« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月20日 (土)

スズメの塒

夕方5時半ぐらい、京王線 聖蹟桜ヶ丘駅を出たところの頭の上で、たくさんの小鳥がさえずっているのを聞いて、まわりを見まわした。
足元はいくら見回しても鳥の糞は見当たらず。
頭の上では忙しい小鳥のさえずり。

そばのスーパーの2階に上がって外をみた。すると、目の前の街路樹の中で、小さな鳥がいっぱい飛び交っている。そのときの写真がこれ。
Fuyucamera_0012
たぶんセキレイの仲間だろうと思ってたんだけど、写真に撮って見たら、こりゃスズメですね。

子供のときから、スズメはどこで寝てるんだろうと思ってたけど、なんと私鉄の特急停車駅 改札から徒歩0分の街路樹の上?
通行人はいっぱい。やたら明るいし、騒音の渦の中。
こんなとこで寝てるの?それとも塒入りの前の一時集合場所なの?
たしかに、ここなら外敵は来ないかも。

足元にぜんぜん糞が落ちてないのは、毎日きっちり清掃されているせいかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

また多摩動物公園

また多摩動物公園に行ってきた。
そして、またレッサーパンダとユキヒョウのご機嫌うかがいをしてきた。
(前とまるっきりいっしょだ)(^・^)

エントランスを入ってから、まっすぐメインの通りを登りつめて、コアラ館の前を通過、オランウータンの空中散歩を横目で眺めながらユキヒョウへ。

前回よりかなり迫力のある姿。今度は大きい猫って感じじゃなかった。ちょっとほおずりは遠慮したい。(^_^;)
Fuyucamera_0152

つぎがレッサーパンダ。
こっちでは、男の子があっちからこっち、こっちからあっちとうろうろうろうろ。
なんかつまんないことでもあるのか?1頭だけしかいない。
と思ったら、木の上から太い尻尾が2本ぶら下がってる。
2頭が木の上で居眠り中。
Fuyucamera_026

サーバル
サーバルは前回と違ってしぐさが可愛い。(^.^)
なんでかと思ったら、今日表に出されてる2頭は女の子だとか。
壁にすりすりしたり。
Fuyucamera_117
--でも、写真はボケボケ……金網越えでオートフォーカスで撮ったからかなぁ
体の大きさは、家ネコよりわずかに大きいだけ。なのに、跳躍力は3メートル弱もあるそうな。飛んでる鳥を捕まえることができるらしい。
家の外から2階の物干しに飛び上がれますね。すごいネコだ。
解説者は、チーターの子供じゃないですよ。これで大人ですから--と言っていた。

となりはそのチーター
スマート。たしかにサーバルと雰囲気が似ているな。
Fuyucamera_154

おっ、木の切り株にマーキングしてる。うちのネコとやることいっしょだね。(^_^;)
Fuyucamera_148

トラ
トラは、草むらにすわったっきりぜんぜん動かない。
Fuyucamera_064_2

ライオン
男の子が「ねぇ、オスがメスの上に乗っちゃった。なにしてるの~ ねぇママァ」
おかあさんこまっちゃって、「みんな仲がいいのねぇ」なんて言ってる。
所要時間たった数秒。あんまり早すぎて写真撮れない。
写真はオスが立ち去った後のメスの姿(^_^;)
Fuyucamera_086 Fuyucamera_088

また、オランウータンとレッサーパンダ以外はネコばっかり。えへへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

なぎら健壱コンサート

7日(土) 多摩センターでコンサートに行ってきました。
また無料の野外コンサートです。(^.^)
Nagira
「なぎら健壱 & OWN RISKコンサート ~夜風に乾杯 in 多摩~」
夜の7時から8時半まで。

息子に「一緒に行かない?」ってさそったときに「どんな歌歌ってる人?」って聞かれて、答えられなかった。

後で考えれば「悲惨な戦い」(^_^;)とか、知ってる曲はあったんだけど……
なぎらさん、テレビでしょっちゅう見かけるのに、まったく歌うたってないもの……

なかにはシリアスな曲もありましたけど、笑わせてもらいました。楽しかったです。
客の年齢層が高かった。異常なほど(^_^;)のっていたのはだいたい60歳以上。
大向こうからいろいろ声がかかるのは、まるで落語の高座のようでした。

多摩センターって、いろいろ催しがあっていいとこです。

昼には、この多摩センターの行事で「防人パレード」というのがありました。
Fuyucamera_006
これはなんだか意味不明な行事でした。
古代人に扮した一般の人がゆるく歩いてパレードしてます。
パルテノン多摩開館20周年記念市民参加企画事業」と銘打ってます。
多分、これらの企画した人たちの1年間の活動の総決算という位置づけではないかと思われます。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »