« すずめのバストショット(*^^)v | トップページ | 映画 300(スリーハンドレッド) »

2007年6月18日 (月)

高尾山

土曜日、メッチャクチャいい天気!!
山へ行って来ました。

趣味に「山歩き」とか「登山」とか書いていながら、もう2~3年、山登りしたことがありません。
1年ちょっと前、椎間板ヘルニアなんてのをやって、その前の年にはでかい蜂に刺されたりして、両方とも山登りシーズンを棒に振ってしまいました。
※登山とはいっても本格的じゃないので、冬山とかは念頭にありません(^_^;)
そんなわけで、山への復帰、第一弾。お手軽なところで東京八王子の高尾山に挑戦しました。
山頂の標高は599m。ふもとの京王線高尾山口駅の標高が210mくらいなんで、標高差400m弱しかありません。
復帰第一弾にはこんなもんでしょう。それに、登る人が多くて、山頂まで車が来るから、何かあっても大丈夫だし(*^^)v。

朝出かける時は、山登りするつもりなんか無かったのに、急に登りたくなりました。だから、用意も何にもなし。よいこはまねをしないように!
コンビニでレモンジュースのペットボトルを買って、それだけ持って登り始めました。

いくつもあるルートのなかで、昔いつも登っていた稲荷山ルートで山頂に直行。パンフによると所要時間1時間半。12時に登り始めました。
Fuyucamera_004_5 山道は(厳重に?)管理されていて、崩れているところはほとんどありません。景色のいいコースで、風通しもいいので、気持ちいい山道です。のんびりだけど快調に登ります。ただし、前からそうだけど、めちゃくちゃ汗かきなんで、ハンカチはもうびしょびしょ(@^^)/~~~

Fuyucamera_006_6 木漏れ日の中を登っていくのは気持ちいいです。

Fuyucamera_008_5 中間地点の休憩所からは新宿の高層ビルが見えています。Fuyucamera_012_3 でも、大気が汚れているせいで、じっと見つめなければビル街の姿は見えてきません。
高尾山から新宿までの途中のある一点(一線か?)までは景色はクリアに見えているのに、その先はいきなりかすんでよく見えません。空気の色が明らかに違います。グレーに濁っています。都心を包む大きな空気のカプセルが出来ているようです。冬ならよくある景色だけど梅雨前後にこんな景色を見た記憶は無いような……

10分くらい景色を味わってから、再度登り始めます。
Fuyucamera_016 山頂まで、標高であと50メートルぐらいのところで真横に富士山がくっきり見えています。都心方向と違って、こちらはハッキリクッキリきれいに見えています。こんなに富士山をきれいにみたのは初めてです。

いよいよ最後の標高20メートル。きれいに整備された階段です。いつも思うけど、最後の最後になんでこんな難関を用意するんだろう。ホントに(ーー;)
最後だから頑張りました。登り終えたら、そこは頂上だということを知ってるから。
足がもつれながら登りきりました。腰はなんとも無かった。筋肉が落ちてるだけのようです。よかったよかった。13時半に到着。所要時間1時間半。ガイドブックどおり。

頂上の売店で氷を買いました。カップに入っている氷ですけど、おかしな甘さだなと思ったら、大嫌いな人口甘味料で甘みをつけたもの。ウゲェ!しかたないから食べました。(>_<)
Fuyucamera_028 景色は最高!!おととい梅雨入りしたというのに信じられないほどのどピーカン。まわりの緑はあざやかな原色。富士山も大きく見えています。

昔みたいに草原に寝転がっていたかったけど、頂上には原っぱがありません。整備されすぎていて、地面に草なんか生えていません。カンカン照りのなかで地べたにすわりこむか、山頂下の木々の中に入り込むかどちらかしかありません。味気ないなぁ。
昔はベンチとテーブルが頂上を囲う擁壁に沿ってぐるりと並んでいたのだけど、それも無くなった?頂上の売店の数も減ってるなぁ。どうしたんだろう。
山頂では、木陰は気温が低く、大変気持ちがいいです。でも日向では、ジリジリ焼くような日差しのせいでゆっくりしていることは出来ません。山頂では日陰が少なくなったので、滞在できる人数も、大幅に減ったようです。
昔の休日には、山頂でゆっくり滞在している人の数が、かなり多かったんですが、あれは木陰が多かったせいだったのですね。そのかわり、眺望は今ほどきかなかったかもしれない。

Fuyucamera_034_3 山頂のビジターセンターに行ってみようとしましたが、大混雑であきらめ。
高尾山薬王院に行くことにします。

平坦で広い山道をたどって奥の院の裏から寺域に入っていきます。Fuyucamera_0372

奥の院の次、権現堂は、明らかに神社建築。Fuyucamera_041_3 奥に本殿があり、表は拝殿になっています。Fuyucamera_049_2 飯縄権現を祀ります。表には鳥居もあります。神仏習合の姿をそのまま残していますね。極彩色の彫刻が外壁を飾っています。江戸時代の建築。神仏の分離を強制されるようになる以前の建物です。

Fuyucamera_070

そして同じく飯縄権現と薬師如来を祀る本堂をお参りします。数々の天狗グッズが並んでいて壮観。天狗ファンは必見(*^^)vFuyucamera_057_1 Fuyucamera_055_1
こちらも彫刻が外壁を取り巻いていますが、彩色はありません。Fuyucamera_065_1Fuyucamera_067

山門をぬけて参道へ
途中、サル園の前を通り、休業中の展望レストランの下を通り、営業休止中のケーブルカー駅横を通り、リフト乗り場の横を通り抜けるはずのところ、片道470円の切符を買って、リフトに乗ってしまいました。
ここのリフトはめったなことでは乗らないのですが、今回は、くたびれたんで乗り場の横を通過することが出来ませんでした。(^_^;)Fuyucamera_084

以前、うちの息子が幼稚園に入る前、息子をひざに抱いてこのリフトに乗ったことがあります。

その時、息子はひざの上で飛び跳ねたり私の腕からすり抜けようとしたり、じたばた暴れたんです。

私はもう必死で息子を落とさないように押さえていました。リフトの下には金属の目の粗い網がはりつめてあり、その下には深い谷が見えています。ここに息子を落としたら……と思うと、気が遠くなりそうでした。
今回リフトに乗って、見事にその時の気持ちがよみがえってしまいました。(~_~;)

ほんっと、怖かった(>_<)

下界に到着してからは、東京都高尾自然科学博物館の跡地に関東森林管理局 高尾森林センターという看板がかかっていたので、好奇心にかられて入ってみました。Fuyucamera_090
展示スペースはあったものの、それほど大きくありません。講習室などが充実しているようなので、小学校などの団体に対する教育や実習がメインの施設のようです。

この日はここまでで、喫茶室に沈没して終わり。


※おまけ

最後にたどり着いた、京王線 高尾山口駅の高架下。

Fuyucamera_097 まるで、ツバメの団地状態Fuyucamera_103

写真はいいのが撮れてないけど、凄い数のツバメの巣がかかってました。Fuyucamera_106

最後の写真は、終着駅に止まっている電車。その下にツバメ団地があります

|

« すずめのバストショット(*^^)v | トップページ | 映画 300(スリーハンドレッド) »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山:

« すずめのバストショット(*^^)v | トップページ | 映画 300(スリーハンドレッド) »