« 沖縄旅行 3日目 3/14(金) 聖地巡礼 | トップページ | 沖縄旅行 5日目 3/16(日) 勝連城 »

2008年3月20日 (木)

沖縄旅行 4日目 3/15(土) 久高島

日の出 カベール岬
朝の5時20分ぐらいに宿のロビーに集合して、島の最北端のカベール岬に行きました。
参加者22人、1台目ワンボックスカーはカミンチュの真栄田苗さん、2台目軽乗用車を私が運転して2往復で運びます。
島民の住居は島の南端にかたまっているので、宿から北へ向かうと家は1軒もない。
空はだんだん薄明るくなってきており、道の両側は背の高い植物が繁茂している。
一部は、島民の畑が続いている部分もある。

海岸では、空はほとんど明るくなっています。日の出の予想時間は6時35分ごろ。全員が到着したころには、だいたい予想時間になっています。
第2陣が海岸に出たころに日の出が始まりました。

Fuyucamera_539

Fuyucamera_542

Fuyucamera_551

気持ちの良い太陽の光がさしてきます。
さわやかな光に包まれてきます。

ここは琉球の祖神・アマミキヨが降り立った場所。同時に海の神様・竜宮神が鎮まる場所です。

真栄田さんが何か声をかけると小鳥たちが一斉に飛び立ち、かわいい声でさえずりながら上空に舞い上がっていきます。
そして「そこにカメがきましたよ」とおっしゃるので、一所懸命海面を探します。
そのうち、「あっちにもいた」「ほら、ここにも」と、みんなが何頭も見つけるようになって、やっとわたしも見つける事が出来た。

ウミガメが海岸からみつける事ができるなんて想像もしなかったので、もうびっくり!
ほんとにうれしかった。茶色いウミガメが波間の水上に頭と背中を出しながら、泳いでいきます。

ここではアカウミガメとアオウミガメが見られるそうです。
このとき何回かウミガメをみたけど、識別する知識が何もないので、私が見たのはどっちなのかはわかりません(^_^;)。どちらもレッドデータブックに載っている絶滅危惧種です。

Fuyucamera_571

そののち、砂浜にシートをしいて、朝ごはんのおにぎりをいただきました。おいしかった。
このあとも思い思いに海岸を散策し、一部は徒歩で宿に戻った。

Fuyucamera_557

朝の出発まで1時間ほどあったので、部屋の畳の上で一眠り。

休憩の後、今度は車3台で島内めぐりに出発。

うぱーま

浜はサンゴの砕けた、きれいな白い砂。
きれいな水、きれいな空、さわやかな空気……
ほんとになにもかもがきれい。
光があざやか。(※あざやかすぎて、またたくまに肌が真っ黒になってしまった。(^_^;)

Fuyucamera_590

沖合いに波が砕けるところがあり、その先は海底が急に切れ落ちて深海底につながっている。

Fuyucamera_608

こんなに凄いところに、観光客はほとんどいない。

ただ、強く注意された事がひとつ。
絶対に海岸の石を持って帰らないように。
いままで、石を載せて帰ろうとしていた車が、本島で事故を起こして、車が大破した話や、事業に失敗して身一つで石を返しに来た話などを聞かされた。
海岸の石は、ここにいる限りはいつも祈られ、たくさんの日を浴び、風に吹かれているが、どこかへ連れ去られると石たちはふるさとに帰ることを強く願うようになり、結果的に持ち去った人には良くない事が起こる……と。

フボー御嶽
島の真ん中ごろ、少し東側にあります。ここは男子禁制!女子もカミンチュ以外は入れないという。入り口には立ち入り禁止などと書かれていない……というか史跡だという標示すらなかったんじゃないか?
ということで、入り口手前の道から、少しのぞくだけ。

Fuyucamera_612

以前、北海道から九州までの人で構成された団体さんがここに入った事があって、地元ではどうなるだろうと気をもんでいたところ、1ヵ月後に台風が来て九州から本州を縦断して大変な被害を残して行ったとか。
やっぱり、土地の事を知らないよそ者は、久高島では案内人の人をお願いしたほうがいいと思う。じゃないと怖いよ。

いしき浜
ここはひろーい砂浜。

Fuyucamera_635

神々の船がたどり着くところ。ニライカナイの「対岸」だそう。そして、五穀の入った壷が流れ着いたという、稲作の起源の地とのこと。
久高島の聖地としてはカベール岬とフボー御嶽とここの3ヶ所が中心だそう。

ロマンスロード
最後に西海岸へ行きました。
対岸の沖縄本島が近くに見えています。
コバルト色の海がめちゃくちゃきれい。信じられないぐらい!

Fuyucamera_648

ちょうどがけの上から釣り糸をたれている人がいて、大きなウマヅラハギを釣り上げていた。

むかしは、本島との間にクジラやジュゴンの姿が見られたそうですが、今は見られないそう。残念。

久高島はこれで終わり。

神々の島は美しい!  考えられないぐらい美しい!!

真栄田さんからはたくさんのサーターアンダギーをいただいて、沖縄本島に戻り、ホテルに入りました。宿は沖縄市の東京第一ホテル。街中の高台にあり、港が遠くに見られます。部屋は広くゆったりしていました。
夜には、夕食の後、木内さんの特別講座があり、ツアー参加者のお一人であるオペラ歌手の方の独唱も聞かせていただいて、感激でした。

|

« 沖縄旅行 3日目 3/14(金) 聖地巡礼 | トップページ | 沖縄旅行 5日目 3/16(日) 勝連城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

木内鶴彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行 4日目 3/15(土) 久高島:

« 沖縄旅行 3日目 3/14(金) 聖地巡礼 | トップページ | 沖縄旅行 5日目 3/16(日) 勝連城 »