« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

東京国立博物館 レオナルド・ダ・ヴィンチ展

午前中、都心に出る用事があったので、終わってから「チベット・スピリチュアル・フェスティバル2007」に行ってみました。

会場は東京 文京区の護国寺です。
Fuyucamera_005_4
護国寺の境内いっぱいに、チベットの写真によく映っている旗がなびき、チベットの雰囲気がいっぱい。本堂の前ではチベットのお坊さんが砂曼荼羅を作ってました。

Fuyucamera_006_4


本堂のご本尊の前でもカラフルな砂曼荼羅を作っていました。境内ではチベットのお坊さんが白人や日本人の手を借りてカラフルなテントを建てていま す。このお坊さん、日本語も英語もぺらぺら。英語でジョークも飛ばしています。催しの中にはチベットのお坊さんの法話や仮面舞踏、瞑想セッション、映画上 映など魅力的な行事がありそうだったのですが、私の行った時間はたまたまなんにも行事がない時間で、雰囲気を味わうだけで会場を出ました。
H.P.があるので、行きたい方は、スケジュール確認してからおいで下さい。
行事に参加してないので、よかったかどうか報告できません。(^_^;)
http://www.tibethouse.jp/event/2007/festival07/

護国寺前から都バス使って上野公園に出ました。PASMOが使えて便利(^^♪ Fuyucamera_012_1







東京国立博物館で今「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像展」やってます。 Photo_2
これがたいへんな話題になってまして、その理由は イタリア ウフィツィ美術館所蔵の「受胎告知」が来ているからですね。

なんとしてでもこれが見たかったので(-もう一度日本に来るとは考えにくいから-)行っちゃいました。
到着したのは午後2時ぐらいでしたが、正門から会場の本館までの間、長~い列が出来上がっていて、入場までに30分待ち。入り口の友の会の受付の お姉さんに聞いてみると、ゴールデンウィークの間ずっと、夜8時まで観覧時間を延長していて、「夕方になるとゆっくり観覧できますよ」とのこと。夕方まで 本館の平常陳列で時間をつぶすことにしました。他にも、時間のかかる映像展示などもあちこちにあるし、日本美術を縄文時代から昭和ぐらいまで概観できるよ うになっていますから、かなり見ごたえがあります。

4時半ぐらいになって、本館の行列のあった場所に行くと、もう行列は消滅! 即入場できました。
会場内は、それでも、まだ混み合ってはいましたが、大分すいてきたようです。
本館の第1会場の展示物は、なんと「受胎告知」1点のみ。
その前にS字スロープ状の観覧コースが作られてあり、斜面を降りながら作品に近付いていくようになっていました。監視員も10人ぐらい!
客も、作品の前で団子になって、ほおっておいたらぜんぜん行列が進まない。そこはその特製観覧コースのせいで、どこにいても、そこそこ作品が見えるので、文句もあまり出ない様子でした。
絵は、大天使ガブリエルの姿の素晴らしく、しかし、前から気にかかっていた、マリアの周辺の構図がバランスが崩れているようなところは、実物を見てもそのままであることを確認しました。(感想それだけ? う~ん、(@^^)/~~~)
ここを通過するとすぐに第1会場の出口。あとは本館左手奥に建つ平成館2階が第2会場になっています。 Heiseikan_1

第2会場で、さっそく私が気になっていた構図のバランスの悪さの理由を解明してくれていました。ほかにも、(展示作品は非常に少ないのだが)展示 作品の美術史的、あるいは科学的分析を、たくさん並んだビデオディスプレイを中心に展開しており、わかりやすかった。(が、そんなに何から何まで説明しな いでよ……その分析はホントに正しいの?)

絵画作品はホントに少なくて(私はここに期待したので落胆)、ダ・ヴィンチの手稿を元にした模型やビデオの展示が中心でした。

基本的に作品を見せる展覧会ではなく、ダ・ヴィンチの事跡をわかりやすく解説・展示する展覧会です。科学大好きな小学生・中学生の男の子なんか連れてきたら大喜びするかもしれません。
展示された美術品(の複製)にしても、科学的な考察を見せるための展示であり、人によっては「うるさい!」という感想もあるかもしれません(^_^;)
ダ・ビンチの作品って、科学的ではあるけど、非常に精神的・哲学的でもあると思うんですが、そこのところは展示のウエイトがかなり低かったように感じます。

最近、展覧会と銘打って、展示されているのはビデオ作品とデジタル技術を駆使した複製品ばかりというものが増えており、非常につまらないと思っております。
基本、本物を手の届く距離で見せていただくという展覧会を期待しております。解説は2の次で結構です。と…私は思います。
※ただ、現物を見せることは無理or困難ならば次善の策で複製品の展示でも結構かと思いますが、展示品のほとんどが複製品ばかりというのはちょっと……

むかし、今回の展覧会とは違う某大新聞社主催の展覧会では、展示品が贋作ばかりで目をむいたことがありましたが、というか、その新聞社主催の展覧会ではよくあることでしたが、このごろは、それとは違う意味で面白くなく思っています。

この展覧会は「受胎告知」がみれればOK!
そんな展覧会です。(@^^)/~~~
「受胎告知」は素晴らしいです。

オマケの展示(失礼な!)もそれなりに力が入っています。興味のある人にとっては素晴らしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月29日 (日)

熊野旅行 (2・3日目)

7:00朝食ののち、熊野古道のほんの一部を歩きます。中辺路 発心門王子(ほっしんもんおうじ)から9:00スタート、4時間ほど歩き、昨日の熊野本宮へ向かいます。全体としては下りの坂道が続く初心者向けコース。 山道と生活道路が混在しています。ちょっと物足りなかった。もっと厳しい山道を予想していたので肩透かし。今度は別のコースにチャレンジしてみよう。出発 時に持たされた弁当を、路程の途中、道端で食べる。美味しかった。とくにめはり寿司がおいしい。

13:30ごろ熊野本宮大社到着。社殿の裏から神社に入る。
また、ひととおりお参りをしました。

次の予定は、昔の人が本宮から新宮に向かった代表的な経路、小船での川下りです。ただし船外機付の小船。後ろの船頭さんがエンジンを操り、まえに案内人のおじさんが乗ります。おおむね水面はのどかで、よくある「○×下り」といったスリル満点の乗り物ではありません。
途中多くの鷺や鴨が見れ、とくに切り立った斜面では、カモシカがこちらをじっと見ているところに出くわしました。長いふわふわ(じつはごわごわ?(^_^;)の毛が逆光で白く輝いて美しかった。

終着の船着場に着き、護岸を上がるとそこが熊野速玉大社。Fuyucamera_015_1
こちらはなぜか鉄筋コンクリートで朱色も鮮やかな拝殿があり、残念。
ご朱印をいただいているうちに、一行は次の目的地に出発しており、あわてて神社を後にした。

次は神倉神社。実はこちらに行くことが、大斎原とともに最大の楽しみだった。

僕にとってのメインイベント 神倉神社。Fuyucamera_027_1
神社は速玉大社からは少し歩いたところにある。(私たちはバスで移動したが)
住宅街の中を少し歩いて、大きな鳥居をくぐりいきなり急角度の荒れた(ように見える)石組みの階段を上る。
ほんとに神社までたどりつけるだろうかと、不安になる。しかし、いきなり階段が終わり、あっけなく磐座が目に入る。Fuyucamera_023_1

本で何回も見たことがあるあの磐座に本殿が貼りついている。
そしてその磐座には、同行の人たちが何人も貼りついている(^_^;) 多分、気を感じたくて……
気持ちよかった。景色も良かった。ホントはもっとゆっくりしたかった。(^_^;)
朱印もほしかった(先の速玉大社でお願いする)

このあとバスに乗って宿泊場所の勝浦の公営宿舎へ。途中は豪雨。雨が10分早ければ僕たちは急角度の荒れたツルツル階段の途中で豪雨に曝されるとこだった。あんな階段、豪雨の中で下りて来ると思うとぞっとする。ほんと命拾いした(>_<)
せかされながら焦って下りて来てよかった。アハハ
あとで地図を見ると、標高はそんなに高くない。だいたい標高80mくらい。これが新しい階段だったら、それほど怖がることはなかったはず。(^_^;)
20階建ての高層ビルの最上階の高さ? やっぱり大変か?

宿は、窓の外全面太平洋を見下ろす絶景!岩に砕ける白波。空中をゆっくりすべっていく海鳥。いい景色だった。窓際のソファでずっと外を見ていたかった。食事は、宿の人手不足で、従業員が独楽鼠のように働くけれど仕事が追いつかない様子が痛々しかった。(-_-;)

熊野旅行 最終日 3日目
7:00朝食ののちすぐに出発。熊野那智大社へ。Fuyucamera_034_1

最初は飛瀧神社へ。雄大な那智の滝は何回見ても感激。この神社はご神体が滝なので、社務所はあるものの拝殿も本殿もなし。滝の前の鳥居の下で参拝する。

そこから階段をいっぱいいっぱい(>_<)登って最後の目的地熊野那智大社。
青岸渡寺も那智大社も、のんびりしていたら時間切れ(>_<)、Fuyucamera_040_1
Fuyucamera_041_1 Fuyucamera_045_1
拝観もそこそこに、最後尾ですよ~といわれながら焦って下山した。
かっこいい八咫烏の銅像があったので写真に収める(*^^)v。

ゆっくり参拝したかったら個人で来なきゃダメですね。団体旅行に慣れないもんで、要所要所でせかされ続けました。
だけど、この旅でなきゃ教えてもらえないこと、見れないものもいっぱいあったし、団体旅行には団体旅行のいいところもある。我慢のしどころですね。

18:30ごろ関空着。解散して再び南海電車ラピートβにのってなんばへ。
なんばでは夕飯食うところを探す時に、吉本興業の建物がたてならぶ一角に入り込み、吉本笑店街なんて行ってしまった。吉本グッズもいっぱい。人によっては狂喜しただろうな。Fuyucamera_050_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊野旅行(初日)

初日
団体旅行に参加して熊野へ行ってきました。修学旅行や社員旅行以外での団体旅行は経験がありません。

初日は関西空港にて10:30に集合。
娘と大阪駅で落ち合ってなんば駅へ。南海電車のラピートαに乗る。 Fuyucamera_049_1

一度乗ってみたかった鉄人28号似の座席指定特急(^_^;) でも乗ってしまえば普通の特急でした。もっといろいろしかけがあると思ったのだが……乗車時間たかだか30分とちょっと。いろいろサービスしている暇はな いかも。車内販売もなかった。デザイン優先なのか長円形の窓は高い位置にあって、なにか通勤電車のよう。窓はもっと低い位置にあるほうが好きだ
南海電車は、子どもの頃に高野山に行く時に2~3回乗ったことがあるだけ。それもかなり昔のこと。

空港駅には南海電車とJRが乗り入れていました。
関空は初体験。よく映画なんかで見る外国の巨大空港のような雰囲気。
でも、飛行機の離発着を見渡せるレストランなどがないのに落胆。コーヒーを飲みながら滑走路をを見るのが好きなのに……

旅行は、飛行機で到着する人が10:30に集合して観光バスに乗り、出発です。 Fuyucamera_002_3

そして20分ほど先の、阪和線 日根野駅に寄り、JRで到着した人を乗せて目的地へ。
初日は熊野本宮大社におまいり。

関空から紀州半島をひたすら南下し、田辺あたりから東に向きを変えて本宮へ向かいます。

本宮は、今までも何回か訪れたことがあります。長い階段を登り、参拝します。 Fuyucamera_010_2
非常に有名な神社でありながら駐車場はたいして大きくありません。土産物屋が並んだ門前町といったものもありません。距離的には大阪に近いのだが、交通の便が悪いせいか?
ここでは特別参拝ということで、神官にお祓いをしていただいた。と思ったら、驚いたことに神官は九鬼宮司ご本人だった。
境内は3つの社殿に4柱の神様が祭られており、それぞれにご挨拶。 Fuyucamera_008_3

ただし、あとで、もう1つお参りする場所があると聞き、社殿のはずれの八百萬の神と書かれたところでもおまいりした。そこでは、明らかに他と違う風が吹いていた。とてもパワーのある場所のようです。

ご朱印をいただいたり八咫烏グッズを漁ったりしているうちに、出発の時間だということで追い立てられて次の目的地、歩いて10分ほどのところにあ る旧社地へ。廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたちょうどその頃、ここ旧社地にあった社殿は、水害か火災のためか破壊されてしまい、現在の場所に社殿を移したそう。 いまでも、この跡地は清い空気に満たされています。ここを「大斎原」(おおゆのはら)といいます。 Fuyucamera_013_1

「大斎原」の入り口には巨大な鳥居があります。以前より、本宮には本来の社地があって、ほとんど訪れる人がない…とのことを聞いていました。ぜひ来てみたかった所です。
パワースポットのありかも教えていただきましたけれど、メンバーが入れ替わり立ち代りその場所に立つので、やっぱり時間がありません。また単独で 来たときにゆっくりその場所を感じてみたいと思います。巨大な木が整然と立ち並び、清浄な気に満ちた、とてもさわやかなところでした。

この日の宿泊は、湯の峰温泉 近所に日本最古の共同浴場がありました。(行きませんでしたけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

関係者以外立入禁止(大阪駅)

Fuyucamera_004_2 大阪駅は今、何だか知らないけど大規模な工事中です。
この写真は、そのあちこちに貼られている「関係者以外立入禁止」のポスターなんです。
いいポスターだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

国立民族学博物館「聖地・巡礼─自分探しの旅へ─」

このあと、千里の万博記念公園にある国立民族学博物館へ、
地下鉄 御堂筋線から乗り換えなしで北大阪急行線 終点の千里中央駅へ。
数分歩いて大阪モノレールに乗り換え万博記念公園駅下車。公園の中を太陽の塔の下をまた数分歩き博物館にたどり着きます。たどり着くまで、そこそこ歩かされます。 Fuyucamera_020

博物館の大半は工事中で、ほとんんどの展示室は閉館してしまっているんですが、特別展だけ入れました。 Fuyucamera_015_2
Fuyucamera_018
Fuyucamera_014
いま開催中の展示は 開館30周年記念特別展「聖地・巡礼─自分探しの旅へ─」サンチャゴ・デ・コンポステラ巡礼の旅がメインで、映像を中心に展示していました。
音声ガイドが無料で貸し出されており、これを聞きながら展示をたどります。まるで、展示の中の巡礼者とともに巡礼の道をたどる事になります。
自分も巡礼の旅を体感できるようなとても楽しい展示で、本当に現地に出かけてみたくなるような展覧会です。
でも、僕にはしばらくこの旅を実行するようなことはなさそう。暇がないし、財政も大変厳しいし……

この博物館が好きで、子どもの時から何回も来ています。とくに平常展示がすきなんですが、いまは見ることが出来ません。
東京にというか、千葉県佐倉市に国立歴史民俗博物館があり、こちらと名前が似ているので混同されることが多いのですが、博物館の方向性は全く違い ます。民俗⇔民族が違うし、歴史民俗博物館のほうは、どちらかというと学校で学ぶ歴史の授業をわかりやすく展示している感じですが、民族学博物館は世界各 地の人々の暮らしがそのまま展示されます。研究者の息づかいをそのまま感じさせるような展示が特徴でもあります。映像やコンピュータを駆使した展示など見 せる方法も限りなくチャレンジしています。
わたしの大好きな博物館です。

大阪の地下鉄は運賃高いし、モノレールも高い。歩きも長い。入館料は安いです。420円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通天閣

午前10時。開門の時間になり通天閣に上る。
Fuyucamera_0082 今じゃ、もっと高いタワーが日本中にいっぱいあるけど、むかしむかし、高さ100メートルのこの塔(じゃなくて初代64メートルの塔)は日本一の高さだったそうな。
※一時期新宿勤務だった時には、職場の高さはこの倍あった(^_^;)
展望台に上っても、キタのほうでは、通天閣より高いビルがいっぱい。だけど、真上から見る天王寺動物園は面白いです。東京タワーと違って、下を歩 いてる人の表情までもちゃんと見える。人間観察が出来るんです。塔の下を南北、東西さまざまな方向に電車が走っています。豆粒じゃない、人々の暮らしが見 えてくる楽しさがありました。

展望台の2階には、今じゃすっかり有名になったビリケンさんがいます。
Fuyucamera_0112 ビリケンさんの足の裏を触ってきました。このとき、体の中心から温かい気持ちが湧き上がってきました。幸せな気持ちになりました。それに、触った 瞬間、ビリケンさんがにっこり笑ってくれたように見えました。やっぱりビリケンさんってたくさんの人に親しまれているだけのことはあるようです。
実は1ヶ月くらい前、食玩の一種、縁起物の根付がオマケでつくお菓子を買っていました。かわいい招き猫の根付がほしかったんです。そしたら…1回目ビリケンさん。2回目ビリケンさん!三回目お地蔵さん、四回目招き猫 フ~
そんなわけで、2台の携帯には両方ともビリケンさんの根付が結び付けられています。

だから、今回大阪に来て、どうしても通天閣にはお参りに来なければいけない気持ちになってました。
そしたら、この日朝一番で、何も考えないうちに通天閣の下に来てしまいました。
どうも、わたしはビリケンさんにご縁があるようです。これからもよろしくとお願いしてきました。(*^^)v

11時ぐらいになって、再び日本橋に向かいました。
この時間になったら、お店はみんな開いています。
そこで気がついたんですが、表通りの店の半数以上が、アニメのDVDやフィギュアの店、ガンダム専門店、などなど、まるで秋葉原のようにおたくのみなさま御用達の店に宗旨替えしているんです。
それにしても、少し裏通りに入ると、昔のままの家電専門店がいっぱい生き残っており、まだ電気街の姿をしっかり残していました。そして、電気製品の値段が、東京より安い!
何でも安い!パソコンも安い。
やっぱり家電は大阪がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧乏旅の報告。カプセルホテル

大阪心斎橋のカプセルホテル泊です。
場所はアメリカ村の真っ只中。深夜になると若者がいっぱい集まってきて、一晩中お祭りのよう。新宿歌舞伎町のようにただれた感じじゃなく、おじさんくさくもない。
カプセルホテルは、大昔に東京で泊まったことがあるので、初めてではない。
1泊 2600円。

チェックインを済ますと最初にロッカールームに行き、荷物はロッカーに。そして備え付けの寝巻きに着替えてから自分のカプセルのある区画へ行きます。
カプセルの中はテレビ、ラジオ、時計、エアコンの吹き出し口があります。カプセルの入り口はカーテンがあるので、外から中は見えないけど、音などは筒抜け。

もちろん、男女はフロアーが別でチェックイン後は全てが別になってます。
大浴場にはサウナもあり、ロビーが各階にあり、ゲームコーナーやレストラン、マンガ図書室など、ほんとにいろんな設備があります。
木曜は空き室(あき箱?)がいっぱい。がらがらでした。静かでゆっくり休めました。
翌金曜は深夜には満室近い状況でした。そして、奇声を上げるじいさんや、ごそごそがさがさと、やたらうるさい定年近いサラリーマンなど、問題児がいっぱい。一晩休むのに苦労しました。といっても結果的にはちゃんと寝てました。

利用者は、ほとんどがサラリーマン。けっして若手ばっかりじゃない。(女性はわかりません。チェックインカウンターで見かけた人たちは、若い女性ばかり。学生ばかりって感じでした)

近い親類の不幸があり、その葬式出席のために京都に来たので、出来れば京都あたりのバックパッカーズホテルに泊まりたかったんですが、急な話で、どこも予約は満杯。申し込み出来ませんでした。それで仕方なくのカプセルホテルです。

朝8時ごろになると、館内から沸いて出てくるようにサラリーマンが黒いかばんを持って町に出て行きます。わたしもこのタイミングで外に出ました。
金曜の朝は、宿を出て歩いて道頓堀を通り、電器の町日本橋へ。
町に着いてもまだ開いてる店が無い。もう9時ぐらいになってたんだけど、まだだめ。それにしてもあんまりたくさん電気店の看板が続くのにあんぐり。この電気街、秋葉原より大きいんじゃないだろうか?

「ぜ~んぜん店があいてないよ」と歩き続けていたら、とうとう通天閣に行き当たってしまいました。通天閣も開門は10時から。時間つぶしに、通天閣の足元の古い喫茶店に入りました。
東京では、昔ながらの喫茶店が駆逐されてしまっていますけど、大阪にはいっぱい生き残ってますね。神戸にも京都にも。歴史のある喫茶店がいっぱい残ってます。
※写真 アメリカ村の街路灯 (^・^)Fuyucamera_007_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »