« 上野 博物館散歩 | トップページ | 映画「誰も守ってくれない」 »

2009年2月15日 (日)

映画 ZEN

映画 ZENを見ました。 客席の平均年齢は60はゆうに超しており、シルバー割引のお客さんが大半。 ひょっとして抹香臭い映画かなと心配をしてしまいました。
Zen

主演は中村勘太郎、監督は高橋伴明。24歳の道元が宋に渡るところから永平寺で亡くなるまでのお話。
映画の中では建仁寺を追われる場面など、比叡山からの度重なる迫害も描かれます。
何もかもきれいに描いた映画ではないが、難解な禅の精神が、わかりやすく描かれており、すがすがしい気分になれる映画でした。
最初のほうのクライマックス、道元の悟りを得る場面が、なんだかニューエイジっぽい映像で、一瞬たじろいだものの、あとは地道に描いていきます。

遊女から道元に帰依して出家するおりん役として内田有紀が出演していますが、こんなきれいな人だったのか?との驚きで、映画の筋が霞んでしまいそうでした。(^_^;) こういう映画では、あんまりきれいな人を出しちゃいけないんでは…(*^_^*)

先週は東京国立博物館の「妙心寺展」、今週は映画「ZEN」、この1週間、私は禅ウィークでした。
妙心寺は臨済宗、道元の起こしたのは曹洞宗と、おなじ禅でも宗派は異なりますが、私のような門外のものにとってはそんなことは大きな問題ではありません。
禅の精神に触れる機会が、はからずも続けて与えられたことがありがたいと思います。

|

« 上野 博物館散歩 | トップページ | 映画「誰も守ってくれない」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/44067674

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ZEN:

« 上野 博物館散歩 | トップページ | 映画「誰も守ってくれない」 »