリスの大英博物館でやっていた「THE POWER OF DOGU」の里帰り展です。土偶の国宝3点がすべてここに揃っています。
Dogu001

本館1階、ホール奥の大きな展示室ひとつだけで行われています。観覧料は博物館の入館料+200円。
展示物の点数は多くないんですが、ほんとに素晴らしい展覧会でした。土偶を見ているとほんと、癒されます。優しい顔。素朴な姿。じっと見ていても見飽きることがありません。
中には、ヘルメットをかぶってるんじゃないの?とか、宇宙服着てるのかな?とか考えてしまうようなデザインのものがあり、いろいろ想像がふくらみます。
僕のイチオシの展覧会です。

いま東京国立博物館では、東洋館がリニューアル工事中で閉館しています。そのかわり、向かいに建つ表慶館の1階が臨時のミニ東洋館として開館しています。
Imgp65672

言ってみれば、東洋館の名品展といった感じでアジア各地の美術品が展示されています。素晴らしいです。
Imgp65652

こちらは入館する人も少なく、ゆったりと見ることが出来ました。

土偶のガチャポン買ってきました。(*^_^*)エポック社の「埴輪と土偶+土器」というもの。出てきたのは「みみずく土偶」。埼玉県で出土した土偶で、今、会場で見たばかりのものです。(^_^)/
上野の駅前でも、いつものフィギアのガチャポン買いました。こちらは前に買った「ブルータス」。2個目になりました。ただし、前回のは大理石仕上げ(^_^)でしたが、今度は石膏仕上げで、質感は違います。
Imgp02912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

東京パワースポット巡り

フォーラム・ソラの例会で、浅草寺・待乳山聖天・浜離宮・東京タワー下をめぐりました。
引率は小林世征さん。テレビなどでよく出演してられる占い師さん?霊能力者と言った方がいいのかな?

集合場所は雷門の向かいの歩道。ほんとは浅草観光文化センターで待ち合わせのはずが、建物が無くなってしまっていました!取り壊し中だったんです。
Imgp64802

浅草寺・本堂
メンバーが集まり、雷門から混雑する参道を本堂まで歩く。参道では外国人向けの変な土産物がいっぱい。大声の外国語の会話がこれでもか…と耳に入ってくる。
Imgp64702

あらら、巨大な本堂は工事中で龍の絵の幕が張られているの。
Imgp64742

本堂の中、賽銭箱の前はラッシュアワーの通勤電車なみ。そのあたりがパワースポット?といっても僕には感じられません。
この賽銭箱手前上方の天井に龍の絵です。(^_^;) 写真では絵柄を見ることができますが、目で見ても、暗いのでよく見えません。
Imgp64812

次の目的地への途中、東京スカイツリーが見えていました。記念に写真を撮っておきました。
Imgp64862

浅草寺から西方、待乳山聖天(まつちやましょうてん)に向かいました。
お寺の名前は待乳山本龍院。浅草寺の支院だそうです。
Imgp64882

このお寺は、階段に足をかけるとすぐ気が変わるのがわかります。神社の鳥居をくぐった時のような、涼しい風が吹き出すような感じです。
階段を上がってすぐの観音石像「出世観音」の前に立つと、今度は頭がくらくらするような暖かい強い気が来ます。
Imgp65082

本堂は、さらに階段をのぼった上に立っています。まるで神社のような建物です。正面には鰐口が下がっていて、綱を握って鳴らすことができるようにもなっています。
Imgp64922
ご朱印ももらってきました。
Matsutisan002

聖天さんのお参りのあと、隅田川の水上バスに乗って、浜離宮まで参ります。
写真は途中で見えた東京タワー。
Imgp65202

浜離宮は天気はいいものの、前日の雨のせいで足元はぬかるんでいます。散策する人も多く、とくに東京湾に面したベンチに座り、くつろぐ人がたくさんいます。
園内にはいくつもの池があり、ところどころ小山が配されています。その小山の一つがパワースポットだそう。だけど、僕にはよくわかりません。ちゃんと場所を教えていただいたのですけれど。
Imgp65282

そののち、藤棚のところ、藤の木を指さして、ここもパワースポットだと教えられた。強い涼しい気が流れてくる。この木だけじゃなくて、藤棚の下一帯から気が溢れ出している。藤棚全体がパワースポットのようだ。この庭園にはいたるところパワースポットがあるらしい。
美しい日本庭園の背景に電通だとかの高層ビルがボンボンたってるのはとっても違和感があって、面白い?
変かも。
Imgp65252

ここからタクシーに分乗して東京タワーへ。
東京タワーの下、公園に強力なスポットが有るそう。
到着したときはもう日が落ちて暗くなっていました。そこでは、斜面でかつ狭い濡れた道の突き当たりにその場所がある。順番に入れ替わってお参りをします。
これも、僕にはあまり感じられなかった。お酒と卵をお供えする。

これは、となりの(^_^;)増上寺と東京タワー^_^;
Imgp65362

いままで「ここがパワースポットです」なんて案内していただいたことがあまりないので、自分の感じ方が人と比べてどうかということをあまり考えてこなかったんですが、だいぶ個人差があるようですね。

おもしろい遠足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

Climategate事件 史上最悪のスキャンダル?

地球温暖化研究の世界的権威、イギリスのフィリップ・ジョーンズ教授のe-mailや研究データが外部に漏れたことにより、その世界各地の気温観測結果を不正操作して温暖化を演出していたことが発覚した事件。ほとんどニュースにならないのはなぜだろう。
過去の気温データは故意に数字を低くし、1979年以降の気温データは高くすることで近年の急激な温度上昇を作り出したという。
これらのデータが不正なものであったとしたら、南極氷河の温度低下が発表されていることや、上空での温度上昇の事実のないことなどが発表されている今、地球温暖化の事実は無かったことになるかもしれない。

どうなっちゃったの?

ひょっとしてこのニュースは誤報なの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

googleの日本語入力ソフト

googleの日本語入力ソフトのβ版がリリースされたというのでとってきました。
なかなかいいです。仕事では作家とかの名前を打つことが多いのですが、普通はこれがなかなか厄介です。ところがこのソフトを使うと、かなで入力し終わらないうちから候補として下に表示されてきます。めちゃくちゃ楽。固有名詞が楽。WEBで使用されている固有名詞を収集して頻繁に辞書を更新しているらしいので、最近頻出する有名人の名前などは、御得意らしい。
でも、顔文字がない事だけが不満。ぜひ追加して下さい。

昔、こういうソフトのこと日本語入力フロントエンドプロセッサー(FEP)と言ったと思うけど、今は違うのかな。

WindowsUpdateしたら、勝手にMSのIMEに戻されていた。せこい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

コンサート

会社の先輩から切符をいただいて、クラシックのコンサートに行ってきました。場所は地元のパルテノン多摩 大ホール。
新日本フィルハーモニーの多摩定期演奏会 小澤征爾指揮、ベートーヴェンP協1番ハ長調作品15 と ブルックナー交響曲3番ニ短調。
Ozawa001

お客さんの年齢が高かった。だいたい60歳代以上。
みなさんあまり格好は気にしてられないようす。むかしは、女性はドレスアップし、男性も最低スーツにネクタイ、あるいはハイネックのセーターあたりが普通でしたけど、この日はジャンパーにセーターといった格好が普通。ネクタイでもしめていれば上出来という感じ。どこでもそうですけど、女性も地味な色彩の洋服ばかりで華やかさはなかった。
小澤征治さんもだいぶ年を取られた。通常、指揮台につけられたパイプ製の手すりにもたれかかったまま指揮をされるが、力強い部分では立ち上がり指揮をされる。
私は、ブルックナーの交響曲3番というのは聞いた事ないかもしれません。
しかし、たいへんな迫力に圧倒されました。指揮者の手の動きにつれて音の塊がステージ上を右から左、正面から奥へと動いていくことが感じられるという、はじめての経験もさせていただいた。音の塊が、ブワンとステージから飛んできて圧倒されるのです。小澤征爾さんという指揮者は、体力はずいぶん衰えられたようですが、大変な力をもった指揮者であることが、私ごときにも強く感じることができました。
昔は、全員弓の先まで統一された動きで演奏をしていたバイオリン奏者も、それぞれにダイナミックな動きで演奏をします。
まろやかな大きな音。まるでウィーンフィルのような、ヨーロッパのオーケストラのような音です。
ほんとに素晴らしい演奏会でした。

先輩、ほんとにありがとうございました。
このチケット、1枚1万5千円ぐらいするんですよ(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩動物公園

この日の朝11時のガイドウォークのテーマが「アフリカ園のネコ科動物」だというので、間に合うように動物園に向かいました。
動物園の正門前には駐車場がいくつもあり、料金もまちまち。門前の動物園協会の駐車場と京王電鉄の駐車場は1日1200円。その隣は800円。次600円。僕の止めたのは500円の駐車場。動物園からもっと離れればさらに安くなる。でも、気候がよければ午前中早いうちに駐車場は満杯になり、駐車場の空き待ちの車のために、周辺の交通は麻痺してしまう。

この日は透きとおるような青空。
動物園到着は10時30分。あまり時間が無いけど、さきにトラのところへ行って、写真を押さえとかないといけない。午後になって、トラがやる気なくしたら気の抜けた姿しか撮れなくなる…
トラ舎の前に着いてみたら、「シズカちゃんこっち向いて!」「そうそういい子だねぇ、もうちょっとこっち向こうか」って、アイドル撮影会みたい。機材もプロ並みの人が何人も。
トラは若いからか、毛皮がとても美しい。
だるい雰囲気ながらも、カメラ目線の写真も少しは撮れました。
Imgp63022

ガイドウォーク集合まで時間がないので、すぐにアフリカ園のほうに向かう。園内が広いから早足で。
キリンたちの横を通りペリカン池の横へ向かう。そこが集合場所。
今回は、高級一眼レフにドでかい望遠レンズという取り合わせの中年・高年のおじさんおばさんが何人も混じっている。いつもは子ども主体なのに、最近はカメラおじさん、おばさんに中心が移ったよう。
Imgp61752

ライオンバスが走り回るライオン園の横を移動してチーター舎へむかう。なんと赤ん坊が3頭、ぬいぐるみのようなカワイイ姿で檻の中をぱたぱた駆け回っている。檻の前は大渋滞。赤ん坊たちは11時30分に、奥に入ってしまうそうで、今しか見れない。女性たちはキャーキャー言って、大変な騒ぎ。
Imgp61152

Imgp60632

となりのサーバルはケージの中でも、かなり遠くの方にいて、サービス悪し。

次にライオン園のなか、大半のライオンが寝転んでいる姿を橋の上から観察。外に出ているのは16頭。そのうち13頭はただ怠惰に寝転がっている。かと思ったら、メスライオンがオスを誘惑したり、子作りしたりと、なかなかにぎやか。面白くて飽きない。

もう一度チーター舎の前に戻ると、赤ん坊たちがもういない。代わりに3頭の元気いっぱいの青年たちが、運動場の中を飛んだり跳ねたり、縦横無尽に走り回っている。あまりに動きが早くてついていけない。赤ん坊にしても、この青年たちにしても、見ていて楽しくなる。
Imgp62392

次はアフリカ園を出てユキヒョウを見に行った。ここにもかわいい子が1頭いた。母さんと子どもの2頭が小さな運動場の中で転げまわっている。チーターと違って手も足も尻尾も毛がびっしりと生えて、モコモコとした姿がかわいい。
Imgp63902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

映画「キャピタリズム」

今までのマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」「シッコ」と、最近の映画はみんな見てます。
どれも、難しい社会の状況をとてもわかりやすく(単純すぎるぐらいに?)映像化して見せてくれました。
Img0032

今回の映画も、それなりに期待していました。「えっ、知らなかった」っていうようなことはあまりなかったのですが、期待通りの映画です。

モラルの無い資本主義、強欲な資本主義が、社会のエリートによって運営され、彼らは天文学的な報酬を得る。社会から絞れるだけ搾り取ったものが勝者となるのが今の社会だ。
経済学を志す学生は、みなこの映画を見て学ばなければいけない。(^_^;)

共産主義社会は官僚の腐敗により事実上消えうせた。そして、残った資本主義社会は決して民主主義社会と同義でないことも明らかになってきた。
最初からわかっていたかもしれないが、資本主義と共産主義がせめぎあっていた時代には、どちらが本当の民主主義の社会であるかを競っていたし、ともに露骨なカネ本位社会は作れなかった。今、敵対者がなくなった資本主義社会では、富裕層と政治家達はやりたい放題。モラル無き資本主義の始まりだ。
資本主義の終わりの始まりかもしれない。

そんな現代を鋭く抉り出したのが、この映画だ。面白いです。
今は東京の日比谷と大阪・梅田の2館だけでしかやってません。来年には拡大ロードショウになるとおもうんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

宙博2009

Imgp60222

Sorahaku001

土曜日、「宙博2009」へ行ってきました。招待券をもらっていたし、宇宙関係の催しなので、気になっていました。
会期は、一般向けは5日(土)6日(金)の二日間だけ。有楽町の東京国際フォーラムです。

主催は「宙博実行委員会」ですが、後援がすごい。これが実質主催者でしょう。
自然科学研究機構「国立天文台」、「宇宙航空研究開発機構」、「科学技術振興機構」、「高エネルギー加速器研究機構」、「東京大学数物連携宇宙研究機構」、「日本航空宇宙工業会」等々
なんか、危機意識丸出し。科学教育の危機、子どもたちの理科離れ、政府の事業見直しなど、日本の科学研究の将来を危ぶむような状況が目白押し。このままほってはおけないってことでしょう。

Imgp59952

会場はむちゃくちゃ混んでました。主催者は観覧者を集めるために、かなり努力をされていたようですが、そのかいがあったということでしょう。

Imgp60102

レクチャーコーナーでは、的川泰宣教授の子供むけ講座が行われており、ほかには、「星座早見盤をつくろう」とか、「宇宙服を着てみよう」など、子どもたちの夢をそのまま叶えてくれる催しがいっぱいで、さすがに力が入っています。

Imgp60172

JAXAの施設一般公開などの際に見られる、現在進行中の研究開発ポスターセッションなども再現されており、若い男女の研究員たちがたくさん控えており、どんな質問でも答えてくれるようになっていました。
子どもたちの理科離れという言葉が信じられないほどの熱気で、この会場だけ見ていれば、日本の科学技術の未来は明るいな…と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

映画「イングロリアス・バスターズ」

映画「イングロリアス・バスターズ」見てきました。
面白いんだけど、どぎついんだ これが
ナチス占領下のフランスでのお話。戦争物かというとぜんぜん違う。
グロっていうんじゃないけど……グロいの好きな人にはど~ってこと無いと思うけど、僕には刺激が強かった。
監督がクエンティン・タランティーノだから、最初からそんなことわかってるようなもんだけど、見に行ってしまったんです。
面白いんですよ、たしかに。でも、もうおなかいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »