« 2009年元旦 比叡山 | トップページ | 2009年1月3・4日 ユニバーサルスタジオジャパン »

2009年1月22日 (木)

2009年1月2日 醍醐

1/2(金)醍醐寺、三宝院、随心院、観修寺、法界寺、黄檗山万福寺
今日は一人で行動。昨年、奥の院のお堂が落雷のため焼失したばかりの醍醐寺に出かけた。
京都の中心からはずいぶん遠いお寺だというイメージがあったが、車で出かけると20分ちょっと。遠くなかった。
お寺の駐車場に車を止め、ひとまず三宝院の前は通り過ぎて本堂へ。さすが大きなお寺だ。境内は広いし、建物みんなビッグサイズ。たくさんの参拝客がいるがパラパラとしか見えない。
Fuyucamera_1672

しばらく歩いて、本堂に上がる。お参りする前にお坊さんにご朱印をお願いする。
若そうなお坊さんは、ご朱印帳に判を押した後、さらさらっと字を書いて、筆を止めたとたん「お」と言った。書きあげたばかりのご朱印をしげしげと眺めてから、ご朱印を私に渡し、「このご朱印は今年はじめて書くんですけど、ほかの方に申し訳ないほどうまくかけました。えへへ」とニコニコしておられる。こちらもうれしくなって「ありがとうございます! もったいないことです」っていうと、「いや~どうぞどうぞ、いい気分ですねぇ」だって。こっちもとってもいい気持ち。(^・^)
Fuyucamera_1612

本堂向かいの五重塔へ向かいます。非常に見慣れた塔です。醍醐寺にはそんなに何回も来た事ないですが、うちの近所、東京日野市の高幡不動の塔がこれにそっくりなので、親近感があります。きれいで大きな塔です。
霊宝館に行きたかったんですが休館中。残念!奥の院への道は、昨年の火災の後、復旧工事のため閉鎖されているとかで、上れませんでした。

先ほど通り過ぎた三宝院へ向かいます。
Fuyucamera_1522

三宝院の庭園は池泉回遊庭園と枯山水が組み合わさった変なというか、すばらしい庭園なんですが、この日は庭園の工事中とのことで池の水が干上がっており、全部が枯山水庭園というとってもめずらしい景色を見せていただきました。池の中央に少しだけ残った水たまりで、2羽のカラスが楽しそうに遊んでいます。
建築も大変すばらしいのですが、当の国宝の建築の中を歩いているので、その建物を見ることができません。これはすごく残念。庭から建物を見せていただきたい。ほんとに。
本堂には快慶作の本尊弥勒菩薩がいらっしゃる。こちらもすばらしい仏様……のはず。けれど、暗くてぜんぜんみえません。失礼かもしれないけど、学生時代、お寺を訪ねるときは、かならず小型の強力ライトを持っていて、仏様を拝ませていただいた。これからはまた、昔のような小型の強力ライト持ち歩こうか……

次に近くの随心院門跡にむかう
Fuyucamera_1752

小野小町の住居跡としても有名なところ。
庭園がきれい。だけど、小野小町関係の展示がメインで、どうしても頭は小町のほうへ。

さらに観修寺へ
醍醐天皇の創建された寺とのこと。毎年1月2日、池の氷を宮中に献上していたとか。今日じゃん……ということで庭を見たけど氷なんて張ってない。旧暦の1月2日だったら氷はるかな。私が行った時にはアオサギが2羽、池で魚釣りをしていたのに目をうばわれて、ほかはあまり見ませんでした。
Fuyucamera_2012

庭園が有名なお寺ですが、素人向きじゃない。庭園というより庭園遺構なのであって、見ただけじゃどのようにすばらしいのかわからない。
観修寺型灯篭で有名なお寺でもあります。なにかすごく変わったお寺……です。
Fuyucamera_1862

法界寺
学生時代に行ったことがあります。
藤原時代の丈六の阿弥陀如来像がすばらしいお寺。そして、独特の国宝阿弥陀堂が現存するお寺です。建物内部の上のほうに、天女の画像が何枚も残されており、創建当初の堂内の様子がしのばれます。阿弥陀像は同時代の宇治 平等院の阿弥陀如来像との微妙な違いが面白いです。
Fuyucamera_2122

まだ時間があったので宇治の「平等院」に行こうとしたのですが、黄檗を通ったときに気が変わり、黄檗山万福寺に行きました。
ここは、数回しか来たことがないお寺。京都のお寺のどことも違う、建物も仏像もみんな中国直輸入のお寺です。普茶料理がおいしいです。が、この日は予約も何もしていないのでおあずけです。
弥勒菩薩が布袋様の姿でまつられていて驚かされます。
有名ですが、木魚の原型である開版が見ものです。ほんとに魚の形をしているんですから。
Fuyucamera_2482

Fuyucamera_2542

拝観できる部分だけでもとても広大なお寺ですが、すでに疲れてしまっていたので、たくさんのお堂の中は通り過ぎるだけになりました。ゆっくり見せていただくのはまたのことにします。

この日の泊りは、またもや当日電話予約。世界にチェーン展開してるアメリカ資本のホテル。
ホテルの下は巨大ショッピングモール。到着したときはショッピングモールの中で迷ってしまった。
このホテルができたのは僕が学生のときだと思うから、もう30年以上は経ってるかな。お客は外国人が多い。いいホテルだったんだけど、最初にけちがつきました。
ドアを開けて荷物を投げ出してベットに飛び込んだら、少しずつすこ~しずつ、あちこちがかゆくなってきました。こりゃだめだと思って、フロントに戻り、「体じゅうがかゆくなってきたんです。部屋を換えてください」って言ったら、「何か不都合でも?」って返されてしまった。頭の中の「ぶちっ」という音を聞きながら、「今入った部屋で、ベットに寝転んだら体中がかゆくなってきたんです。部屋を換えてください」ともう一度言うと、ずいぶん待たされた後で、同じフロアの3つ先の部屋に変えてくれた。荷物は自分で運ばされた。こういう場合、うそでも怒って見せなきゃだめなのかな。
ひょっとして、ワンランク上の部屋にしてくれるかと思ったが、まったく同じ部屋だった。

|

« 2009年元旦 比叡山 | トップページ | 2009年1月3・4日 ユニバーサルスタジオジャパン »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年1月2日 醍醐:

« 2009年元旦 比叡山 | トップページ | 2009年1月3・4日 ユニバーサルスタジオジャパン »