« 8/19(水)富士山に登りました | トップページ | 8/20(木)富士山2日目 »

2009年8月24日 (月)

8/19(水)富士山-2 七合目~本八合

7合目到着は9時半。所要時間165分。5合目からの標準タイムは大体120分なので、今の僕としてはマアマア。それほどひどくはないです。

7合目を過ぎると、空気もさわやかになり気持ちも軽くなります。
少し歩けば次の山小屋に差し掛かり、小屋の前のベンチで一休み……をくり返せば、少しずつ頂上に近づいていきます。
昔、もっと元気なときは大抵の山小屋はパスして時間の短縮を心がけていたんですけど、今はそんなこと考えません。前半がんばりすぎれば、あとでつけを払わされます。
Imgp4854

さいわい、五合目で6時間を過ごした今回は、高度馴化がうまくいった様で、頭痛などの高山病の症状は出ていません。私は今まで、大なり小なり高山病を抱えながら富士山に登っていたので、大成功です。

今回も太陽の周りには虹が出ています。(写真じゃ良くわからないですね)副虹はないですけど。
Imgp4855

ところが、七合目から八合目までは標準時間100分のところを14時着だったので所要270分。ずいぶん落ちてきました。もう、山小屋があるところは全部ベンチに座って休憩していきます。それにつづらおりの道の曲がり角曲がり角でも全部一休みしていきます。そりゃ時間はかかります。でも、歩いてる間、どんどん抜いていく人もいる反面、ほとんど同じペースで歩く人たちもたくさんいるんです。登り始めてから、何時間たっても私の近くを歩いてる人たちが…。無理しちゃいけない!(*^_^*)

たしかに、ペースが落ちてきたんだけど、道の勾配はどんどん急になって行きます。腕時計の高度計をずっとチェックしながら登っているんですが、七合目以降は少しの時間でどんどん高度が上がります。最初は100メートル歩いて高度10メートルほどあがっていたんですが、最後のほうは20メートル歩くと高度10メートルも上がります。とんでもない急坂です。

おまけに、空気薄いから異様に疲れるし。

以前はいつでも戦闘服姿のアメリカ海兵隊とか自衛隊の隊員が隊列作って歌をうたいながらザッザッと足をそろえて登っていく姿が見られたけれど、今回はまったく見られませんでした。
海兵隊はそれぞれの分隊ごとに通信兵も看護兵もいて、きれいな看護兵が迷子になってパニクッている姿も見ました。(^_^;)

上のほうでは東洋館は新築されてきれいになっていたし、店の前が狭い通路じゃなくて、広場になっているところもいくつかありました。なによりびっくりしたのは、山小屋すべてのトイレが有料トイレとして自由に使えること。そしてそれがきれいなこと。
昔はめちゃくちゃ汚かったもんなぁ。(*^_^*)
世界遺産申請の影響でしょうか?大量の溶けたちり紙が積み上がっていることもなく、汚物の山も見ることはありませんでした。

だいたい16時半ごろ、毎回登頂するたびに荷物を預ける本八合の富士山ホテルにさしかかりました。ご主人に、宿の混み方やら天候を聞いているうちに、この日はここで宿泊することに決めてしまいました。
一度は、荷物を置いて身軽になってから登頂しようとしたのですが、泊まるところを決めたとたん力が抜けてしまって、5時には早々と夕食にし、布団にもぐりこみました。
結局食事はこの日の夕食のカレーのみ、しかも半分は残してしまいました。食欲はほとんどなし。

結局この日は9時間45分。

宿にはこのあと午前2時ぐらいまで続々登山者が到着し続け、逆に0時ぐらいから順次出発していき、2時にはほぼ出払います。この間にぎやかでごった返しています。私は、夜の0時ぐらいから頭痛に悩まされ、とうとう高山病かと思ったのですが、宿の外に出ると頭痛がすっきり治ります。宿泊室が過密で二酸化炭素濃度が高すぎたようです。(それとも山の空気濃度が低すぎたのか?)
そして、となりはレスラーみたいな大きな男性だったため、彼が寝返り打つたびに押しつぶされそうになっていましたから、睡眠は細切れでしたが、朝5時前に宿を出た際には、寝不足の感じはありませんでした。

|

« 8/19(水)富士山に登りました | トップページ | 8/20(木)富士山2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/19(水)富士山-2 七合目~本八合:

« 8/19(水)富士山に登りました | トップページ | 8/20(木)富士山2日目 »