« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

四国旅行1日目-1(高松空港~五社三門)

今年もフォーラム・ソラのツアーの報告。
今回の目的地は四国は剣山。高松空港集合で翌日剣山登山、3日目に高知に出て土佐神宮参拝という四国縦断旅行です。講師は木内鶴彦さん。
ツアーは6年前にも剣山に登っていて、私は参加していませんが、遠く瀬戸内に行っていたはずの台風がなぜか剣山山頂に戻ってきたという無茶な旅行です。

初日、
今回も、何ヶ月も前にネットで購入した得割キップです。羽田から高松まで一人1万円。安い!
高松空港での集合時刻は朝の9時です。そのために、羽田7時40分発の飛行機に乗ります。
寝てしまうと飛行機に遅刻するに違いないから、夜も寝ずに駆けつけました。
夜が明けぬうちにリムジンバスに乗って空港へ。
飛行機は窓際が客でうまっている程度。B767なので、そこそこ大きい機体だけどガラガラ。

集合場所には知った顔の方が何人もおられますが、いままでのフォーラム・ソラと比べて平均年齢がぐっと下がった感じ。20才代と見える参加者が目立ちます。
それと、男性が増えたよう。

空港からは6台のワゴンタクシーに分乗して出発。小型のバスでも通れないような狭い山道を行くためだとか。(~_~;)

最初は神明神社の「五社三門」。徳島県の穴吹町にある。古代イスラエルやハワイなどの宗教祭祀と同じ形式の非常に古い祭祀という。
Imgp40682

積石で囲われた細長い長辺に五つの祠が並び反対側南の辺に3つの簡素な門がある。
Imgp40752

この祭祀の下に「白人神社」という、なんとも意味深な名前の神社があった。
Imgp40842

今回の旅に時計を忘れてしまった。高度計や気圧計がついていて、方位磁石もつけているので、山に入るときなどはこれほど便利なものはないんだけど、残念。だから、方位とか標高などのデータがとれてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

映画 GOEMON

映画のタダ券があったので、ずいぶん久しぶりに映画に行ってきました。
この「GOEMON」、雑誌ではこれ以上ないくらいたたかれているし、ブログでは「金損した!」だの「時間を返せ」と、まあひどい書かれようで、期待はしていませんでした。
席についてみたら、客は全部で10人だけ。不人気なんですね。

たしかに、話の筋や演技が「やや甘?」なところも。でも、私にはとっても面白かった。この「やや甘」なところを許せるかどうかが、この映画を楽しめるか楽しめないかの分かれ目かと思います。GOEMONを普通の尺度で見ようとすること自体、この映画の面白さを、つぶしているように思います。脇役の大沢たかおや広末涼子が良かったです。
とくに広末は怒った顔も不愉快な顔もきれい。本物の女優さんになってきましたね。

ただコスチュームがちょっと……演劇で出てくる武者のステレオタイプっぽいところが好きになれなかったな。もっとユニークなほうが良かった。

それにしても、いつでも私の映画評は雑誌や知り合いの人たちと大きく違うんですね……
なんででしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

ゴールデンウィーク 山梨・丹波山温泉

日帰りで温泉に行きました。
東京の奥多摩、小河内ダムからさらに奥に入ったところ。山梨県との県境を突き抜けた先に丹波山温泉があります。
また、例によってガイドブックで見つけた温泉です。
多摩川の源流のひとつ、丹波川の谷間に立つ丹波山村営の日帰り温泉「のめこい温泉」。

Nomekoi001

奥多摩湖の方へは、いつも五日市街道をJR五日市駅前まで行き、そこから秋川街道・梅ケ谷峠を越えて青梅街道に出ます。
そして奥多摩湖を越えてさらに山梨県に入りました。

普段は、そんなにものすごい交通量のない道ですが、この日は違いました。対向車線(奥多摩→東京方面)が断続的に渋滞しています。大半が遠く大月から峠を越えて、奥多摩湖から青梅街道に入ってきた車のよう。ETC1000円均一化のために大渋滞している中央高速と、そのために渋滞した甲州街道から逃げてきた車のようだ。どこに行ってもひどいことになってる。
道路にキャパシティがないのに急に値下げしても迷惑だ。(-"-)

奥多摩湖から先は、道はガラガラ……普通よりもすいている。
少し走れば到着します。

丹波山村の中心部手前に広い駐車場があり、その対岸が温泉です。

奥多摩一帯の温泉と同じく、ここも「美人の湯」と称しています。アルカリ性のヌルヌル温泉です(^・^)。そして、他の奥多摩の温泉と異なりわずかに白濁。しかも、弱い硫黄臭が、いかにも温泉に来たという気分にしてくれます。
湯温はかなり高いです。これが売り物のひとつのよう。

露天風呂の囲いの一部には「覗きは犯罪です」という張り紙が目立つように貼ってあり、大学生や若いお父ちゃんたちが一様に「お~」と、感歎の声を上げていました。(^_^;)

まわりは気持ちのいい山林。
浴室はこじんまりとしていてそれほど広くありません。とくにG.W.の人出のせいで混み合っています。カランには20人ぐらいが順番待ち。露天風呂も風呂の外で5人が順番待ちをしています。かなりの人が体を洗わず、混雑状態の浴槽に直行。
都会と違って、土地に不自由しているわけじゃないので、もっと広々とした露天風呂があればいいのに……

掃除が間に合っていないのか、はだしで歩き回っていた脱衣室の床が埃だらけで、靴下を履こうとしたときには、足の裏が埃まみれになっていた。これはほんと、困ってしまう。
お風呂を出てから食事をしようと思い、「食券はどこで買うんですか?」って声をかけたら「もう終わりました!4時半までです!」と一蹴された。気分良くなかった。(-"-) 従業員も、あまりの混み方に疲れきっていたのかも。 
いいお湯ですが、改善して欲しいところも多々。

青梅街道の裏道をたどりながら帰りました。メインルートはすべて激混みでしたけど、この辺の地理に慣れない車ばかりだったせいか、ひとつ裏に回るとがらがら。普段よりもすいているぐらいです。スムーズに帰りました。

今日と、先日の三浦半島の経験から、ETC騒動の続く間は、東京の近場の観光地は、裏道を使えば普段以上にすいているかもしれない…という感想。正しいだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

ゴールデンウィーク・三崎港・京急油壺マリンパーク

5/3(日) 大渋滞を予想して遠出は控えようっていうんで、東京湾・西岸の最南端、三浦半島に行くことにした。同行は子ども二人。子どもといっても二人とも大人だ(~_~;)
あさの6時半に出発。
高速道路に乗らないつもりだったのに、NAVIにつられてついふらふらと東名高速に乗ってしまう。
朝の7時に横浜青葉インターから下り線に。当然、本線に乗ったとたんに3車線はびっちり渋滞。すぐに後悔したけど次のインターまで降りられない。結局5キロを30分かけて走り、次の横浜町田インターで降りた。平均時速10キロ。でも、ほかにここで降りる車なんてなく、逆に大量の車が流入していたので、渋滞の状況はさらに絶望的に……
みんな、なんて我慢強いんだ。

行きがかり上、横浜インターから先は横浜横須賀道路に乗って、三浦縦貫道路の終点、三崎ICで降ります。こちらはまったく渋滞なし。その後も混雑なく三崎港に到着。
三崎に来たのは、娘が魚が食べたいといったから。はるかむかし、三崎港でおいしい刺身を食べたことを覚えていたため。
車を駐車場に入れ、三浦港産直センターに。まぐろコロッケ買って港のベンチで食べる。
そこの埠頭から、海中観光船「にじいろさかな号」ってのが発着していて僕は乗りたかったんだが、子ども二人とも「え~」といったきりのってこないのでボツ。

城ヶ島の海岸に行こうよということで、車に戻って「城ヶ島大橋」をわたる。
島の駐車場は、どこもかしこも満車。西の奥のほうにある京急城ヶ島ホテルの駐車場に止めて、海岸に建つホテルへ歩く。ちょっと時間が早いけど食事。大きな窓で、景色のいい食堂でした。
Imgp3895

Imgp39012

食事の後、海岸の岩場で遊びました。岩場に封じられた水溜りに黒い小さな生物がいっぱいわらわらうごめいているので、何かと思ってじっと観察したらボウフラの大群でした(~_~;)
強風で、海に飛び込まされそうなのを耐えながら歩きました。
崖の上に立つ灯台では、強風の中、数メートル横で鳶が空中停止(対地速度0ね)しているので写真に撮ろうとしたら、体を傾けてさっと離脱されてしまった。まるで戦闘機のよう。
Imgp39072

京急油壺マリンパーク
Imgp40412

駐車場はすぐに入れた。
Imgp39142

屋外プールで泳ぐイルカがかわいかった。プールに女性物の麦わら帽子が浮かんでいて、イルカがずっとこれで遊んでいた。口先にかぶせたり、あご紐をかけて頭にかぶったり、右手に持ったり、左手に持ち替えたりと、高速で泳ぎながら楽しんでいる。飼育係のおじさんが帽子をプールから回収しようとしたときには、帽子を体の下に抱え込んでおじさんから見えないように隠し、しかも浮き上がってこない。おじさんがいなくなってからはまた遊びの続き…。飼育係との駆け引きが面白かった。
Imgp39212

Imgp3937

マリンパークの隣、京急油壺ホテル…じゃなくて観潮荘に海洋深層水温泉があったはず。これが、今回の目的の二つ目。娘がアレルギー性の皮膚炎がひどかったころ、このお風呂に入ったら肌がすべすべになってすごく良かったところです。なのに…いまは海洋深層水のお風呂はやめてしまったらしい。(T_T)
3月26日で終了した…っていう告知のポスターが貼ってありました。いまは、油壺湾の海水を沸かして風呂にしているという。
水はとっても塩辛い。でも、お湯の感じはあきらかに海洋深層水と違うよう。残念。

風呂の後、もう一度三崎港にもどり、食堂に。
3人ともまぐろの丼を食べた。おいしかった。

帰り、三崎港から出る道はいきなり渋滞。このままずっと渋滞なんてたまらないので、三浦半島の東側、海岸沿いの道を走り佐原の始点から横浜横須賀道路に乗った。道はガラガラ。三浦からの道と合流してもガラガラ!?なんで?
あとは、横横道路を降りるまでは渋滞なしで走りました。ただし、降りたとたん大渋滞でしたけど(~_~;)
そのあとも、裏道を駆使して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »