« 古本屋さん | トップページ | 昭和天皇記念館 »

2008年5月 3日 (土)

富士山へ

29日火曜日、富士山のほうへ行って来ました。
この日は曇っていて、富士山が見えるとは思えないものの、天気予報は晴れという事で、それに期待をつないで出かけました。

中央高速を一宮御坂でおりて南へまっすぐ。国道137号の急坂を登っていきます。最初のうちは両側にぶどう園が並んでます。綺麗に舗装された道をほとんど登りつめたところで、旧道に入ります。対向車もない静かな山道をさらに登りつめると古いトンネルにたどり着きます。トンネルを抜けると、突然、目の前いっぱいに富士山が広がります。

Fuyucamera_074

Fuyucamera_077

ここが有名な御坂峠。太宰治が滞在し、「富士には月見草がよくにあう」といったところ。いまでもそのお茶屋さんが営業しています。
なんといってもここは富士山の名所(^.^)富士山がばっちり見えます。ただし、この時は下界からでは濃い霧のせいで富士山はまったく見えません。ヽ(^o^)丿です。
しばらくお茶屋さんで甘酒なんか飲みながら一休み。

つぎに、河口湖側に下りました。どこへ行っても濃い雲のために山は見えません。(^_^;)
また高いところへ行こうということで、今度は富士山の五合目へ上がりました。
いつもの習慣で、浅間神社の北口本宮におまいりしてから富士スバルラインで上がります。

Fuyucamera_095

こちらでも3合目を過ぎると快晴でした。しかも銀世界です。

Fuyucamera_097

途中、「五合目駐車場付近渋滞中」との看板がかけられていましたが、これはうそでした。むしろがらがら。交通整理のガードマンの人たちもあまりにひまそうで気の毒。
下界から見ると、五合目は雲の中なので、上がっても何も見えないって、みんな思ったに違いありません。
でも、富士山の上のほうは、雪が光り輝いていました。
小御岳神社におまいりして山を下りました。

再び河口湖畔におりてきて喫茶店でお茶してましたが、また、高いところに上がります。晩飯にほうとうを食べる事だけは決まってましたが、それまでまだ時間があります。
だから今度は、西湖の近く、紅葉台に車で登ることにしました。
急勾配で、とんでもないがたがたのダートコースです。おなかをこすらないようにハンドルやらブレーキやら使いまくって上がります。隣には娘が乗ってるんで、思いっきりおとなしい運転をしたつもりだけど、彼女は足やら手やらつっぱらかって、も~大変。
丘のふもとの木曽馬牧場のところから、ごく距離は短いものの、超低スピードで上るので、所要時間はかかります。
むかし上った時は、頂上についたとたんに大パノラマが広がったのだけど、今度は、頂上一帯に木が生い茂ってぜんぜん景色が見えません。車が数台駐車しています。
一瞬あせったものの、頂上の売店の屋上が有料で公開されていました。1人150円です。
ここの景色も凄い。富士山がすぐそばです。感動です。

Fuyucamera_149

下は、娘が写真を撮ってるのをみて構図をパクリました↓(^.^)。

Fuyucamera_153

帰りは、また河口湖に戻ってきてほうとう食べて、ガソリン入れて、道志川渓谷経由で帰ってきました。

ガソリン屋さんは大混雑で、大変でした。暫定税率復活前々夜ですから。

|

« 古本屋さん | トップページ | 昭和天皇記念館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山へ:

« 古本屋さん | トップページ | 昭和天皇記念館 »