« 四国旅行4日目(桂浜~宇佐) | トップページ | 富士山周遊(6/14)-1 »

2009年6月17日 (水)

富士山周遊(6/13)

朝7時ごろ家を出発し、道志川渓谷経由全線一般道で山中湖に入る。自宅から1時間半で到着。これならたぶん高速道路経由より早い。高速道路は大渋滞してるはずだから。
うすく霞がかかっており、山は白っぽく見えている。
Imgp4419

いつもなら河口湖に行くところを、今回は表富士の富士宮口五合目に向かった。
吉田口と違って、人は多くない。唯一ある売店をのぞくと、外人好み?の変なお土産がいっぱい。舞妓さんと富士山と東京タワーと鹿が描いてある湯飲みとか。
多分、すばらしい景色の見えるはずのテラスも、いまは近くの緑が見えるだけ。下界はぜんぜん見えない。上空は晴れ。お山も良く見えている。
Imgp44242

浅間大社富士山本宮
五合目から、まだ行ったことのない富士宮の浅間神社に向かう。富士山に上がるときはいつも吉田口の浅間大社北口本宮におまいりをする。でも、頂上をへだてて反対側にある富士宮の浅間神社には行ったことがない。
大きな神社だ。この日は境内には大人に連れられた子どもが多く走り回っている。
Imgp44442

Imgp44472

驚いたことに、おまいりに来ている大人はほとんどが手にカメラを持っていて、みんな記念写真を撮りまくっている。門前の階段の上でポーズ。門を入ったところでポーズ。賽銭箱の前でもポーズ。……それが一人や二人じゃない。拝殿の前では記念写真の順番待ちをしていていつまでもお参りできない。一組一組の記念撮影が異常に長くてうんざり。お参りの人数はたいしたことないんですよ。ほかの人も辛抱強く待っているところをみると拝殿の前に進み出ることが出来ない。
異文化の地に来てしまったよう。

やきそば
参拝のあとは最近有名になった富士宮焼きそばの店を探した。
神社の前の店にはテレビカメラがいくつも入ってなんかしてる。見わたすかぎりいっぱい店があるけど、結構混んでる。少しおいしかった(^_^;)

白糸の滝
今度は、朝霧高原方向に北上。娘が「白糸の滝」に行ったことがないというので行くことにした。(ほんとは行ったことがあるのにね。小さかったから覚えてないんだろう)
Imgp44672

180度の滝なんてみられるのは日本じゃここぐらい? 水のカーテンの奥にもまた滝がある。ガラス細工のような繊細な景色です。とっても気持ちがいい。緑の陰影に漂う水滴が光ってとてもきれい。しばらく滝を見てすごしました。
Imgp44832

滝と駐車場の間にはいろんな土産物屋さんが軒を連ね、ちょっと雰囲気のいいコーヒー屋さんもある。ここで休んでいっても良かったかも。よく冷えた朝霧牛乳がとてもおいしかった。

そこからは富士宮道路を北上。道路の横ではあちこちでパラグライダーが舞っている。牧場が点在し、牛がのんびり寝転んでいる。のどかないい景色だ。
精進湖や河口湖に寄って行ったが、観光船に乗ろうよといっても娘は「いらない」って言うし(^_^;)、カチカチ山のロープウェイに乗ろうよといっても「何にも見えないでしょ」と言って却下。まあ、霧のせいで何にも見えるはずはないけど……
河口湖畔の喫茶店でパフェを頼んで、湖を見ながら時間をつぶす┐( ̄ヘ ̄)┌

宿
夕方5時ぐらいに宿に入った。急に思い立って予約したのはひとり4500円の安宿。ちょっと怖かったけど 大丈夫。いいとこでした。エアコンがなかった!?けど、快適でした。部屋もベッドもきれいだった。

温泉
夜、食事に出かけた後、河口湖の北岸、美術館に隣接する温泉に向かった。かなり昔にも来たことがある。
湖畔の通りから入り、温泉の案内標識にしたがって曲がると道は真っ暗闇。いくらなんでもこんなとこに日帰り温泉があるわけない、道を間違えたなと思いながらさらに進むと、照明のともった温泉の駐車場にたどり着いた。完全な暗闇だから、徒歩の客は絶対に来れないはず。前に来たときも夜だったけど、真っ暗闇の中を来た覚えはない。途中の道の照明がなくなったみたいだ。どうしちゃったんだろ。相当経営状態が悪いのか?もう、門をくぐる前から、期待はずれ感がひしひし。
一人1000円の入浴料を払い、館内へ。すぐに浴室へ向かう。
男の客は数人だけ。湯は温泉を感じさせる要素なし。肌触りに特に感じるものは無し。塩素を使って循環しているのか?ここのパンフには源泉の温度が45度と書かれていたけど、「源泉掛け流し」の札の下がった浴槽には冷たい水が……。露天風呂はライトアップされているということだったが、それもない。
体を洗うためカランの前に座るが、蛇口はボタンを押している間しかお湯が出ない。手は2本しかないから、一方の手でシャワーを持ち、もう一方の手が蛇口のボタンを押さえていたら、もう他にできることは何もない。お湯の温度も蛇口の表示とまったく違う。急に熱いお湯が出たり、急に冷たくなったり。
浴室を出て脱衣室に戻る間の数メートルで足の裏に、埃がいっぱいくっついた。
ひどい温泉だった。
帰ってきてからネットでこの温泉のことを書いたページを探したら、「近くまで来ると硫黄臭がしていかにも温泉に来たという気分、味は塩味」「源泉は熱いお湯で黄緑色」「お湯は臭いも色もなく熱い」「油臭い」「におい、味など何も感じない。ただのお湯」などいろいろ。

|

« 四国旅行4日目(桂浜~宇佐) | トップページ | 富士山周遊(6/14)-1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山周遊(6/13):

« 四国旅行4日目(桂浜~宇佐) | トップページ | 富士山周遊(6/14)-1 »