« 映画 TheQueen | トップページ | 多摩動物公園 »

2007年5月26日 (土)

東京 日野市 山王上遺跡現地説明会

日野市郷土資料館に行った。Fuyucamera_002_6
ここは2回目。前回、オープン直後ぐらいに行って、あんまり○○なので、しばらく行く気がしなかった。ひょっとしたらヴァージョンアップしてるかもしれないとの期待のもと、もう一度訪ねてみた。
すると入り口に、「山王上遺跡現地説明会 5月26日(土)」というチラシ--今日じゃん!--を見つけ、そちらに飛んで行きました。

現場はJR中央線 豊田駅近くの多摩川支流 浅川 河岸段丘上の公団住宅の建て替え予定地です。広さは10万㎡!!
豊田駅方向と日野市役所方向の隣接地には数十万㎡規模の遺跡があるという、遺跡の密集地です。いずれも同じ、多摩川段丘上に立地します。 Fuyucamera_003_4
縄文時代の敷石住居跡、奈良時代の竪穴住居跡3つと掘立柱建物跡5つ、集石土坑(石焼オーブン)跡など……広大な調査地域の中でそれぞれに都の埋蔵文化財センターの職員がついて、丁寧な説明をしておられた。
Fuyucamera_004_3

調査地は周囲をぐるりと大きく育った木々に囲まれているため、周囲はビルやマンションが立ち並んでいるにもかかわらず、それらから目隠ししている。ただし、浅川方向だけはがけになっていて建物は無く、木々の間から遠くの山々のつらなりが見えるようになっている。 Fuyucamera_012_2
とても景色のいい”気持ちのいい”ところだった。ここがキャンプ場だったら居付いてしまいたくなるようなところです。
でも、大変ないい天気で、職員の方は汗を拭き拭き「暑いですね~、でも大雨にならなくてよかったです~、ハァ~」と言いながらゆでだこのような顔をしておられました。

奈良時代?の竪穴住居跡はみな四角形の深い穴で、その一辺にかまどが付属しています。縄文の遺跡なら、本の図版などで丸い住居跡を見慣れてますが、この四角い家の中で、むかしの人たちがどんな生活をしていたか、いまいち想像がしずらくて、とても違和感がありました。

ほかに、近くの現場で発掘された石器時代の石器製作所跡?の遺物を展示していました。鏃を作るために削った石片が見つかったというのですが、小さ な小さな石のかけらを何万㎡という敷地の中から発見するという仕事を想像し、絶句。大変な仕事だ。遺跡の発掘は、子どもの頃からの私の憧れの仕事なんだけ ど、灼熱の現場での肉体労働とともに、生半可な仕事でないことを、改めて思い知らされた。

今回公開の現場は、「まだ関東ローム層まで掘ってないのだけれど、そこまで行けば、石器時代の遺物が出てくる可能性はあるんじゃないかな」と係員 の方が言ってました。がけの下は水が湧き出すところだから、動物が集まっただろうし、そうしたら石器時代人も獲物を求めてこのあたりに来ていたはず……と いう理由。

※現場の写真は、「無断でWEBに掲載したりしないで下さい」って、人の心を見透かしたみたいに、きっちり釘刺されたんで、風景写真だけ載せます(*^^)v

日野市の文化財行政に関わる方々へ……ここはご覧になってないとは思いますけど、もしご覧になっていれば、お願いいたします。日野市郷土資料館 はとても公開を前提とした施設とは思えません。日野市がこれほど文化財を軽視なさっている現状は、とても悲しくなさけなく思っております。是非、ご再考 を!!歴史教育にあと少し予算と人材を振り向けて頂きたい。日野の歴史は、新撰組だけじゃないのですから、是非お願いいたします。

|

« 映画 TheQueen | トップページ | 多摩動物公園 »

博物館」カテゴリの記事

遺跡」カテゴリの記事

コメント

3年ぶりに日野市郷土資料館に行ってみた。
とくに変わりはなかった。weep
僕も、もう日野市民じゃないので、なにも言うことはないのだが……

投稿: fuyu | 2010年3月14日 (日) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95062/15212636

この記事へのトラックバック一覧です: 東京 日野市 山王上遺跡現地説明会:

« 映画 TheQueen | トップページ | 多摩動物公園 »