« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

サントリー美術館・芝離宮庭園

用事があり六本木のホテル リッツ・カールトン東京へ行ったついでに、同じ東京ミッドタウンの中にある「サントリー美術館」に行ってきました。

サントリー美術館が、皇居向かいの丸の内から、東京ミッドタウンに移転して以来、訪れるのはこれがはじめて。
東京ミッドタウンのそれもガレリアという区域は、あきれるほど広く、ちゃんと美術館にたどり着けるのか不安でしたが、私が訪れた時間はまだテナントがほとんど開店しておらず、迷わず到着できました。

この日は(5/17(日)まで)「一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子」という展覧会を開催中でした。
私は、薩摩切子にはさほど関心がなく、新しいサントリー美術館がどんなふうになってるんだろうか…という興味だけで来たのですが、結局薩摩切子の美しさに取り込まれてしまいました。
Kiriko003

江戸時代、薩摩切子はヨーロッパからもたらされたカットガラスの技術を取り入れ発展します。一度は薩英戦争でイギリスの艦砲射撃によりガラス工場が破壊され、薩摩切子も壊滅したものの、その後細々とその伝統を伝え続けます。今回の展覧会では、その推移をたくさんの美しい作品で見せてくれています。

壊滅後の作品で、「薩摩切子黄色碗」という小型の碗が展示されていました。透明で、深い(暗い)黄色のガラス器に、あまりの美しさにしばらく見入ってしまいました。まるで透明な銅器のようなイメージです。わかってもらえるでしょうか?

ほかにも、カットグラスなのに幾何学模様ではない、赤や藍が水墨のように境界があいまいなデザインの作品があり、とても美しいものでした。
江戸時代の美意識でしょうが、現代芸術に通じるあっと驚く大胆なデザインのものもあり、相当見ごたえのある展覧会でした。

切子の現代作品が、出口の売店で販売されています。どんな値段がついているんだろうと、のぞいてみると、ちいさなグラスでも数万円の値段がついています。┐( ̄ヘ ̄)┌


こののち、別の用事で浜松町方面に向かったのですが、時間が空いたので、浜松町駅隣の「芝離宮」に寄ってきました。
Imgp38822

豪雨の地泉庭園っていうのも……雨に煙る景色がおつ……というか、なんていえばいいだろ。やっぱり暖かな日差しの中でゆったりした気持ちで訪れたほうがいいかもしれない(^・^)
Imgp3860

でも、きれいでした。
あまり、騒音は気にならないものの、敷地の隣は山手線と東海道線と新幹線と羽田モノレール、そして首都高速が通っているので、いろんなものが視界に入ります。まあ、それらも、庭園の景色の中では要素のひとつぐらいの気持ちになるところは、この庭の力かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

東京国立博物館 阿修羅展

岩崎邸のあとで、東京国立博物館に行きました。
午後3時ぐらいです。
「阿修羅展」は会場である平成館の前に行列ができています。20分待ちということでした。
待つのはいやなんで、本館に行き、そこから回廊伝いに平成館のロビーに行って時間つぶしをします。
コーヒー飲んで本を読んでる間に行列が消えていました。ヤッタ!

友の会のパスを見せて会場内へ
でも、会場内は超混雑~(~_~)

最初の部屋では、いつものように、2重3重の行列を強固に守ってゆっくりゆっくり前進しています。
行列に入って観覧するのは、もう何十年も前にやめてしまった僕は、細かい展示物は全部パス!
行列の外側からじゃ、ガラスケースの中は見えませんから。
Ashura001

次の部屋に入ると、待ってました「八部衆(阿修羅除く(~_~)」と「十大弟子(のうちの6人(^_^;)」
この部屋も超混雑には違いないけど、彫像が大きいし、行列を作りにくい会場の構造になっているので、所々好きなところをつまみ食いのように観覧します。八部衆の中では唯一胸から上しか残っていない「五部浄」を、じっくり見てきました。独特な、幼くそして厳しい表情がすばらしいです。

この次がいよいよ阿修羅像です。広い部屋に入ってみると、ほぼ等身大の……会場の広さからするとあまりにも小さい阿修羅像のまわりに円形に囲いがしてあり、何重にも人が取り囲んでいます。看守の「ゆっくり時計回りに進んでくださいー」との声にかかわらず人は動きません。近づくことさえできません。

興福寺の宝物館では、八部衆はみんな平等に!?ガラスケースの中に並んでいるのに、ここでは阿修羅だけが特別扱い。観客も阿修羅だけに殺到している。

いいやいいや……奈良に行けば、ぜんぜん人のいないところでゆっくり見せていただけるんだから……と、ここで阿修羅を見るのはあきらめました。
Ashura002

だったら、なにをしに「阿修羅展」に来たんだって言われそうですが、収穫がありました。

最後の部屋に、焼失した西金堂の旧本尊 「釈迦如来像 頭部」が出展されています。
これがなんと、最近発見の資料によって運慶の作品とされるもので、すばらしい仏像です。運慶の他の作品と共通する整った造形と、張りきった力に満ちた美しさです。体はないものの、十分美しい彫像です。

展示のほかに、会場限定販売の海洋堂製作フィギィア「阿修羅」を狙ってました。売店に行ってみたら、4日前に全数売り切れということ(~_~;) なんと2週間で15000個が売れた! 1個2980円です。会期中の販売予定数は売り切ったということで、追加販売はなし…とのことです。
ほしかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島天神から旧岩崎邸へ

東京国立博物館でやっている「阿修羅展」 早いとこ行っとかないと混んで大変だと思ったので、ちょっと焦りながら上野へ行きました。この日は日曜日。夜間開館もしてるので、時間的にはまだまだ大丈夫ということで、日中は上野界隈を散歩することにしました。

上野といえば江戸の雰囲気が味わえるところがいいなと思ったので「湯島天神」へ。
一度も行ったことありません。
上野の広小路方面から神社のある丘を登っていくと、なんだか裏口から入っていくような感じになりました。
Imgp3773

拝殿の前に立ち、手をあわせると ドン ドン ドン ドン と太鼓の音が聞こえてきました。ヤッタ また、いいとこに出くわしたみたいだぞ、 と思って見回すと、拝殿の横の回廊を新郎新婦が婚礼衣装でしずしずとすすんでくるところ。
Imgp3762

絵になる景色です。
たまたま居合わせた参拝客も拍手して迎えています。
この神社も、いい気持ちになれそうなところです。ただし、人がいっぱいだったので、実のところは良くわかりませんが。

天神さんを出た後で、テレビで紹介していた「かき揚げ天丼のおいしい店」ってのを見つけたけど、値段が高かったから入るのをやめました。もう2時過ぎてるけど(^_^;)……腹へったなぁ

少し歩くと今度は「旧岩崎邸」という案内標識を見つけました。
岩崎家といえば、あの三菱財閥の本家。いったいどんなところか見たくなったので入りました。
建物も、今は少しだけしか残っていませんが、その建物がジョサイア・コンドルの設計のすばらしい建物です。外国へ行った気分です。
Imgp3781

こちらは裏側
Imgp3818

屋内の床の木組みや、ガラス窓など見所いっぱい。どこから見ても細やかな装飾に目を奪われます。

建物裏には広い庭と、ログハウス風の撞球場があります。ログハウスではないんですが、山小屋のような広い建物。きれいな建物です。
Imgp3811

庭園のあちこちでのんびりチェアに座っている人が何人もいました。
いい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

クレーン転倒事故

火曜日午前中、会社で打ち合わせをしていたら窓の外をたくさんの緊急車が通っていく。
警察の車なのに緑色に塗装されている。ネットで調べたら警視庁の機動救助隊の車両で、阪神大地震や東北の地震の際に出動した、大災害に対応する部隊だそう。上空はヘリコプターでいっぱい。
どこで事故が起こっているのかと思ったら、会社の近所、麹町だった。クレーン車が転倒し、大事故になっているという。

下の写真は、事故発生の一時間後のもの。こののち豪雨になった。
左のトラックは前面にクレーンが落下して左右のドアが前にそりかえっている。
P1680039

P16800342
大変な人数のマスコミがテレビカメラや大型カメラを持って現場を取り囲み、あちこちで目撃者へのインタビューをとっていた。

大勢の警官は、すきを見て入り込むカメラマンを追い出すため「こらっ、立ち入り禁止! 入るなっ!」と怒鳴り続けていた。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月 6日 (月)

多摩中央公園

最近、多摩センター駅の近く。多摩中央公園に行くと、コスプレの女の子がいっぱいで異様な雰囲気になってます。結構広い公園なんだけど、家族客を駆逐する勢いで原色があふれてる。

ところが、今日公園を通り抜けるときはコスプレの女の子たちがまったくいなかった。そして、何か別の異様な雰囲気。胸やキャップのてっぺんにおそろいのリボンをつけた大量の中年のおじさんたちが、公園のあちこちを歩き回ってる。そろいもそろって、NIKONやCANONの高級一眼レフカメラをぶら下げている。数百人の暗色系のおじさんたちが、公園全体を暗い妙な雰囲気にしている。
この公園は、ころころよく雰囲気を変えるところだ。むやみに明るくなったり、変に暗くなったり。

しばらくすると、レフ板かかえたおじさんや、きれいなモデルさんが何人も登場して、公園のあちこちで撮影会が始まった。
Imgp37322

ほかのお客は、迷惑そうな顔をしている人や、好奇心でじっと見つめている人……いろいろ。いずれにしても、無視できない大人数だ。

できれば、こんな形で、公園を占拠して欲しくないな。

はたで見ていて面白いことは面白いんだけど……
ひとつひとつの撮影現場では黒いおじさんたちの集団がぞろぞろ動き、モデルさんが止まってポーズをとるとピカピカフラッシュが光る。これの繰り返し。気になってしょうがない。
もっと広大な森林公園なんかを会場にすればいいのに。ちょっと異様過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

レガシーが故障

最近、うちのスバル・レガシーが走ってる最中にエンストしたり??加速しようとしてズズズズと引きずられるようでなかなか加速しない…てなことが重なって、自動車工場に入院させました。

長い生活の中で、自動車が走行中にエンストするなんて経験はなかったので、かなりびくびくもんでした。
エンストするのはいつも。赤信号の交差点に差し掛かかって、惰性で走行しているとき。再びアクセルを踏むと無反応!というパターン。道のはしに止めてからセルを回す。道でエンストする車を見慣れていない後続車は、みんなこちらを面白そうに見ていく(^_^;)

工場に入れての報告は
「症状はエンジンプラグがだめになったときの様子に似てますけど、エンジンプラグは問題ありません」(そりゃそうだ、1年前に全部新品に換えたもん)
「分配器も正常作動してます」(え?これのせいだと思ってたのに)
「エンジンプラグにつながるケーブル1本が、中のワイヤーがグズグズになってました」ってことです。
「ケーブルを念のため1本だけじゃなくて4本とも変えたほうがいいと思います」とのことで、そうしてもらいました。

ケーブル1本2000円×4。技術料3000円であわせて11000円。

そんなわけで4気筒エンジンの、1気筒が死んでいたよう。だからアイドリング状態で、タイミングの悪いときに負荷をかけるとスパンとストップしてしまう。加速が異常に重かったのも当然だ。

別に燃費は悪くなかったなぁ。排気管から生のガソリンを撒いて走ってたはずなのに……。
工場から戻ってきた車を運転すると、車が軽く感じられて、気を抜くとすぐにスピードが出すぎてしまう。(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »