« SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 | トップページ | 国立歴史民俗博物館 »

2009年10月 1日 (木)

上野の森美術館「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」

いろいろ紛争を抱えた微妙な地域の微妙な展覧会。どのような立場での展覧会なのか…と、興味本位で行ってみました。チベット仏教への関心もあったんですけど。
Tibet001

政治的、あるいは思想的な面で抱えている問題は、展示の中では何もうかがえませんでした。中国の領土の中には、このようにチベット仏教の聖地があり、平和に栄えていますよ……と内外にPRしているのだなと。理解しました。
展示物はそれほど多くないのですが、普段、あまり触れることなかったチベット仏教の彫刻にはとても興味を惹かれました。中国風のものも混在しており、面白そうでした。
冷戦時代の展覧会と違い、政治的なプロパガンダがほとんどないのも意外でした。
ほんとは、チベット、特にラサには昔から行ってみたかったのですが、いまはとても行ける状況ではありません。そんな中で、なんで展覧会が開かれたのでしょう?そして、なんでフジ・サンケイグループの美術館で開かれるのでしょう?
世の中わからないことだらけ。

展示された、いくつもの男女の抱き合った仏像には、目をまん丸にしてかたまっている若い女性が何人もいて面白かったです。なにしろ、どこまでも(*^_^*)リアルに表現されているのだから……!!

日本では、こういう教義は弾圧されて表からは消えてしまっていますから、ふつうはびっくりしますよね。若いお坊さんは、これで平常心を保てるんでしょうか?それとも、悟りに到達する原動力として突き進むのでしょうか?(^_^;)
中国では、これがNGではないのですね?
現代社会での常識を宗教の教義にあてはめて考えること自体が間違っていますけど、このような芸術を外に出してくることで、今の中国はチベット仏教にいかに寛容かを見せようとしているのでしょうね。

**
つい最近、西洋美術館横の売店でガチャガチャの胸像を買ってくるのが習慣になりつつあるのですが、きょうはマルスでした。前回はおじさん。今回は若者。
Imgp56232

損保ジャパン東郷青児美術館「ベルギー近代絵画のあゆみ」
Imgp55942

新宿駅西口の損保ジャパン本社ビル42F 大きな窓から見下ろす景色がきれいです。新宿御苑や神宮外苑が目の下に広がっています。
Imgp55982

展覧会はベルギー王立美術館所蔵作品の展覧会です。展示作品はむしろフランス絵画のほうが多いようで、展覧会の名称は、ちょっと違うんじゃない?という感じです。私はベルギー絵画を期待して行きましたから。

この展示は、時代時代のフランス絵画とベルギーの絵画の相関を展示であらわそうとされているのですね。印象派とその周辺のフランス絵画がすばらしいです。

|

« SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 | トップページ | 国立歴史民俗博物館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野の森美術館「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」:

« SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 | トップページ | 国立歴史民俗博物館 »