« SW.お伊勢参り-2 2009/09/21 | トップページ | SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 »

2009年9月27日 (日)

SW.お伊勢参り-3 2009/09/21

月夜見宮(外宮別宮)
外宮からは数分の距離。道のコインパーキングに車をとめてお参り。
鳥居をくぐったところの感じが、沖縄の御嶽とすごく似ている。
Imgp53232

いずれのお宮も、表の鳥居を入ったところから何回か屈曲して社殿にいたる。そして、うっそうとした森の中に社殿が建てられている。
御嶽には社殿が無いが、神域とされる場所の雰囲気が同じ気がする。
Imgp53272

失礼しようとした際に、ご朱印をもらう人が宿衛屋(普通、社務所って言うところを伊勢神宮の別宮はこう呼んでいる?)に行列を作っている。ぼくも並んだ。

次は半分ほど内宮に近づきます。目的地は倭姫宮。

神宮美術館
Imgp53502

受付の女性がかわいい美人さんで「いらっしゃいませ」といわれてドキッ。「農業館と徴古館もまわれる共通券がありますけれど、どうなさいますか?」と聞かれて「それお願いします」と即答(^_^;)
この日は「神宮奉納美術 心とかたちⅤ」という展覧会でした。
展示品は、誰でも知ってる大御所画家の作品がこれでもかというぐらいに並んでいます。有名作家の作品が1人1点ずつ展示されています。これらはほとんどが作家自身からの奉納だそうです。(一部、作家の親族や関係者からの奉納もあるそう)
無料でいただける図録には、その展示物と画家の略歴・肖像写真が掲載されており、これだけでも値打です。

神宮農業館
Imgp53302

木造のきれいな建物です。建物自体が文化財です。
古来からの農業、林業などを解説する展示が中心です。私には、昔の科学博物館を保存した博物館っていう感じを受けました。

神宮徴古館
Imgp5338

神宮の行事で使われる装束や神宝など、そして行事を表現した模型、絵巻物など、太古から綿々と伝えられてきた行事の保存を目的としているように見えました。建物は、京都や奈良の国立博物館の建物と似た感じ。と、思ったらやっぱり片山東熊の設計だそうです。迎賓館などの設計もこの人ですね。
でも第二次大戦の末期に全焼して、現在のものはそれを復旧したものだそうです。

倭姫宮(内宮別宮)
Imgp53432

倭姫は神宮創建の功神とか。
こじんまりとした、優しい感じのお宮です。癒される感じがあります。

さらに内宮に近づきます。

猿田彦神社
内宮のすぐそばにありますが、伊勢神宮の別宮ではありません。珍しいきれいな建物です。親しみやすい雰囲気です。猿田彦を祀る総本社という説もあるそう。
Imgp53622_2

Imgp53642_3

このあたりは内宮から数百メートルくらいの距離です。あたりはピクリとも動かないような渋滞です。内宮に行くのは翌日早朝にします。

月読宮(内宮別宮)
 月読宮
 月読荒御魂宮
 伊佐奈岐宮
 伊佐奈弥宮

Imgp53662

先に外宮の別宮の月夜見宮に参りましたが、今度は字が違う月読宮。内宮の別宮です。
町の中でありながら深い森の中です。同じ敷地に4つの宮が祀られています。
4つの社殿が並ぶさまは、美しいものがあります。
Imgp53762

内宮域内をのぞいて、お参りしていない別宮は遠方にしかありません。
まずは、瀧原宮へまいります。所在地は度会郡大紀町というところ。大台ICの近く。(高速道路は使ってませんよ) 伊勢の町からは数十キロ山の中に入っていきます。

瀧原宮(内宮別宮)
 瀧原竝宮
Imgp53852

門前に車を置かせていただき、山の中の参道を何分か歩くと、大木に覆われた社殿があります。静かです。
建物などは同じながら、山の中に分け入り、自然の中に立地するお宮。雰囲気がかなり違います。これまでが都会的な清浄な雰囲気をたたえるお宮だったのに対して、古くからある神社の感じがします。
Imgp53902

ここから伊勢に戻りさらに数十キロ南下します。、賢島の方角です。伊雑宮にまいります。

伊雑宮(内宮別宮)
こちらは、民家の立ち並ぶ街の中に在ります。
Imgp54012_2

到着したのは夕方の6時。駐車場を見てまわっておられた衛士に、「まだお参りできますか?」と聞き「大丈夫ですよ」とのことだったので、お参りしました。
街中とはいえ、境内は木々が生い茂っているので、薄暗くなっています。
Imgp54072

ここは、伊勢神宮の別宮でありながら志摩の国の一宮でもあるとか。漁師や海女さんはここのお守りを身につけて漁に出かけるそうです。
雰囲気は瀧原宮と近いものがあります。

この日はこれで終わりにします。6時すぎたら、もうお参りをする時間じゃありませんから。
この日のねぐらへ向かいます。例によってコンビニで夜と翌日朝の食料・飲み物を調達します。

目指すところは、道の駅「伊勢志摩」
一大観光地、賢島すぐ近くです。
国道からは山の中に入っていったところにあります。ここに到着したときには、すでにお店もレストランも営業は終了していました。あとはトイレと飲み物の自動販売機があるだけ。山あいの広い駐車場です。車は5台ぐらい止まっています。うち1台は例によってキャンピングカー。
車の中で猫といっしょに食事をして、ガイドブックを見て明日の計画を確認したり、テレビを見たりして時間をつぶします。
がらんとしていた駐車場は、深夜の時間帯になるとどんどん車が入ってきます。トイレも大賑わい。このころは豪雨になっていますが、外に出てみてみると、100台を超える車が止まっています。駐車場からあぶれて周辺の道にも車が止まっています。そのほとんど全部が1BOXカーとキャンピングカー。みんな今夜一晩宿泊のための駐車です。今では、道の駅に泊まるというのはごく普通のことなんだということがわかりました。キャンピングカー欲しいな。

|

« SW.お伊勢参り-2 2009/09/21 | トップページ | SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SW.お伊勢参り-3 2009/09/21:

« SW.お伊勢参り-2 2009/09/21 | トップページ | SW.お伊勢参り-4 2009/09/22 »