« 離婚記念日 | トップページ | 黄金の都 シカン展 国立科学博物館 »

2009年9月17日 (木)

越後湯沢

会社の互助会の旅行に行ってきました。行き先は越後湯沢。
金曜日の業務終了後、上越新幹線にのって出発しました。

宿は豪華。自分では絶対に来ないような高そうな宿。部屋にはそれぞれ小さな庭があり、ベランダの隣に展望風呂まで
宴会で出てきた料理は何もかもおいしい。品数も多い。きっと1~2キロは太ったに違いない。女性はみんな食べきれずに料理を残している。
このとき行われたゲームやクイズなど、全部賞品をいただいてしまった!冴えてるぞ。
宴会の後、風呂に入った。きれいな大きな風呂。夜景の見える露天風呂もある。でも、温泉臭とか、肌のすべすべ感とかは特になし。町も蒸気が噴出していたり、硫黄臭がしたりということはなし。ちょっと物足りない。風呂をあがって体重計に乗ったら、2キロ増えてた!

翌日は湯沢高原ロープウェイに乗って、「アルプの里」という冬はスキー場になる山の中腹まで上りました。ゴンドラは166人乗りという大きなもの。定員は並みの電車より1割増し。大きい。ゴンドラの横っ腹は西武グループの青赤緑の三色ストライプ。この3色はどこに行っても見かけますね。
Imgp5035

強風のため(~_~;)20分間隔のダイヤが30分間隔に変更されていました。途中の支柱を通過するところでグワンと揺れるのが迫力満点というかスリル満点。終点は標高800メートルくらいの高原です。景色がきれいでした。湯沢の町並みが見下ろせます。でも寒かった。
高原ではサマーボブスレー、ゴーカートなど、いろいろ乗り物があるみたいだけど、このときは強風のせいですべてキャンセルになっていた。
Imgp5032

ここまで来るのなら、谷川岳の登り口ぐらいまでは行ってみたいのだが、天気予報は雨。当日は低く雨雲がたれこめて、行っても何も見えないと思いあきらめた。

「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館
Imgp50662
みんなが駅の商店街で、みやげ物をあさってる間に「雪国館」にいってきました。湯沢の歴史民俗資料館です。
考古遺物の展示などもあるんですが、縄文時代の土器と室町時代の陶器が一緒のケースに並べてあるなど、すごくおおざっぱ。登山や自然関係の展示を期待したが、ごくわずか。
メインは川端康成「雪国」関連。特に駒子関係の考察・展示が充実しています。川端ファンなら楽しめるかも。

それにしても、JR東日本のマックスXXという新幹線は最低!
Imgp50852_2
私たちは行きも帰りも2階建ての新幹線の下の席でした。そうすると、線路の横の防音壁のため、景色がまったく見えないんです。旅の楽しみの中で、車窓から見える地方地方の姿は非常に大きな部分を占めるのだが、それがまったくできない。
Imgp5090

まぁ、業務のため出張っていうんだったらかまわないかもしれないけど、そうでなければ絶対に乗りたくない。

|

« 離婚記念日 | トップページ | 黄金の都 シカン展 国立科学博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越後湯沢:

« 離婚記念日 | トップページ | 黄金の都 シカン展 国立科学博物館 »